2014年04月25日

「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)

事の経緯をご存知ない方は、まずはコチラの記事を。
宅配弁当の月刊誌をリニューアルさせた「良いクレーマー」の提言

上記のように「良いクレーマー」である当方の電話による提言に端を発した宅配業者の月刊誌の5月号(リニューアル創刊号)が本日届きました。今まで一部の品目が省略され2ページに詰め込まれていた1ケ月分の献立表が、何と5ページに増えました。(さらに、「向こう三軒両隣」と題された、社長の繰言のようないつも同じ文言の記事もリニューアルされました。それも当方の提言に含まれていました。)

これによって、全国のフランチャイズ店は、独自にわざわざ自費で完全な献立表を作って配らなくてもよくなりました。現に、いつも入っているフランチャイズ店作成の献立表は、今回入っていません。こんな簡単な改善も、身内同士ではなかなか♪言い出しかねて♪というところなのでしょうか。いずれにせよ、この会社が大企業ではなく小回りの利く中小企業であったことも幸いして、客の当方が2カ月ほど前に提言したことが、素早く実現されたようです。大企業は、基本あかん。NTTのフレッツ光の幾つかの代理店による悪質な勧誘電話については、社会問題にもなりましたし、当方もクレームを付けましたが、一向に改善されなかったように思います。少なくとも当方のNTTに対する評価は大きく減点されました。

ちなみに、今回のような顕著な改善例は、当方の十数年に渡る「良いクレーマー」人生においても珍しいことであります。当方による小さい改善は、これまで、ジャスコの食料品売り場を筆頭に、いたる所で展開されて参りました。当方のクレームは、本当なら店長がやってしかるべきレベルの事案を、客の当方がやっているといった手合いでしたから、その継続的で厳しい追及に、店員が右往左往したり反発したりということがよくありました。

当方、この十年で少なくとも2人くらいは、結果的に仕事を辞めさせた可能性すらあります。もう5年くらい前ですかねえ、あるとき、辞めた男の店員の上席の店員が、「アンタのせいで近藤は辞めたんだぞ」と言ってきたので、「客に対してその言いようは何だ。近藤って誰だ?! ああ、彼か。何で引き止めなかったんだ!」と逆に叱り付けました。すると、大声に気づいたガードマンが飛んできて、店長に報告しなければいけないので何があったのか話してくれと言いましたが、当方、上席の店員を気遣いガードマンには何も話しませんでした。上席の店員は、我に帰り、非礼を当方に詫びました。

その後、上席の店員とは、彼が転勤するまでのしばらくの間、良好な関係が継続しました。当方のやり方は、いつも、「雨降って地固まる」方式です。大抵は、それで上手くいくんですが、辞めてしまわれては、そうもいきません。その場合は仕方なく、当方「その程度のことで辞めてしまうのなら、そもそも新天地で頑張ったほうがいいよ」と嘯くほかありません。

逆に、それほど多くはありませんが、店員と最初から素晴らしく良い関係が築かれることも間々あります。イオンショッピングセンター内には、今でも2〜3人の仲よくしている店員さんが居ますし、過去には、半田店に転勤していった最も気の合う仲尾君という素晴らしい店員さんも居ました。彼は、最初の一瞥で、当方の性向を見抜いていましたね。なぜそう言えるかというと、彼と初めて会った時、初対面にしては過度にフレンドリーな当方の話しぶりに対して、当方の目を覗き込むようにニヤリとしたからであります。その後、彼とは、当方の買物時、お互い敬意を表しながら、しばし話をするという間柄でした。

「良いクレーマー」を十年以上もやっているとやはり、悲喜こもごもですね。



posted by frugal gambler at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

宅配弁当の月刊誌をリニューアルさせた「良いクレーマー」の提言

「良いクレーマー」を自認している当方です。

「良いクレーマー」と「悪いクレーマー」の違いに関する記事

さて、かねてより「良いクレーマー」を自認して、企業さんや世の人々に無償の貢献をしている当方ですが、つい最近、当方が電話でクレームを付けた宅配弁当業者の月刊誌がリニューアルされることになったようです。

この宅配弁当業者は、日本全国にフランチャイズで展開していますが、少し前に、当方の地区担当店から、経費節減のために、献立の全品目とカロリーを書いた献立表(これを配布するかどうかは各地区担当店に任されている)を廃止するという連絡が来ました。

