2006年01月23日

岩崎宏美

2005/07/30記

        DSCF0019.JPG      DSCF0020.JPG

  DSCF0021.JPG DSCF0022.JPG DSCF0023.JPG

「岩崎宏美」を取り上げます。ヒロリンは、リアルタイムで好きな歌手でした。とても優等生の歌唱で、もしかすると歌が上手すぎて面白みに欠ける部分があるかもしれません。その点では、妹の良美ちゃんのほうが、やや癖があって面白味があるかもしれません(「タッチ」と「どきどき旅行」しか聴いたことがないのですが)。とはいえ、心に残る名曲はいっぱいあるし、押しも押されぬ実力派歌手であることに間違いありません。高音のまろやかな伸びは、天才のそれであります。

今を遡ること25年以上前、私が学生だった頃、岩崎宏美の中野サンプラザでのコンサートに、2年後輩の女の子と行きました。私は、彼女に淡い恋心を抱いていましたし、風の便りに聞くところでは、手前味噌ながら、彼女も私を慕っていたようです。高田馬場のビッグボックスのFace Offという名の喫茶店で、彼女とコーヒーなどすすったこともあれば、彼女の下宿に近い千鳥が淵を二人で散歩したこともありました。今思えば、淡き純愛そのものですね。さて、当時、私は中野(正確には高円寺南)の下宿に住んでいましたので、コンサートの前に、彼女と中野の駅で待ち合わせ、とりあえず私の部屋に招待しました。しかしながら、私の純情さが私をして彼女に指一本触れさせることはありませんでした。

ここで、いったん、話は大きく逸れます。以前、私は、「据え膳食わぬは男の恥を何度も演じてきた」と申し上げたたことがありました(記事カテゴリー「My Gamble History」の「新宿区役所通りまで徒歩10分」参照)。さて、ここで、ついでですので、もう一つ、女の子を部屋に招き入れながら何もしなかったというアホな例に言及しておきたいと思います(もっとも、女の子を部屋に連れ込んだからといって、必ずしも一発やらなければならないというものでもないことは、ひと言お断りしておかなければなりません)。

以前、自由が丘の「Lクラブ」というキャバクラの話をしたことがありました(記事カテゴリー「コーヒーブレイク(歌手紹介)」の「平山三紀」の記事及びコメント群の後半部分参照)。そこで紹介したエリカちゃんという声の素敵な女の子とは別に、もう一人私が「Lクラブ」で指名していた保奈美ちゃんという娘が居ました。この子は、長野から出てきた歌手志望ということで、ときどきカラオケルームに、何と独りで練習しに行くこともあるほどの熱意の持ち主でした。後日、この子は、音楽関係の人に会えるかもしれないということもあって、「Lクラブ」から銀座の「あんみつ姫」というクラブ崩れのキャバクラに移りました。私は、エリカちゃんを差し置いて、かなりこの子に嵌っていましたので、頼まれもしないのに付いて行き、「あんみつ姫」にも何度か通ったものでした。そこでチーママと彼女がデュエットを披露してくれたことがあったのですが、これぞプロ級という歌唱力に私は改めて舌を巻き、その後、彼女のことを「長野の歌姫」と称するに至ったのでした。

さて、この子と一度、閉店後、タクシーで一緒に帰ったことがありました。私は当時、新宿に住んでおり、彼女は狛江に住んでいましたが、「ちょっと寄ってかない?」と彼女を誘うと、簡単にOKして私の部屋に来ました。ところが、たしかに誘った時点では下心があったように記憶していますが、いったん部屋に入るや、酒を飲んだり、私が持っていた本などを一緒に見たりしているうちに、何故かそういう気持ちが失せてしまい、しばらくして、彼女に、狛江までのタクシー代を渡し、タクシーを拾ってあげて家に帰してしまったのです。

