2010年08月07日

My YouTube 削除と追加 0017

「And I Love Her」
「Moanin'-Art Blakey and The Jazz Messengers」
「Wes Montgomery - Road Song (1968) *mono」
「Recado Bossa Nova-Hank Mobley」
「1965年 『若さとリズム』 弘田三枝子 / 踊りあかそう」
「Duid Deed - Berklee Audtion」
「やさしい雨  園まり」
「大西順子」

以上が見れなくなり削除。

「山中千尋@」
「山中千尋A」
「山中千尋B」
「山中千尋C」
「山中千尋D」
「山中千尋E」
「山中千尋F」

を新たに追加しました。
@から順番にご覧ください。 → My YouTube

なお、当方の操作ミスで My YouTube の「思い出のサンフランシスコ」を削除してしまいましたので、すぐに復活追加いたしました。それゆえ、この曲が My YouTube のトップに来てしまいましたが、よろしかろうご同輩。


posted by frugal gambler at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

My YouTube 削除と追加 0016

本日4月16日は大西順子さんの誕生日です。おめでとうございます。坂上二郎さん、チャップリンさん(生きているか死んでいるかはこの際関係ない)、そして当方さん(私)、おめでとうございます。

ところで、萩本欽一さんが若い頃、最も尊敬するチャップリンのお屋敷まで会いに行くというテレビ番組がありましたが、何と相方の坂上二郎さんもチャップリンと同じ誕生日だったとは偶然のめぐり合わせでしょうか。そういえば、この記事も16番ですね。

こういった類の符合というのは、30年ほど前に読んだアンドレイ・ブルトンの「ナジャ」という小説においても、たしか「共時性」という言葉で意味ありげに取り上げられていました。でも当方は、単なる偶然だと思いますけどね。人間の勝手な読み込みにすぎないと。アンドレイ・ブルトンのナジャへの恋心の為せる業だったのではないかと。

「ナジャ論」なんて本まで持ってましたけど、今どこにあるかなあ、もしかしたらオークションで売ってしまったかも。もう一度、読み返してみたい本の一つです。ナジャのような、さまよえる魂のような、つかみ所のない不思議な女性に振り回されてみたい、そんなことを思わせる魅惑の女性でした。

大西順子さんは、先日初めてライブを聴かせていただいたとはいえ、当方にとっては謎めいた存在ですが、ナジャのような女性でしょうか。もしそうなら、一年くらいでいいから付き合ってくれないかなあ。とことん振り回された挙句、捨てられるのが当方の理想形です。ナジャのような女性の場合、そうなるのが運命なんです。だから甘んじて受け入れます。・・・順子さん、案外ひょうきんな方だったりしてー。まあ、いずれにしても、貴女のピアノは私の体質に合っているようです。もっとジャズ・ピアニスト全体を俯瞰して貴女の真の魅力を探らなければ・・・。

大西順子さんの「タモリのジャズスタジオ」(おお、27歳の大西順子さん可愛い!)、「大西順子」(カッコ良すぎる!)を追加しました。 → My YouTube

posted by frugal gambler at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

My YouTube 削除と追加 0015

心の奥底にしまい忘れた曲

皆様、時に、題名も歌手名も出てこない曲のメロディーや歌詞だけが、記憶の深層から心の表層に、ふと思い出したように湧いてくることがおありになりませんか? 検索履歴を見ておりますと時々、歌詞の一部を検索ワードとして当方ブログに辿り着く方がおられるので、当方固有の現象でないことは想像に難くありません(もっとも別の目的で検索されただけなのかもしれませんが)。

本日当方の身に突然理由もなく(もっと注意深くしていたら理由がわかったかもしれませんが・・・)湧いた曲、それは今までも何度となく当方の心の扉をノックしたことがありました。そのたびに、「うーん、誰の曲だー? 思い出せん」と嘆いてきた曲を、ついに本日見つけました。