日頃からこの献立表を愛用していた当方は、まず地区担当店に連絡してみると、「献立表は各地区担当店で作成しているので経費節減のためそのようになったが、それでしたらお届けしますよ」ということで当方個人としては、問題は解決しました。

ただ、献立表は、全国的に月初に配られる月刊誌にも載っているのですが、全部の献立品目が載っておらず、半分くらいの品目は「その他」となっていて、使い物になりませんでした。しかし、この月刊誌の献立表さえちゃんとすれば、各地区担当店が自費で別途献立表を作らなくてもよくなるわけで、当方、フランチャイズ本部にも電話してそのことを指摘したところ、紙面が限られているし、文字を小さくすると見えないというお客さんも居るとのことでした。当方、「紙面を増やすなり何なりして改善すれば?」と提案すると同時に、次のように別の問題点も指摘しました。

当方の地区担当店は、頼めば全品目が載った献立表を今後も出してくれるからまだいいけど、全品目が載った献立表を別途出していない地区担当店のお客さんは、月刊誌の献立表だけが頼りになるわけで、それだと全ての献立品目を事前に知らせずに契約していることになり、まずいのではないか、と指摘しておきました。

また、ご丁寧にも、当方、この月刊誌を編集している会社にも電話して、この件について提言しておきました。ついでに月刊誌の別の記事についても若干提言しておきました。

そしたら、4月号に、次の5月号から月刊誌の名前も新たにリニューアルされるということが書いてありました。「ここが変わる! その1」として、「献立表の掲載ページを大幅拡大します。文字サイズを大きくして、もっとご覧いただきやすく! おかず(主菜・副菜)もすべて掲載します」ですって。

タイミング的に、当方の提言により、社内で検討して月刊誌のリニューアルになったものと思われます。これぞ無償の奉仕、ボランティア活動の最たるものであると思います。皆様も当方を見習って、なあなあで済まさず、世のため人のため、より突っ込んだ「良いクレーマー」になられてみてはいかがですか?

(「正義の味方みたいなこと言ってるけど、なんか胡散臭いなあ」「そお?」)

posted by frugal gambler at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

政治は常に腐敗し、集団は常に悪の要素を孕む

今更わざわざ申し上げるほどのことでもありませんが、標題のとおりです。

皆様生まれる前からご承知済みのことで申し訳ありませんが、実行力のない政権、国民を騙す政権、いろいろありますが、とどのつまりはあらゆる政治は常に腐敗する、そしてもっと言えば、あらゆる組織・集団は、多かれ少なかれ半自動的に悪を行使する、ということであります。

当方のキャッチフレーズは、「ノンポリ、非国民、アナーキスト」でありますが、これはやや謙遜気味に言っているように見えて実は、痛烈な批判でもあります。「知ってます!」(剛力彩芽)って? それならよろしい。(ちなみに「非国民」という言葉については、もしかすると沙織ちゃんのハートだかマインドだかに影響を与えてしまったかもしれず、そのせいで沙織ちゃんが「非国民」と題する記事を書き、世の批判の矢面に立つことになってしまったのだとしたら、意図せざることとは言え、当方にも責任の一端はあるかもしれず、申し訳なかったと言えなくもない。もう時間も経過し、すでに風化しつつある事象だが、一言申し上げておく。)

「アンタ、最近、何かと先鋭化した発言が多いねえ」と言われれば、「御意」と申し上げた上で、逆に「みなさん、最近のニュースを見ていて、どう感じられていますか?」と問いたいと思います。世の中の様相は、全般的に、あまりよろしくないようにお思いになりませんか? それに呼応して、当方の発言も先鋭化しているというわけです。言論の自由が保たれているうちに、暗に示唆しておこうということです。

ただ、「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方が、「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」を最終結論としている以上、あらゆる外的内的闘争の末、とどのつまりは「逃避」というのが現実的な行動としての最終形となることも、合わせてご理解いただければと存じます。当方の「批判」は、個別のものではなく、常に一般化されて発せられ、したがって最終的には「批判」と言うよりも「この世の風刺」としてのみ措定されるということです。