あとで考えてみると、私の行動は、全くのアホとも思われるのですが、一体これは、どういうことでしょうか。今思うに、当時私は数年前の失恋を、やや引きずっていたこともあり、そこから立ち直る過程において、女を恨むどころか、逆に道行く女性をとてもいとおしく思っていたというフシがあり、それゆえ長野から出てきて歌手を目指して頑張っている保奈美ちゃんを応援したいという気持ちこそあれ、決して「一発やっちゃえ」とか「自分の彼女にしよう」などという気持ちにはなれなかった、ということではなかったかと思います。

話を戻して、2年後輩の女の子と行った中野サンプラザの岩崎宏美のコンサートは、ミュージカル仕立てになっていて、歌あり踊りありのとても楽しいものでした。特に助演していた尾藤イサオさんが、とてもカッコよく印象に残っています。

frugal gamblerお薦めの曲
(やっぱ、いい曲目白押し。歌が上手いので安心して聴ける。絶賛!!)
「決心」「檸檬」「25時の愛の歌」「摩天楼」「さよならの挽歌」「ファンタジー」「ドリーム」「想い出の樹の下で」「思秋期」「あざやかな場面」「マチネへの招待」「スローな愛がいいわ」「すみれ色の涙」「夜のてのひら」「南南西の風の中で」「世界の果てへ連れてって」「詩人と私」「L」「パンドラの小箱」「二重唱」「霧のめぐり逢い」「センチメンタル」「シンデレラ・ハネムーン」「万華鏡」「思い出さないで」「家路」「聖母たちのララバイ」など

    


posted by frugal gambler at 09:18| Comment(28) | TrackBack(4) | 岩崎宏美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
frugal gamblerさんの「男の純情」、楽しく拝読させていただきました。
私はこういったシチュエーションに至った場合、大抵は「男の本能」に従ってしまいますが(苦笑)一度だけ似たような場面がありました。
拙ブログでも取り上げさせていただいたのですが、ニューオーリンズを訪れた際に、ヨメさんに内緒でトップレス・バーに足を踏み入れた時のことでした。
テーブルにつくまでは下心一杯だったのですが、私のお相手をしてくれた目元涼しいお嬢さんが地元の大学で音楽の録音技術を勉強されているとかで、学費を捻出する為にそこで働いている、とのことでした。私もど素人ながら、バンドをやっておりますので、下心はどこへやらで音楽の話に夢中になってしまいました。
途中で彼女の出番になり、ステージで踊ってくれましたが、いやらしい気持ちはどこかへ行ってしまい、なんだか崇高なというか、女神さまを見つめているような気持ちにさせられました。

常日頃から「モテたい、モテたい」と口癖のように言っておりながら、このていたらくです・・(笑)
Posted by ヤスシ at 2005年07月31日 07:57
コメントをありがとうございます。

ニューオーリンズのトップレスバーの話は、読ませていただいていました。タイムリーにコメントできなくてすみませんでした。そのお嬢さんにせよ、保奈美ちゃんにせよ、キアナさんにせよ、水商売で働く人々は、泥沼に咲く蓮のような、どこか崇高な女神性を漂わせているんですねえ。そこには、清純スター歌手の黛ジュンや、「美しきチャレンジャー」の新藤恵美がヌードになるような、あるいは浅丘ルリ子が映画「女体」で見せたような、ギャップによるエロスはなく、スケベな男の下心を静め、もう一歩を踏みとどまらせててしまうほどの、別の真摯な営みが、spiritsが見え隠れしているんですね。

映画「女体」は、ずっと以前にテレビで放映されていて、「あの浅丘ルリ子が・・・」と仰天したものでした。もう忘れかけているので、いつかもう一度観たいものだと、ここのところずっと思っているのですが、なかなかよい機会に恵まれません。
Posted by frugal gambler at 2005年07月31日 22:23
岩崎宏美を聴くと私の場合高校時代を思い出しますね〜
ちょうど「ロマンス」なんかが流行ってた時期で、私を含め野郎どもは彼女の歌聴きながら、何か「女の子にアタック!アタック!」ってあおられていた感もありました。
とはいっても歌の世界と現実はあまりに別世界なんですよね〜、そのギャップが腹立たしいような、しょげかえってしまってたような、そんな複雑な心境がよみがえります。
マイナーな気持ちになったついでにお話しちゃうと、私もありましたよ!上げ膳据え膳状態のとき何もできなった経験が(詳細は長くなるので省きますが)
あーゆー時って「これホントかよ!」ってビックリしながら戸惑っちゃうんですよね〜
結局場慣れしてない経験の無さが出てしまって・・・
後で「この次は決めるぞ」なんて意気込んでも、結局その次は無かったわけなんです(泣/笑)
Posted by 越冬がらす at 2005年08月01日 21:44
はじめましてルーちゃんと申します。

