2006年01月23日

MAYAさんの夜 in 自宅

2005/10/15記

まずは、「MAYAさんの夜」シリーズをご覧ください。越冬がらすさんの最もホットな思いに触れることができるでしょう。→越冬がらすさんのサイトは無くなりました。

MAYAさんの夜
MAYAさんの夜 in 新宿
MAYAさんの夜 in 小岩
MAYAさんの夜 in 六本木
MAYAさんの夜 in 吉祥寺・その1
MAYAさんの夜 in 吉祥寺・その2
MAYAさん全般

MAYAさんの素性(過去の生い立ち)は、ベールに包まれていて全くわかりません。しかし、ジャズとラテンを中心にポップス、ボサノバ、ソウルなどを英語、スペイン語、ポルトガル語で幅広く歌う歌手であることに間違いないでしょう。

MAYAさんの歌は、彼女のホームページから一部試聴していましたが、今回初めて「LOVE POTION NO.9」というアルバムを購入いたしました。このアルバムでは、サザンオールスターズの名曲「夏をあきらめて」を歌っておられます。演奏も含めてとってもいいです。

 NO.9 画像クリックで拡大できます。

収録曲

1.Prologue〜It Don’t Mean A Thing
2.Shiny Stocking
3.夏をあきらめて
4.Do Nothing Till You Here From Me
5.La La (Means I Love You)
6.La Espera
7.Love Potion No.9
8.Hit The Road Jack
9.Laranja Da China
10.The Frim Fram Souce
11.Isn’t It A Pity
12.Dat Dere
13.ある恋の物語 (Histria De Un Amour)
14.Epilogue〜It Don’t Mean A Thing

ちなみに私は、3の倍数の曲、3,6,9,12が特に好きです。

あと的外れかもしれませんが、10などを聴くと、私の年代ですと、しばたはつみさんを思い出しました。突然ですが、ここからは、例によって余談・蛇足の与太話となりますので、よろしくお願いいたします。

しばたはつみというと、「マイ・ラグジュアリー・ナイト」(マツダの車のCMソングでもある ♪恋はゲームじゃなく 生きることね♪ ってヤツね)となりますが、翻って、20年ほど前、私が塾の講師をしていたころ、同じ教室のもうひとりの先生は、23歳の女性でした。その教室の講師は、私と彼女の2人だけでしたが、当時車の免許を持たない私が公共の交通機関で通勤するのに比べ、彼女は颯爽と車で来ていました。

彼女は、いわゆるキャリア志向の女性で、それ以前に仕事をしていたホテルのケーキ売り場では、上司に「ケーキなら誰でも売れますから、私、辞めさせていただきます。」と言って、フロア長になったという武勇伝の持ち主でした。

また、彼女は、身内とカラオケにも時々行っているとのことで、中森明菜やアンルイスや麻倉美希などを歌うと言っていましたが、それら実力派歌手勢揃いの彼女の持ち歌の中に、しばたはつみの「マイ・ラグジュアリー・ナイト」がありました。

私は、彼女に徐々に魅かれていき、片思い状態になっていて、何かの用で一人で大阪に行った折りに、たまたま入ったレコード屋で、しばたはつみの「マイ・ラグジュアリー・ナイト」のEPレコードを衝動買いしてしまいました。何故かついでに、野口五郎の「19:00の街」なんてのも買ってしまいました。今も後生大事に持っているそのレコードの画像です。↓

 DSCF0001.JPG 野口五郎.JPG 画像クリックで拡大できます。 

彼女は、塾の講師をしながらグランドホステスを目指していて、いよいよ試験に合格して、塾を辞め、成田空港へと旅立っていきました。私は「落ち着いたら連絡して」と言い、彼女も頷きましたが、後で思えば連絡など来るはずもなく、でもそのときは「何で連絡がないんだ?!」といきり立っていて、チェスの大会で東京に行った際に、成田に寄ることにしました。

当時、ストーカーという言葉は、全く市民権を得ていなかったのですが、後になって思えば、軽いストーカー行為だったかもしれません。私は、成田空港まで乗り込み、彼女の会社の人に彼女を呼び出してもらおうとしたのですが、本人のメッセージで「勤務中なので会えない」ということで門前払い、私は燃え盛る気持ちを何とか抑えて、メモを置いて立ち去りました。