当方が、上記のような思想を持っていると言えば持っているのですが、そもそもつかみどころのないような思想ですし、思想全般につていも、思想なんてものは取るに足らないものであり、思想を他人に押し付けてもいけないし、自ら思想に殉じてもいけないということは、既に申し上げているとおりです。

「それじゃあ、アンタは何のためにこの記事を書いているのか?」と訝しく思われるかもしれませんが、何かの参考にでもなればと思っただけです。参考にもならなければ、酔狂な人間のお戯れということでお許し願えればと存じます。この世に生まれてしまった以上、どのみち何らかの行為を行なわないわけにも参りませんので、その一環としての執筆とご理解いただければと思います。


posted by frugal gambler at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし

当方、大きな不条理はもとより小さな不条理に至るまで、鋭敏に反応するタイプです。細かいと揶揄する向きもあるかもしれませんが、みなさん実のところは、けっこう細かいのだと思いますよ。ただ、当方は、なあなあで済まさず、行動に移すところが酔狂を超えて正義感のたくましいところではあります。

皆様方もある程度そうでしょうが、普段、いろいろな購買行動を行なうに当たって、様々な不満をお持ちになられていることと存じます。ただ一つ違うのは、酔狂と思われるかもしれませんが、当方は、多くの場合において、一々ごもっともなクレームを付けるという点です。

クレーマーには、良いクレーマーと悪いクレーマーがあります。自分のためだけに、そしてあわよくば、さらなるお詫びの品を引き出そうと相手を責めるのが悪いクレーマー、人々のため当該企業のため時間も電話代も惜しまず、至極もっともな意見を忌憚なく述べて公共に資するのが良いクレーマー、ということになります。

当方は、ここ十数年間、良いクレーマーを続けている次第です。お客様のごもっともなご意見を真摯に謹んで聴くことの出来ない企業は、長い目で見れば衰退していくでしょう。みなさんも酔狂を厭わず、当該企業、ひていは他の方々のためになる行動を心掛けてみられてはいかがですか?

(「正義の味方みたいに話しているけれど、なんかちょっと胡散臭い話だなあ」「そーお?」)

◎注意:無料の物や無料のサービスに対しては、基本、クレームは付けられず、クレームを付けていいのは大抵の場合、金を払うものに限られることをお忘れなく。あと、あなたが初めて改善の先鞭をつけるのですから、自分は何の得にもならず、他の人の利便に資するだけで、バカを見るように思われることもあるかと思いますが、それは承知の上でおやりください。それが良いクレーマーの矜持でありスタンスです。

posted by frugal gambler at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

帰宅困難者の受け入れの話し合いが官民合同であったそうな

大地震の際に帰宅困難者が大勢発生するので、官民でその対策が話し合われた、とニュースで言っていた。

まあ、それもよろしかろうが、帰宅できなくても、みんなそれぞれ何とかするでしょう。命があったならそれでいいじゃないの。生き残って元気な人の対策してどうするの?! 混乱の中、そんな暇があったら、瀕死の怪我人の救助など諸々の優先的な事柄が目白押しでしょう。そちらのほうを少しでも整序しておいたほうがいいんじゃないの?!

そもそも、大地震なんて、めったに来ないものなのに、さらに頓珍漢な対策立ててて、どうするの?! もう一度言うけど、生き残って元気いっぱいの人は、帰宅できなくても自力で何とかするって。

東海地震が来ると言われて久しいが、一番危険と言われながら、先に阪神大震災が来て、次に東北大地震が来て、全く予想が当たっていない。FXや株で勝てると宣伝して、勝てない情報商材を高く売る商売があるのと同じで、巷のうわさでは、できない地震予想をいかにもできるように装って、研究費を搾取しているとも言われている。そんな当たるも八卦、当たらぬも八卦みたいなところに研究費を付けていること自体、おかしな現象である。まあでも、それが事実なら、それもよろしかろう、不条理が世の常ならば。「お上のおやりになることに間違いはございますまいから」(「婉という女」より)。