「据え膳食えなかった系」の経験は私にも多くあります。

大学の学園祭のとき、悪友の部屋にキムチなべセットを用意し、女子短大生をナンパして部屋に連れ込んだものの、単なるナベパーティーになりそのままご帰還させてしまったのは単なる経験不足でしかありませんが、数年前(現在私は30歳ですが)に私の入れ込んでいた、かなり大ハコのキャバクラのチーママ(そのとき25歳でした。)と旅行(高級リゾートホテル)に行ったのですが、フランス料理を味わい、バーでカクテルを揺らし、そして部屋でテレビを見ながら寝てしまったのは、一体なんだったんでしょうか?

そのときの私の心理状態は、「ビビリ」でした。「私がこのキャバ嬢とやれる男なのか」「旅行はOKしたけどSEXはOKしてない、と怒られるのでは」「SEXのテクには自信がない」「マッチョではない自分に自信がない」という、ダメダメな思いが去来しました。

後日、そのキャバクラに会社の先輩と2人で行き、「そのときSEXするつもりだったか」とそのキャバ嬢に質問したところ(一人で聞く覚悟なかったため先輩についてきてもらった、またビビリ)、そのキャバ嬢は「旅行に行くことをOKしたらそちらもOKに決まってるでしょう」とのことでした。

2人でしかこれない私のビビリに比べて、一人でもここまで言い切る度胸のよさ。私は彼女に完敗しました。

確実に私より格上の女です。そのときから私は彼女と単なるメルトモで満足することにしました。

それが分相応というものです。

それでは
Posted by ルーちゃん at 2005年08月01日 23:48
コメントをありがとうございます。

みなさん、そういう経験、けっこうがあるんでしょうねえ。そして、たいていの場合「その次」はもう無いんですねえ。そうこうしているうちに、時は過ぎて、また別の人で同じ過ちを繰り返してしまうんですねえ。・・・それは、私だけかも(笑)。

でも、太田裕美の「しあわせ未満」という曲に♪ついているやつ いないやつ 男はいつも ふたとおり♪とあるように、一部のモテるやつってのは、そのあたりを自然に上手く対応できちゃうんでしょうね。

ちなみに、♪棘のあるバラ れんげ草 女もそんな ふたとおり♪とありますが、男は ついつい 棘のあるバラのほうに魅力を感じてしまったりして、本当はやすらぎを感じられるはずのれんげ草のほうには目が行かなくて、あとからハッと気づいて後悔したりすることもあるように思います。

まあ、しょうがないですね(^^;)。
Posted by frugal gambler at 2005年08月02日 00:20
ルーちゃん、時差投稿になってしまいました。コメント、ありがとうございます。

みなさん、やっぱ、似た経験をなさっているもので。仲間が多くて、安心しました(爆)。

>そのときの私の心理状態は、「ビビリ」でした。「私がこのキャバ嬢とやれる男なのか」「旅行はOKしたけどSEXはOKしてない、と怒られるのでは」「SEXのテクには自信がない」「マッチョではない自分に自信がない」という、ダメダメな思いが去来しました。

なるほど、細かい心理分析をありがとうございます。たしかに、言われてみれば、そういう理由も含まれているんでしょうね。面白いです。

>後日、そのキャバクラに会社の先輩と2人で行き、「そのときSEXするつもりだったか」とそのキャバ嬢に質問したところ(一人で聞く覚悟なかったため先輩についてきてもらった、またビビリ)、そのキャバ嬢は「旅行に行くことをOKしたらそちらもOKに決まってるでしょう」とのことでした。