後日、私が地元に帰った頃、彼女から電話があり、「私とあなたは、付き合っているわけでも何でもないのに、試用期間中の大切な時期に職場を訪ねられるのは迷惑です。もう今後一切連絡を取らないでください。もしそうしなければ、あなたの塾の社長に言いつけますから。」なんて言われてしまいました。

私としては、どうせ塾の講師はもうすぐ辞めるし、塾の社長に言いつけようが全然構わないから、そのかわり連絡をとるぞ、・・・というストーカー的な考えもないことはなかったのですが、その時になってようやく恋の終わりを悟った私は、そこできっぱり諦めたので、ストーカー事件に発展することもなく時は過ぎ、今に至っているというわけです。いまごろ彼女は、パイロットとでも結婚して幸せな家庭を築いているのでしょうか。
posted by frugal gambler at 09:35| Comment(10) | TrackBack(1) | MAYA・寺村容子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やー、MAYAさんの記事へのオールリンク痛み入ります。また明日もつづき書きますが、彼女の歌、ほんとどんどん良くなってますよ!
La Esperaは私も一番のお気に入りです。
frugal gamblerさんも自宅を出てライブ行きましょうよ。メールもらえれば駆けつけます!(行ける範囲内ですが)

しばたはつみの「マイ・ラグジュアリー・ナイト」は私もシングル買いました。やっぱり♪恋はゲームじゃなく 生きることね♪のところが妙に好きになっちゃって、一人暮しのアパートで休日に、そこだけ何十回となく歌ってた思い出があります。frugal gamblerさんのようなドラマはありませんでしたが、ラグジュアリーとはかけ離れた世界で夢想の日々だったんですね(笑)
Posted by 越冬がらす at 2005年10月15日 22:43
コメントをありがとうございました。

MAYAさんの夜 in 吉祥寺・その2も読ませていただきました。ステージも進化しているようで、MAYAさんの創造性が、どんどん発揮されつつある過程なのではないかと想像いたします。

「黒いオルフェ」なんてのも歌われたんですね。きっと良い演奏&歌唱だったのではないでしょうか。

いつか私もMAYAさんの夜 in ○○のところに、地名を入れて記事を書ける日が来ることを夢見ています。ライブは、今のところ東京中心のようですね。願わくば東海地区にも進出されんことを。

ところで、越冬がらすさんも武蔵小金井でアパート暮らしをされていたんですか。私も北口から徒歩ですぐのメゾンエトワールとかいうアパートに住んでいたことがあります。学生時代に勝手に惚れていた女性が富士銀行小金井支店に勤めていましたが、目と鼻の先にもかかわらず、一度も会うことなく、そのアパートを去る日が来たことは、少し残念な気もします。あっ、そういえば一度だけ、定期預金をして通帳を作ってもらったことはあったっけ・・・。ほろ苦い遠い過去の記憶です。
Posted by frugal gambler at 2005年10月16日 23:55
奇遇ですね〜、frugal gambler さんも武蔵小金井にいらしたんですか。私も北口から5分ぐらい歩いたとこでしたが、ただその名も「みどり荘」ですよ!阿佐ヶ谷のある会社に就職して、初めての一人暮し。すぐ軽い5月病にかかって・・・尚かつ、会社の1年先輩社員の女性に淡い恋心をいだいたりしながら、悶々とした日々を過ごした思い出があります。結局、会社も辞め1年半ぐらいで板橋に引っ越しました。ほんと同じくほろ苦い小金井での過去の記憶です。
Posted by 越冬がらす at 2005年10月17日 22:01
越冬がらすさん、どうもです。私も北口5分くらいのところでした。アパートは違うことが確認できましたが、案外近くに同時期に住んでいた可能性は残されますね。

当時、私も新入社員で、とある信販会社の新橋営業所に勤めていました。新入社員研修でしばらくの間通った新宿の事務センターでは、大勢の女性に囲まれて仕事をしていました。

その中に、京極さんと松本さんという、お互いに認め合う仕事のできる2人の女性が居て、他の女性事務員たちを尻目に、お互いその事務処理の速さを自慢し合っているように見えました。特に松本さんは、それを私にわかるように誇示していたように感じました。