たしか物々しいリードの部分があった後、♪バスを降りたら 名も知らぬ街角・・・♪という歌詞の曲。

十数回検索しました。「バスを降りたら」「名も知らぬ街角」「ひなげし、コスモス」「もう泣かないわ」「悲しみを忘れるわ」などの語句を適当に混ぜて検索しているうちに、まず遊佐未森さんの「バスを降りたら」に辿りつきましたが、私が聴いたのは遊佐未森さんじゃないはずだと思い、さらに検索を進めたところ黛ジュンさんが「バスを降りたら」という曲を歌っておられるではないですか。

まさか、この曲じゃないよねー?・・・。黛ジュンさんは既に何年も前に当方の記事で取り上げているお気に入りの歌手(「ワシントン・コネクション」という写真集だって持っているくらい)です。しかも好きな曲も何曲も挙げているのですから。と、と、ところが、まさにこの「バスを降りたら」という曲、当方の探していた曲そのものでした。オーマイ・マカロニ!(日本製粉)・・・(当方オリジナルのオヤジギャグ。十年前にラスベガスのエルコルテスというカジノでメキシカンの女性ブラックジャック・ディーラーとの会話で使って以来ずっと使っているギャグ。可愛かったので、Would you please become my friend? などとも言ってみましたが簡単に断られましたよ)。

会話の一例

"Would you become my friend?"
"No."
"Oh my macaroni! OH MY MACARONI is Japanese macaloni and spaghetti company."
(まあ正確には日本製粉の商品ブランド名)
"Are you boss?"
"No. no no no no."

オーマイ・マカロニとは

この「バスを降りたら」という曲、こちらのサイトで確認しました。ここを見るに黛ジュンさんで当方知らない曲がけっこうありそうな(^^;)。

「生兵法は怪我の基」と言いますが、すごく好きな歌手だとしても、きちんとコミットしていないとこういう不祥事(笑)が起こるんですねー。でも、黛ジュンさんの曲であったことは、私にとっては期せずして知り初(そ)めた、まさに僥倖・神の恩寵でありました。何故なら黛ジュンさんは、当方大好きな歌手ですから、彼女が歌っているに越したことはないからです。

そう言えば、何年か前にヤスシさんから思い出させていただいた「途はひとつ」なんて曲も、完全に記憶の倉庫に眠っていた黛ジュンさんの曲で、懐かしさたるや筆舌に尽くしがたいものがありました。それらの事実は、まだまだ我が大脳新皮質の比較的深いほうの層に眠っている懐かしい曲が幾つもあるだろうことを予感させます。

ま、これだけ苦労話をしておきながら何ですが、あとでYou Tubeで検索したら「バスを降りたら」あっさりありました。もっとも題名も知らなかったので仕方ないと言えば仕方ありません。黛ジュンさんの「バスを降りたら」「途はひとつ」を追加しました。 → My YouTube
posted by frugal gambler at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

My YouTube 削除と追加 0014

カプリコンの「ハロー・リバプール」が、当方知らぬうちに消えていました。見れなくなり削除する前に、勝手に消えてしまうパターンもあるのね。先日の「キ・サ・ラ恋人」のようにまた、♪リバプール ハロー リバプール ハロー リバプール ハロー ハロー♪のメロディーが頭にこびりつかぬよう注意せねば。でも意識すればするほどに、こびりつく。人間の表層的な意識(mind)を司る大脳新皮質なんて取るに足らぬもの。しかるに人間の卑近な喜びや悲しみも大方そこに存するのだが・・・。

こんな言葉もある・・・

Logic moves to the very extreme. Life never.
That's how logic misses life.
Logic has a tendency to reach to a conclusion.
Life is never concluding.

Life has no conclusion.
It goes on and on and on without any conclusion.
It is without any beginning and without any end.
It is always in the middle. It is always in the present.
It is on-going process.