自由が丘のキャバクラのエリカちゃんによると、ドライブに行くのをOKしたら、そちらもOKしたことになる、らしいです(ホンマかいな)。ましてや、旅行となると、そういうことなんでしょうね。残念なことしましたね(笑)(笑っちゃいけねえか)。

でも、その確認したくなる気持ち、わかります。そして、確認には、かならず第三者が介在しているというのも、よくわかります。

以前、会社の同僚の女の子と私のアパートから比較的近い飲み屋に行った後、店を出てから信号待ちのところで、その子が急に腹痛になり、しゃがみこんでしまいました。でも、すぐに治って元気に歩き出したのでした。後日、別の同僚の女の子にその話をして、もしかしたら「僕のアパートに行ってもいいというサインだったんだろうか」と聞いたら、本人にその話をバラしてしまいました。ちょっとバツが悪かったのですが、そのときの一応の返事は、「そんなことはない」というものでした。でも、本当のところは、わからずじまいです。「誘えば来た」というのが、あとになって思った私の勝手な結論です。

それでは、京都のキャバクラの歌の上手い愛ちゃんによろしく。
Posted by frugal gambler at 2005年08月02日 01:00
ブログ読んでいただいたようでありがとうございます。手抜きの極みでお恥ずかしいですが時間があればオンラインカジノをしてますので、その点ご容赦ください。

ところで、車に乗ったらOKですか・・・・。

かなり、勇気付けられる判断基準ですね。

よくあるOKのサインとして

・話している最中に女が髪をいじったらOK。

・話している最中に足を組み替えたらOK。

というのを聞いたことがありますが、それに基づき誘ってOKだった試しはありません。

私の数少ない成功体験を紹介すれば、両者酩酊するまで深酒し、勢いでホテルに行ったことがあげられますが、これは参考になりませんね。相手にOKさせずにホテルに行っているわけですから。
Posted by ルーちゃん at 2005年08月02日 23:02
コメントをありがとうございます。

>私の数少ない成功体験を紹介すれば、両者酩酊するまで深酒し、勢いでホテルに行ったことがあげられますが、これは参考になりませんね。相手にOKさせずにホテルに行っているわけですから。

いや、まあしかし、多少酒の力を借りるというのは、仕方ないところじゃないでしょうか。相手が前後不覚になるまで酔わせて、というのは、ちょっと行き過ぎかもしれませんが、流れの中で酒が入っているということは、むしろよくありそうなことですし。

あと、「ドライブに行ったらOKしたことになる」というのは、微妙な部分かもしれませんね。

たしかに、車というのは、密室性がありますので、男はそんなに感じてなくても、女は親密感を感じやすい空間ではないでしょうか。それゆえ、ドライブするということは、男が思うほど女にとっては軽々しいことではなく、やや警戒心を持つ場合もあるということじゃないでしょうか。

もっとも、人によるわけで、エリカちゃんの場合は、もともとガードか固い人だったし、ましてや、客の一人に過ぎない私が、チークダンスをしながら誘った酒の上での話しなので、体のよい断り文句にすぎなかったとも言えます。この場合は、むしろ、そう考えたほうが自然でしょう。

まあ、我々のように奥手のタイプは、機を見るに敏にしてし過ぎることはないように思います。下手な鉄砲も数打ちゃ・・で、あらゆるチャンスでトライしないと、なかなか日の目を見ることはないかもしれません。モテるやつらが、軽々とやってのけることが、我々にとっては、ぎこちないながらも、何とか努力してやり遂げなければならない一大イベントになってしまうのかもしれませんね。
Posted by frugal gambler at 2005年08月03日 00:03
こんにちは、ルーちゃんです。

>チークダンス

中の話ですか。(笑)

スナックでチークダンス。いいですねえ。客の誰かの歌にあわせながらお気に入りの女の子とチークダンスをする。そこで、女の子に「好きだよ」なんて囁く。女の子も「ホントに?」なんてききかえす。なんといいますかねえ。人生の侘びさびが詰まっているような気がします。