他にも、効かない薬をいかにも効くようにデータ捏造しまくっている製薬会社も先頃あったね。世の中、間違いだらけであることだけは確かなようだね。

トルストイだかドストエフスキーだか誰だったか、「幸福な家は、どこも似たり寄ったりだが、不幸な家は、実に様々だ」と言ったが、それを敷衍して言えば、「善の様相は、どれも似たり寄ったりだが、悪の様相は、実に様々だ」となるかもしれない。いつの世にも小さな善は遍く散りばめられているが、時に大きな悪が突出して不幸をもたらす、といった具合である。善は、余計なお節介無しに、日々営々と行なわれている。余計なお節介やつまらぬ制度は、小さな悪を助長し時に大きな悪に付け入る隙すら与える。善と悪の複雑なグラデーションの中で生きているのが我々である。

常に個人に立ち返れ。決して集団に迎合するな。平凡な善人どもよ、なあなあで済ますな、頭を活性化して立ち上がれ。悪を許すなかれ!。

(「あれっ? 君、あるがまま、どうでもいい、よろしかろうの御仁じゃなかったっけ?」「酒場のリックは、今は静かにカフェ・ド・アメリケンのオーナーに収まっているけれど、もとは熱心なレジスタンス活動家だったのよ。だから最後は、行動レベルにおいては、恋敵やイングリッド・バーグマンの逃亡を手助けするのよ。でも、とどのつまりは、キスはキス、ため息はため息、ファンダメンタル・シングズは、As Time Goes By 時のたつまま、なのよ。映画カサブランカ」)



posted by frugal gambler at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー

「当方の友人の出身校は灘、そして・・・当方の出身校は東海、ごく普通の2人は、ごく普通に大学へ行き、ごく普通に出会いました。ところが、ただ一つ違っていたのは、友人の後輩どもはクレイジーだったのです。」

唐突にも「奥様は魔女」の前口上のパロディで始めさせていただきましたが、当方の知る限り、我が母校東海の先輩方は、元総理大臣の海部俊樹さん、世界的建築家の黒川紀章さん、キャスターの木村太郎さんと実にマトモな顔ぶれですが、友人の母校灘の後輩どもは、村上ファンドの村上世彰さん、ジャーナリストの勝谷誠彦さん、元全日本チェスチャンピオンの西村裕之さんと、俊才なれど困った御仁ばかりです。

灘も東海も、地区を代表するような私立の名門男子進学校ですが、灘が全国レベルでその名を轟かせている有名校であるのに対して、東海はそれほどでもありません。しかし、東海には上記のように偉人が多く、灘には上記のように奇人が多い。

東海出身の黒川紀章さんについては、なんとNHK大河ドラマ「新平家物語」で常盤御前を演じられた美貌の若尾文子さんと結婚され、晩年東京都知事選挙にもやや風変わりなスタイルで出馬されましたが、矢折れ刀尽きたのか、ほぼその直後に憤死されました。そんな派手さこそあったにせよ、職業からしてかなりマトモです。

ところが、上記灘の卒業生たるやパラノイア的でクレイジーな御仁ばかりです。当方は、いと厳かに輝ける明照殿の霊光の下で育った、♪左手(ゆんて)に豆単 右手(めて)にペン 天下堂々闊歩する♪粋な東海の生徒さんでしたが、長じて後は、むしろパラノイア的でクレイジーな要素を持ち合わせた御仁になってしまったのかもしれません。・・・それほどでもないけどね(どんな謙遜や!?)。

ちなみに、当方の憧れた大学は、まずは金沢大学であり、次に関西学院大学であり、そして日本大学芸術学部映画学科であり、つまるところは(とどのつまりは、煎じ詰めれば)東京藝術大学でした。

現役の時は、当初金沢大学に憧れ、わざわざ金沢まで一人旅をして香林坊界隈を徘徊闊歩したりしていたのですが、結局国立大学を受ける学力が無く、関西の私立大学を複数受けましたが、全て不合格となりました。その中で一番憧れたのは関西学院大学で、前もって一人旅をして、あの中庭の周りをぐるりと取り囲む美しい校舎群の写真を撮り、引き伸ばして額に入れて部屋に飾るなどしていましたが、あえなく不合格となりました。

しかして、行き場を失ったサルは、いや当方は(一応申年です)、最後の望みとばかりに滑り止めとして取ってあった唯一東京にある日大芸術学部映画学科を受けました。他の大学は、学部は適当で、名前だけで受けた感がありましたが、ここだけは滑り止めということもあり、自分のやりたい分野ということで受けました。