私は京極さんの隣の席で、いろいろ教えてもらっていたのですが、ななめ正面の向こうの島に居る松本さんが、メガネを逆さにしてこっちを見ていたりして、毎日のように、私に思わせぶりな態度を示すのです。時には、私の前の席がたまたま空いていたりすると、わざわざ自分の席から私のすぐ前に移ってきて、そこで仕事を始めたりするのです。

松本さんは、かなりの美人だったので、うぶな私は、その揺さぶりに動揺して、少しこっちから、ちょっかいを出そうとしたりしたのですが、そんなときは決まって、こっちの心を見透かしたように、冷たい態度を取るのです。まさに術中に嵌ってしまっています。真意はわかりませんでしたが、完全にもてあそばれていたと言えるでしょう。

そんな松本さんに関する逸話として、私が小耳に挟んだ年輩の女性既婚社員さん(おばちゃん)の噂話によると、松本さんがある時、仕事上の問題で年輩の男性の上司の方に苦情を言いに行ったとき、その上司は「松本君、よほど腹に据えかねることがあるようだねー」と遠まわしな言い方で対応したところ、松本さんは言下に「だから来たんです」と応えたそうです。

でも、おばちゃんによると、そういう極めてはっきりとした性格の松本さんは、腹に何もない良い人として評価されていました。

たしかに、あんな大勢の女性社員の居る中で、平気で私に目配せしてくることといい、立ち居振る舞いといい、誰から見ても目立つ存在であったことは間違いありません。

新橋営業所に戻ってから、風の噂に聞いたところでは、ウソかホントか知りませんが、松本さんは、大学生と付き合っているということで、なんとその大学が私の出身大学だったので、もしかしたら、それで、私をあのようにからかう気になったのかもしれないと、変な合点をしたものでした。
Posted by frugal gambler at 2005年10月18日 00:27
小金井に住んでたよしみでまた来ちゃいました(笑)
リアルなお話聞かせていただいてありがとうございました。
入社まもない頃というのは女性も含めていろんなものに翻弄されるようですね。特に仕事ができる先輩女性というのはやっぱり気になる存在になるのでしょうか、特に美人だったりすると。
前のコメントに書きました先輩社員の女性も、当時人気急上昇の岸本加世子似、というか更にしっとりさせたような魅力的な人で、真木さんという名前でした。仕事が建築設計ということもあり、私もいろんな事を彼女に聞きました。彼女も鼻っぱしは強かったですが、アネゴ肌というか面倒見のいいひとで何でも気持ちよく教えてくれます。そこがお決まりの落とし穴というべきか親切と好意の取り違いから始まり、まもなく一方的恋愛感情へとハマっていった訳です。
いつでしたか彼女に気に入られようとして「真木さん岸本加世子にそっくりですねぇ〜」なんて言ったら
「あの子?10年早いわよ!」なんてムッとしながら吐き捨てられたことがありました。そんな気の強さで彼女が益々好きになってしまったのです。
当然そんな魅力的な人ですから彼氏もいるわけで、よく夕方になると電話がかかってきました。社内で一番若かった私は真っ先に電話に出る役でしたから、そんな電話を取り次いだ時にはほんと辛かったですよ!
そして何も進展の無いまま一年が過ぎ、仕事上の悩みもあり私は退社しました。
その後3年ぐらいしてからでしょうか、彼女の自宅の場所は知らなかったのですが、千駄木でクリーニング屋をやっている家だという記憶を頼りに、夜そのあたりを彷徨った思い出があります。もちろん見つかるはずも無く、また見つかったとしてもどうする当ても無く、いつしか谷中の墓地に迷い込んでせつない気持ちになった記憶があります。

すみません、自分のブログではないにもかかわらず
ずらずらとした私くし事でスペースをさいてしまいました。
これに懲りずにまたよろしくお願いします。
Posted by 越冬がらす at 2005年10月18日 22:25
越冬がらすさん、いえいえ、楽しく読ませていただきました。これからも、遠慮なく、何でも書き込んでくださいませ。