さて、気を取り直して、意識を卑近な大脳新皮質レベルに下降させて書こう、・・・なーんて。

太田裕美さんについては、当方、彼女の黄金期に殊更コミットすることはなかったものの、かろうじて当方40歳過ぎくらいにコミットする機会に恵まれたがゆえに、それなりに語る言葉を持っておりますが、八神純子さんについては、きちんとコミットしたことがなく、あまり語る言葉を持っておりません。

それゆえ、彼女自身がインタビューに応えている映像を見るのがてっとりばやいと存じます。まあ、そのうち彼女の著書「54日間のアメリカ人」を読解してレビューしたいとは思っていますが、いつになりますことやら。

八神純子さんの「八神純子 - 名曲「みずいろの雨」秘話 Part 1/3」「八神純子 - 名曲「みずいろの雨」秘話 Part 2/3」「八神純子 - 名曲「みずいろの雨」秘話 Part 3/3」「八神純子 - パープルタウン&みずいろの雨 誕生秘話」を追加しました。興味のある方は、YouTubeから消えてしまう前に早めにご覧ください。 → My YouTube

posted by frugal gambler at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

My YouTube 削除と追加 0013

石川セリさんの「キ・サ・ラ恋人」が見れなくなり昨日削除したことに伴い、ずっと♪キサラ キサラ 恋人 私から 歌を奪い・・・♪と「キ・サ・ラ恋人」のサビの部分が頭から離れなくなり、矢野沙織ちゃんの「ウイスキーがお好きでしょ」状態になっている当方です。オチとしては、「どちらも石川が歌ったお酒のコマーシャルソングです」。へへ。

一昨日の記事で、「通常スローテンポな曲にはあまりコミットしない当方ですが、八神さんの幾つかのスローな曲には何故か引き込まれてしまいます。」と書きました。そんなわけで、スローテンポにもかかわらず当方けっこう好きな曲、八神純子さんの「夢見る頃を過ぎても」「夜間飛行」を追加しました。 → My YouTube

セリさんの「キ・サ・ラ恋人」ですが、他の方が歌われたものがありました。hitorisizuka01さんの「キ・サ・ラ恋人」を追加しました。ビリー・ホリデイじゃありませんが、面白い節回しで歌っておられます。この方、いろいろ歌っておられますが、その選曲はなかなか当方好みです。その中で当方初めて聴いた曲ですが、「OLD TIME JAZZ」(高橋真梨子)という曲をいい雰囲気で歌っておられました。hitorisizuka01さんの「OLD TIME JAZZ」を追加しました。 → My YouTube

posted by frugal gambler at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

My YouTube 削除と追加 0012

石川セリさんの「キ・サ・ラ恋人」と高田みづえさんの「純愛さがし」が見れなくなりましたので削除しました。 → My YouTube
posted by frugal gambler at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

My YouTube 削除と追加 0011

4小節で泣かせる曲

八神純子さんの曲では地味な曲ですし取り上げるほどでもないのかもしれませんが、YouTubeの書き込みを見ると下記のように絶賛しておられる方も居ます。八神純子さんの「海のメロディー」を追加しました。 → My YouTube

「s54b 素晴らしい。
偉大、おおらか、ゆつたり、気持ちいい、
どんな言葉をもってしてもこの作品には太刀打ちできません。
自分は人間を49年やっていますが、このテンポやメロディの展開の作品を、これ以外に知りません。
アップロードしていただきまして、すこぶる感謝しております。」


通常スローテンポな曲にはあまりコミットしない当方ですが、八神さんの幾つかのスローな曲には何故か引き込まれてしまいます。八神さんの安定した歌唱も大きく寄与していることは間違いありません。

この曲もスローで地味な曲で、当方、上記の方ほど絶賛するわけではないのですが、イントロからのメロディ展開は確かに素晴らしく、特にサビの♪好きよ 好きよ 好きよ 好きよ♪の部分、最初の3小節は全く同じメロディー、4小節目でほんの少し音符の位置を変えただけの一見ベタな極めて単純なメロディー進行が、これまた極めてシンプルな「好きよ」の繰り返しと相俟って、人をこんなにも感動させることができるとは信じ難いものがあります。音楽とは、いったいどこからやってきたんでしょうね。