当方、小学生の頃から、淀川長治さんや荻昌弘さんや増田貴光さんの解説でテレビの映画を見ていましたし(増田貴光さんがフェリーニの「サテリコン」に毒されてしまった話や荻昌弘さんが解説した「最後の航海」や「テキサス決死隊」などは良く覚えています。当時、見た映画の題名を全てメモしていました)、親に内緒で深夜テレビの名画を暗闇の中で鑑賞していました。

中学生のときは、洋画を初めて映画館で観ました。「マッシュ」と「続猿の惑星」でした。当時「マッシュ」は字幕も速いし内容が中学生には難しく、何が何だかわからずに観ていた記憶があります。あと、「仁義」や「シシリアン」なども観た記憶があります。ああ、「貴族の巣」なんてのも観たなあ。それから、「カリガリ博士」や「黄金時代」や「戦艦ポチョムキン」や「自転車泥棒」や「アンダルシアの犬」や「81/2(はっかにぶんのいち)」や・・・まあ、いろいろ観ました。

そして、高校生のときは、修学旅行の模様を8ミリで撮り、音も拾ってきて、編集して音も同調させてトーキー映画を作り、クラスで映写会を行ないました。また、「映画人虹の会」という大人の8ミリのサークルに属し、皆さんの作るアマチュア映画に対する感想文を送ったりして、会員の柏木喬さんという方から「お義理で来てくれる何十人よりもよほど嬉しい」などとお返事をもらったりしました。

そんなわけで、けっこうな映画好きだった当方は、滑り止めの最後の砦、日大芸術学部映画学科を受験したのでした。受験前日、受験生用の旅館で一泊したのですが、15〜20人くらいの相部屋でした。当方が部屋で最後の一夜漬け勉強をしていると、バタバタと数人の男達が入ってきました。とても受験生とは思えない「恰幅のいいおっさん」といった風体の大将を中心とした数人の受験生達は、悪あがきとは言えマジメに一夜漬け勉強をする当方たち受験生を尻目に、大量に買い込んだ缶ビールで酒盛りを始めました。タバコもプカプカ吸いまくっています。数時間が経過した頃、堪忍袋の緒が切れた隣部屋の女子受験生達が数人で「静かにしてもらえませんか」と言ってきたので、ほんの一時静かになりましたが、案の定すぐにまたうるさくなり、隣部屋の女子受験生たちも諦めたのか、もう言ってきませんでした。

そして当日、前日がそんな状態だった上に、問題数が滅茶苦茶多くて、当方、半分くらいしか解答できずに時間切れとなりました。まるで、知識を問うというより事務処理能力を試されているかのような問題数で、グズでのろまな当方には厳しすぎました。「あ、こりゃあダメだ」と浪人を覚悟しました。そして、次年度、予備校の河合塾に入り、隣の席になった名門旭丘高校から来たバンドのボーカルをやっていたという女の子に、免疫の無い男子校出身らしい変なちょっかいを出してしまったりしながら、それでも当ブログでお馴染みの白須賀夕樹さんと同じ大学・学部に入ることができました。当方がちょっかいを出した女の子は、どうやら落ちてしまったようで、青山学院大学に行った模様です。

ところで、当方、東京藝術大学は、全くの憧れであり、受験はおろか具体的なアプローチは一切しておりません。そもそも、筆記でも実技でも受かるべくもなく、単なる憧れに過ぎませんでした。もっとも、憧れを持つ最初の動機は、当方が高校時代に筆者から直接サイン入りで送ってもらって読んだ「宇宙意識の哲学的研究」(霞ヶ関書房)(オークションで売却してしまった。オー・マイ・マカロニ!)の著者の山本佳人さんが当時東京芸大の学生だったことに端を発します。彼の思想は、神秘主義哲学ですが、物理学の数式にも言及しており、とは言え通常の物理学ではなく、例えば、光は空間の距離によって加速されるので、今輝いている星は過去に無くなっているかもしれないのではなく全き今輝いているのである、という相対性理論にも関係するような、いわばゲーテ的な神秘主義的物理学、超科学的な物理学でした。すなわち、宇宙意識を原理とする思想体系でした。