当時は、たしか岸本加世子や大場久美子に人気がありましたよね。私も岸本加世子派でした。でも、私の経験で言うと「芸能人の誰かに似ている気がする」なんて言ってあげるのが、上手く行くみたいですよ。もっとも、偉そうにノウハウを語っていますが、実は私の場合、ホントにそう思ったからそう言ったまでで、たまたま、とりあえずは上手くいったというに過ぎません。何せ、その彼女、あとから、彼女に顔が似ている歌手を他の歌手たちの曲の間に一曲だけ挟んだカセット・テープを貸してくれたりしましたから。その歌手というのは杏里だったのですが、いかんせん、私が「誰かに似ている」と言った「誰か」というのは、杏里ではなかったんですがね。でも、たしかに杏里にも似ていたので、彼女としては、「あなたが、私に似ていると言った芸能人って、もしかしたら杏里じゃないの?」とメッセージしてきているのが見え見えで、内心笑ってしまいました。

越冬がらすさんも、気の強い女性がお好きなようですね。私などは、少々世間に慣れてきた頃には、気の強い女性の前で、M男君を演ずるのが事の外好きになり、S子ちゃんを見つけては、その手の会話を楽しんでいたりしました。例えば、隣の席に居るちょっと気の強い女の子が少し怒るようなことをわざと言い、横目でその子の顔を恐る恐る見ると、その子が私をジロリと睨んでいるので、私がペコっと頭を下げ、一緒に笑い合うなんてのが、無上の楽しみでした。

>いつしか谷中の墓地に迷い込んで

笑ってしまいました、すみません。
Posted by frugal gambler at 2005年10月19日 00:22
越冬がらすさんとfrugal gamblerさんの恋愛談義、楽しく拝見させていただきました。
年上の女性に片想い、という事で私も職場の素敵なお姉さまに恋をした事がありました。
新珠美千代さんをもう少し若くしたようなIさんはとても優しいお姉さまで、私の事を出来の悪い弟のように思ってくれていたのかも知れません。野球観戦にお誘いしたのが私にとって唯一の「デート」だったように思います。
突然声が聞きたくなって必死になって電話帳でIさんの電話番号を探してみたのも、今となってはいい思い出になってしまいました。

次の機会にしばたはつみさんについて記してみたいと思います。
Posted by ヤスシ at 2005年10月22日 00:27
ヤスシさん、恋愛談義にご参加ありがとうございます。新珠美千代さんのような日本的美人に似た方なら、ヤスシさんが参ってしまうのも無理からぬことと思います。

私の場合、鈴鹿でのF1観戦が唯一のデートとなった女性が居ましたが、長くなりそうなので、その話は、またの機会にしたいと思います。

しばたはつみさんについてのお話、楽しみにしています。
Posted by frugal gambler at 2005年10月23日 00:31
しばたはつみさんは、姉がファンだった影響で当時良く聴いておりました。TVで「サウンド・イン・S」という番組があり、レギュラーとして出演していらしたので、あちらもののソウルナンバーなどを良く耳にしました。
彼女はどんなにテンポの速い曲でも歌声が乱れないのが、一番の特徴だったと記憶しています。
それゆえ、ソウルフルなナンバーのカバーの出来は他の追随を許さない素晴らしさがありました。
不運だったのは、素人受けするような歌唱でなかった為に、どうしてもコアな音楽ファンにのみ強く支持された事でしょうか。
オリジナルナンバーで「合鍵」という曲を憶えているのですが、歌詞がいかにも日本的な愛憎劇の世界で、彼女の良さを発揮出来る楽曲では無かったように思います。橋本・筒美コンビで彼女の魅力を最大限に引き出して欲しかった・・
Posted by ヤスシ at 2005年10月23日 03:16
コメントをありがとうございました。

私は、しばたはつみさんに親しみを持って言及しながらも、特にコミットした歌手というわけでもなかったのですが、ヤスシさんの解説で、少し認識領域が開けた感じがします。また、いつでも、ヤスシさんのオールマイティーな薀蓄をお聞かせくださいまし。よろしくお願いいたします。
Posted by frugal gambler at 2005年10月23日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11953903

この記事へのトラックバック

小岩 ビジネスホテル 予約
Excerpt: 小岩&ビジネスホテル予約で見つけたお勧めビジネスホテル予約 !いよいよ出張当日です!京成小岩(京成本線)徒歩1分もう、そろそろ着くはずです。あ、あれですね。どうもあれ見たいです。着きました!(↑クリッ..
Weblog: 東京都ビジネスホテル予約日記
Tracked: 2007-08-11 21:47
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