八神さんの美声と美脚をぜひご堪能あれ。
posted by frugal gambler at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

My YouTube 削除と追加 0010

太田裕美さんの「水曜日の約束」「恋人たちの100の偽り」「恋のハーフムーン」「元気?」「海に降る雪」「水鏡」「初恋ノスタルジー」「冬の蜂」「リラの花咲く頃」を追加しました。 → My YouTube

「水曜日の約束」は、何とも叙情的な曲です。当方、10年ほど前のラスベガス旅行の折にウォークマンを持っていったのですが、その中の一曲であると同時に旅行中最もよく聴いた曲でもありました。そうそう、この曲はストラトスフィアの前でバスを待っているときに聴いていたのを覚えています。カードカウンターの殺伐としたマインドをひと時の間癒してくれる心に沁みる曲でした。

「恋人たちの100の偽り」は、歌の最後で♪さよならとたった一つの嘘が言えない♪という歌詞があり、私は「何で嘘なのよー。歌の流れからして、さよならと別れを告げるのは嘘じゃなくて本音じゃないの」と疑問に思い今もつきあいのある大学時代の友人に当時尋ねたものでした。そのときも答えはもらえなかったと記憶していますが、わりと最近彼にそのことを言ってみたところ、「そんなことあったっけ」と忘れさられていました。30年も前のことですから無理もありません。しかし、この件は未だに疑問に思っています。

あと、裕美ちゃんの曲で「太陽がいっぱい」という曲があり、♪頬をつねってみる 痛いような幸せ♪という歌詞があるのですが、当方が「形容詞にようなを付けるのはちょっと変じゃないか。痛いほどの幸せならわかるけど」と難癖を付けた折り、夕樹ちゃんから「詞は文法どおりじゃない。痛いほどの幸せでは詞になららい」というような趣旨のお言葉でたしなめられた記憶があります。こちらの疑問のほうは、女性から凛とした態度できっぱり言われるのが好きなMな私としては、すぐに納得いたしました。この「太陽がいっぱい」は、現在YouTubeではアップされていませんでしたので曲をお聴きいただけないのが残念ですが、夕樹ちゃんの日記には好きな曲として挙げられています。

「恋のハーフムーン」は、大滝詠一さんの曲です。大滝さんのことはよく知りませんが、こんな可愛らしい曲をよくもまあ作ったものだと感心してしまいます。裕美ちゃんの弾き語りもとっても可愛かったので追加しました。

「元気?」は、当方かなりお気に入りの曲です。前奏を初めメロディーもおしゃれで大好きですが、これは詞を読んでなんぼの歌でもあります。もちろん、詞と曲が相俟って素敵な曲に仕上がっているのだと思います。酔狂を厭わない方は、一度試聴あれ。

「海に降る雪」は、当方はそうでもないのですが、裕美ファンの間でこの曲が好きな方は大勢いらっしゃいます。裕美ちゃんも、復帰後のコンサートでよく歌っていました。この曲とは関係ないと思いますが「海に降る雪」と言えば、五木ひろし夫人となられた和由布子さんの出演映画としても印象に残っています。このVHSは、当方以前オークションで5000円くらいで売ってしまったので今は手元にありませんが、和由布子さんのけっこうエッチなシーンが見られるお宝映画ではないかと思います。和由布子ファンで酔狂を厭わない方は、一度手に入れられてみては。

「水鏡」は、ひとえに「さび」の部分が素晴らしい曲です。裕美ちゃんの高音もきれいに出ていると思います。ちらっと聴いてみる価値があるかもよ。

「初恋ノスタルジー」は、当時の太田裕美の掲示板で、恋をしていたある男の人がこの曲と同じような状況に遭遇した折に、当方がこの歌の二番の歌詞の替え歌を作って励ましてあげたことがあった曲です。当時、当方替え歌を得意としており、ことあるごとに裕美ちゃんの曲で替え歌を作って掲示板に載せていたものでした。