ちなみに、近々、リブラでバニラ・ムードという若い女性3人のグループの演奏会がありますが、3人とも東京芸大出身とあり、また、当方堤智恵子さんの演奏で初めて知った「リベル・タンゴ」も演奏されるようなので、ジャズというわけでもありませんが、2500円と比較的安価なこともあり、聴きに行ってこようかと思っています。

今回は、このあたりで。・・・あー、よう語った、よう語った。

(「しかし、この文章を読むにつけ、東海の卒業生がマトモとも思えんが・・・。」「ヒェーッ!」)

posted by frugal gambler at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

金をもらっていればボランティアではありません

先日、「ボランティアをするな、金を取れ!」という記事の中で、ボランティアは胡散臭いと申し述べました。この感覚については依然そのままですが、そもそもボランティアについて当方特段の識見を持ち合わせておらず、「胡散臭い」という言葉が暗に示すとおり、胡散臭さを明確に示す論拠を持ち合わせていません。当方の現在の知性では、ただちに十全な分析をすることは困難と思われます。面倒くさがらず時間をかければ、できるかもしれませんが。

当方の友人は、以前ジャイカだか何だかでブラジルへ派遣されましたが、これを誰かが或いは一般にボランティア活動と称するとしても、安い賃金といえども給料をもらっているとするならば、それは当方の言うボランティア活動ではありません。

また、関西淡路大震災のおり、当方当時東京で(語呂がいいな)「桃太郎便」という運送業のドライバーをやっていて、ボランティア活動ということで関西に派遣され、避難民の洗濯物の運搬をしていました。ただし、この活動は、桃太郎便の親会社のダスキンが行なっていたもので、当方一時的に、ダスキンから桃太郎便を通じて、いつもの2倍以上の給料をもらっていました。すなわち、当方の基準でも、ダスキンはボランティア活動をしていたと言えますが、当方はボランティア活動どころか、いつもより高い給料をもらっていたのです。したがって、当方レベルでは、ボランティア活動をしたわけではないと心得ております。

DVD「恋の罪」の中で、冨樫真演ずる大学助教授が、キャンパスで男子学生を引っ掛けて「3000円でいいわ」と言ってトイレでやらせるシーンがありますが、3000円というのは売春相場としてはかなり安いので、ボランティア活動と称してもいいくらいですが、やはりこれも金を取っているので、当方の基準としてはボランティア活動に属しません。この大学助教授は、あるシーンで「愛がなければ金を取れ!」と叫びます。だからと言って、当方「愛はボランティア」などという暴論を吐くことはないですが、もしかすると「ボランティアは愛」なのかもしれません。すなわち「金を取らなければ愛である」(元の命題が真であればの話ですが、その対偶は真)、と。・・・話がややこしくなって参りました。「愛という概念を持ち込んで話をややこしくしているのはお前だろう」と言われる前に、今回の記事はこのくらいで。



posted by frugal gambler at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

言葉遣いエトセトラ4「ほぼほぼ」

誰だかの言葉に、「生活のことは召使いに任せておけばいい」なんてのがありましたが、日常の些事に煩わされることなく人生を楽しめたらいいのに、なーんて思ったりする今日この頃、昨日あの頃です。

ところで、最近、当方「ほぼほぼ」という言葉をよく耳にしますが、皆様におかれましてはいかがでしょうか?! 「ほぼほぼ」は、「ほぼ」とか「大方」とほぼほぼ同じ意味かと思いますが、以前にはあまり聞いた記憶がなく、最近やたらと聞くようになった言葉だと認識しております。ちなみに、当方、この言葉については違和感なく好意的に受け入れ、近いうちに自ら他人に対して遣うチャンスを窺っているところです。(もう遣ってるやん↑)

さて、「歌は世につれ世は歌につれ」などと申しますが、差し詰め「言葉は世につれ世は言葉につれ」ということでしょうか。「ほぼほぼ」が、「ほぼ」や「大方」と特段の違いがなく、単に最近の流行り言葉の一つだとしても、「ほぼほぼ」には、遣っている当人も気づかないほどの何らかの繊細なニュアンスが含まれているからこそ、わざわざそのように言うのでしょうか。

それとも、そもそも当方の認識違いで、たまたま最近、当方がよく聞いたというだけで、「ほぼほぼ」という言葉は、以前から厳然として存在し、それなりに使われていたのでしょうか。そうだとしても、最近その頻度が増しているように思いますが、どうなんでしょう。「ほぼほぼ」の存在意義を分析しかねている当方です。

なになに、そんなことこそ日常の些事だろうって?! こいつぁ、一本取られましたなあ。

(思い直して「いやいや、だからこそ、そんな些事に煩わされたくないと・・・」)

(「この記事を書くことが些事のほうであって、君の楽しみではないとすると、君の楽しみって何?)