私のチークダンスの得意技は、女の子と踊りながらエルビスのラブミーテンダーを歌う、というものです。特に何てこともないですが、自分がエルビスになってディナーショーの途中、ファンの女の子にせがまれ踊っているような気分になれます。

一回だけ、女の子がディープキスをしてきて歌えなくなったことがありました。

チークダンスでの思い出などあったら教えてください。
Posted by ルーちゃん at 2005年08月04日 22:00
コメントをありがとうございます。

女の子と踊りながらラブミーテンダーを歌う、なかなかやるじゃないですか。私も女性の前でエルビスの歌を歌ったことがありますよ。ラスベガスのダウンタウンの安宿、フリーモントホテルの部屋で、黒人の、でぶっちょのメイドさんが部屋の掃除をしてくれている最中、いろいろ片言で会話をしていたのですが、彼女がルイジアナの出身と聞いて、♪ララララ、ルイジアナ♪とエルビスのポークサラダアニーのワンフレーズを歌ったら、ちょっとだけウケました。

>一回だけ、女の子がディープキスをしてきて歌えなくなったことがありました。

ルーちゃん、なかなかやるじゃないですか。ご要望のチークダンスの思い出は、他にあまりないので、代わりにディープキスのお話をいたしましょう。恋愛中は、何が起こるかわかりません。彼女と飲んだ後、タクシーで家まで送る途中、運転手さんお構いなしで、後部座席でしっぽり愛を育んでいたところ、突然向こうから私の唇に吸い付いてきました。私は一瞬、運転手さんのことが脳裏をかすめたのですが、もちろんやめろとも言えませんし、そのままキスを受け入れました。彼女を家まで送り届けた後、そのままタクシーで自分のアパートまで帰る間は、普段なら、いつだって運転手さんと四方山話をする私ですが、何もしゃべらず、ずっと寝た振りをしていました。
Posted by frugal gambler at 2005年08月05日 00:07
おはようございます。ルーちゃんです。

>突然向こうから私の唇に吸い付いてきました。

さすが、frugal gambler さんはモテ度高ですね。タクシーでイチャイチャ、私もそうしてみたいものです。
しかし、このレスの応酬は、なにか奥手君のモテ自慢大会の様になってきましたね。


私も数少ない体験から関連ネタを搾り出してみますと、・・・・・

大学時代つきあっていた性格のおとなしい女の子は、セックスのほうもおとなしかったのですが、あるとき一緒にベットの上でぐっすり寝て朝起きたとき、「モーニングキスをして」とお願いしたところ、「ぶちゅ〜〜」っと息もつけない位のすごいディープキスをしてきたことがありました。おとなしい女の子の中にこんな獣性が潜んでいるのかと、なにか人生の深みを知り大人にひとつ近づいた気がしました。

ところで(ジャカジャン♪)

>運転手さんと四方山話をする私ですが、何もしゃべらず、ずっと寝た振りをしていました。

これは、実力のあるポーカープレイヤーであれば、シレっとポーカーフェイスで何もなかったように四方山話に興じてほしいものです。

残念!

プラフ斬りッ!
Posted by ルーちゃん at 2005年08月06日 11:55
こんばんは。コメント、ありがとうございます。

>なにか奥手君のモテ自慢大会

うまいこと言いますね。もてないヤツほど、モテる振りをしたがるものでございます。せめて、文章上だけでもモテるふりなどしなければ、世の中、真っ暗闇じゃあござんせんか。

>おとなしい女の子の中にこんな獣性が潜んでいるのかと

私は、エロスをナチュラル・エロスとギャップ・エロスに区分しています。この例は、まさにギャップ・エロスですね。そのおとなしい女の子の獣性そのものはナチュラルでも、それを見る側は、ギャップとして捉えるわけです。私の場合も、恋愛の初期に、二人だけのエレベーターの中でキスを拒否した子が、時を経て、運転手さんの居るタクシーの中で突然向こうからキスしてくるんですから、大きなギャップと言わざるをえません。