「冬の蜂」は、太田裕美唯一の演歌とも言われる曲です。もちろんド演歌ではありません。やや演歌調の部分があるということです。このYouTubeの映像が、あまりにも歌詞を忠実に再現しているのが面白く、またよくぞ作ったと感心もして、それゆえ追加しました。

「リラの花咲く頃」は、乙女チックな曲ですが、当方メロディーと間の取り方がかなり好きな曲です。よく覚えていませんが、当時テーエフさんのサイトで好きな曲だったかどういうテーマだったか忘れましたが、裕美ちゃんの曲を選んで投稿して(投稿者の名前は出ない)それにみんなが投票するという企画があった折、当方この曲を選んで投稿しておいたら思いもかけず票が伸びて2位になりました。「みなさんこの曲がけっこう好きなんだ」と嬉しく思いました。あるとき、さりげなくこの曲を投稿したのは当方であることをバラしたとき、夕樹ちゃんからのレスで、投票数ダントツ1位を走っていた「レモンティー」を選んで投稿したのが彼女だということがわかり、ワンツーフィニッシュじゃないですが何気に嬉しく思った次第でした。「レモンティー」は、現在YouTubeにはアップされていないようなのでお聴きいただけないのが残念ですが、何とも物悲しく寂しげな心に沁みる曲です。
posted by frugal gambler at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

My YouTube 削除と追加 0009

太田裕美さんの「スカーレットの毛布」「煉瓦荘」「ピッツアハウス22時」「Summer End Samba」を追加しました。 → My YouTube

「スカーレットの毛布」は、演奏優先で詞をあまり聞かないタイプの当方が、珍しく詞の内容にコミットした曲でした。歌詞の3番でやっとこの恋が昨日出会ったばかりの行きずりの恋であったことがわかるが、4番で♪氷雨の街に住み慣れた ぼくの辞書には愛がない ひとつ頼みさ背中に 指で 指で 愛と記してくれ♪と純愛で締めくくられるというドラマチックな展開に感動したものでした。また、リー・リトナーが参加している演奏もカッコイイ。

「煉瓦荘」は、筒美京平さんの何とも切ないメロディーに心奪われる曲。松本隆さんの♪あの頃は 詩を書き続けた 悲しみに ペン先浸して♪など、冴え渡る詞。当方大学時代に住んでいた井の頭公園のアイビーハウスというアパートを思い出させる歌です。

アイビーハウスの三畳トイレ付きの部屋にまつわる話はコチラ

「ピッツアハウス22時」は、筒美さんの渋くて小気味よいメロディーラインに乗って、松本さんの状況描写が冴える、裕美ファンから人気の高い曲。♪二年前なら バラのかけらを 頬に散らして 爪見てたのに♪とか、♪悲しいねー ねえ 僕たちの未来って 幾つの過去を 灰にしたなら見えるのか♪などという表現の妙。

「Summer End Samba」は、ボサノバ風の演奏が好きという人が多い曲。十年ほど前に夕樹ちゃんが、当時の太田裕美のオフィシャル掲示板に「この曲よく聴いてみると不倫の歌なんですね。陰から見ているなんてちょっと怖い」とか何とか投稿されていたのを思い出しました。当方、この曲は演奏優先で聴いていたのでそう言われてハタと気づいたものでした。
posted by frugal gambler at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

My YouTube 削除と追加 0008

太田裕美さんの「風たち」、ゴンチチさん・太田裕美さんの「もう少しここで」を追加しました。 → My YouTube

この「もう少しここで」が収められているゴンチチさんのCDアルバム「マダムQの遺産」がずっと見当たらないんだけど、保奈美ちゃん(Lクラブ→あんみつ姫)に貸したままになっていなかったっけ。もう15年以上も前のことだからよく覚えてないけど。持ってたら連絡してよ。(単なる言い掛かりかも・・・ (^^;))
posted by frugal gambler at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。