(「そう問われるとグーの音も出ないかもー。あ、ここで伝家の宝刀、あらゆる事象は全て些事である、と。ダメ?」)

(「だったら、そもそも、些事と楽しみを区別しなさんな。」)

(「御意。そもそも、なんも語れないのよ。『語りえぬことについては沈黙しなければならない』のよ。だけど、それを言っちゃあおしまいだから、ブログ記事なんて酔狂なものを書いているわけさ。そこで一句、人生の 些事に弄する 駄弁かな。お粗末」)

posted by frugal gambler at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!

このところお酒をほとんど飲まなくなった当方ですが、店頭に並んでいたグラスのオマケ付きの「鏡月」を見て、つい買ってしまいました。テレビコマーシャルの力、恐るべし(買わなきゃよろしかろうて)。

「ちょっと酔狂、酔狂ってどういうこと? ちょっと変、ちょっと飲んでみい、ちょっと酔って狂ってみい、どう?」

鏡月.JPG

ちょっと飲んでみました。ちょっと間接キッスした気分でした。



posted by frugal gambler at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

最近ややキナ臭くなってきたのかな?

知ったこっちゃありませんが、最近、酔狂なパワーゲームでややキナ臭い世の中になりつつあるようですかね。政治家達は、パワーゲームで遊んでいるだけかもしれませんが、本気になった一部の連中の暴走がきっかけで戦争、なんてことにならないとも限りません。とんだとばっちりは御免蒙りますからねえ。戒厳令が敷かれる前にすぐに安全そうな他国へ高飛びできるよう準備しておいたほうがいいかもしれません。

沙織ちゃんは、自分は右かもしれないと自ら言っておられましたが、当方の見立てでは、沙織ちゃんの言動は、左のそれのように思います。三島由紀夫やミリタリールックやぐわし戦闘機の美しさに魅了されているだけで、考え方は左寄りと踏んでいます。

当方、以前は何気なく、「たかじんのそこまで言って委員会」というテレビ番組を見ていましたが、どうも最近右寄りなのが鼻につくようになってまいりました。どうりで、当方、田嶋陽子さんが理不尽にみんなから袋叩きに遭っているのを見かねていたわけです。

当方は、コスモポリタン、もっと言えばアナーキストに近いと思うので、勢い左寄りなんでしょうけれど、かと言って極左であろうはずもなく、せいぜい中道左派、平和的穏健的左翼といった程度でしょう。それどころかノンポリといったほうが近いかもしれません。当方の学生時代は、すでに学生運動は下火になっており、革マルが学生会館を占拠したり、学園祭を仕切ったりはしていましたが、それほど影響力はなかったように記憶しています。当方とて、当時、立花隆さんが書いた「中核VS革マル」という本を買ってはみたものの真剣に読んだ記憶もなく、高校の同級生に関西学院大学に行ったマルちゃんの御仁が居ましたが、「徹底殲滅」と「完全殲滅」の違いを教えてもらったくらいに留まります。その違いも今は忘れてしまいました。どうでもいいことです。

思想なんてものは取るに足りません。思想なんかに殉じてはいけないし、思想ゆえに他人様に危害を加えてもいけません。基本、ひとりよがりによって他人に影響を与えてはいけませんし、誰かの影響を受けてもいけません。ボランティアなんてのも、どんなに善意から発していても胡散臭いです。基本、みんな自分独りで楽しめばいいのです。来る者を拒むことはありませんが、ことさら人々を巻き込んではいけません。みんなが一つにはなれません。みんなバラバラでいいのです。何かあれば、逃避するのが一番です。ゆめゆめ国家なんぞのために犬死してはなりません。

posted by frugal gambler at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。