取り上げられたネタは、単にディープキスつながりというだけでなく、ギャップという点でも共通項があるように思います。実にタイムリーなお話でした。もっとも、モテない私の場合、状況にかかわらず、ディープキスされること自体がギャップと言えなくもないのですが、一応分けて考えてみました。

文化・文明の怪物である人間は、ギャップなしにはエロスを感じられなくなりました。ギャップのないエロスは、気の抜けた炭酸水のように味気ないものです。でも、健康的なエロスに全く反応せず萎えてしまい、ギャップがあればあるほど欲情するというのは、本来あるべき姿かどうか疑問に思います。しかし、ギャップによるエロスは、名状しがたいエネルギーを与えてくれる以上、ギャップによるエロスから離れることはできそうにありません。

>これは、実力のあるポーカープレイヤーであれば、シレっとポーカーフェイスで何もなかったように四方山話に興じてほしいものです。

ここの部分は脚色です。もう15年も前の話なので、帰りのタクシーの中でのことは、ほとんど覚えていません。ここは、このように結んだほうがおさまりが良いと思いまして、そのように書いてしまいました。もっとも、ルーちゃんの文章も、ポーカープレーヤーとポーカーフェイスを掛けた修辞文でしょう。ですから、私のこの言い訳に似た事実は、決してムキになって反論しているわけではないことは、ルーちゃんご承知の通りです。

>プラフ斬りッ!

それゆえ、寝た振りをしたのがブラフではなく、文章上の修辞をほどこしたことがブラフだったとも言えるかもしれません。ルーちゃん期せずして、それを斬っていただけたこと、拙者、かたじけなく存じます。ちょっと、わけわからなくなってきましたけど(^^;)。
Posted by frugal gambler at 2005年08月06日 22:31
初めまして!

当方ブログにトラックバック頂き、ありがとうございます。
宏美さんは、昔から僕もあの歌唱力に惹かれてました!
近年は、若い頃のノビノビ歌唱から、大人のまろやかな歌唱になり、
それもまた魅力ですね。

今度、もしよろしければ、
百恵さんや明菜さん記事も書いて頂けると嬉しいです!(笑)

では、今後ともよろしくお願いします。。。
Posted by NAGA at 2006年02月05日 19:28
コメントをありがとうございました。

明菜さんは、どうかわかりませんが、百恵さんは、いずれ取り上げることもあるかもしれません。明菜さんも好きですが、私が取り上げたいと思う歌手の最も新しい境界線が百恵さんあたりではないかと思うので。まあでも、そう言いながら、もっと新しい歌手を取り上げたりするかもしれませんけどね。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Posted by frugal gambler at 2006年02月05日 22:26
はじめまして。
私の記事へトラックバックして頂き、ありがとうございます。

岩崎宏美さんは私の世代からすると少しお姉さんです。それでもその歌声は聴き心地の良いものでした。ですから「ロマンス」や「二重唱」などは良く耳にしたものです。

私の世代では岩崎良美さんの方を多く聴きました。やはり歌が上手いですし、聴いていて気持ち良いですね。あまり聴かれたことがないそうですが「ごめんねDarling」,「恋ほど素敵なショーはない」,「Vacance」などがお薦めです。機会がございましたら聴いてみて下さい。
Posted by TOMONO at 2006年02月05日 23:26
TB & コメントありがとうございます。
岩崎宏美さん、初めて実際に間近で歌声を聴かせていただいた時、
CDよりもさらに深みのある歌を歌われ、
全身鳥肌が立ったことを鮮明に覚えています。
Posted by まき at 2006年02月05日 23:52
TOMONOさん、コメントをありがとうございました。

岩崎良美さんは、女優さんとしての才能を開花せられたという印象が強いですが、ヒロリンの陰に隠れた形とは言え、歌のほうも相当上手いですし、声などは、人によっては宏美さんよりも好きという方も居るんじゃないかと思います。お薦めの曲「ごめんねDarling」「恋ほど素敵なショーはない」「Vacance」など、心がけておきたいと思います。

モーニング娘では、矢口真理、保田圭、中澤裕子あたりが好きです。
Posted by frugal gambler at 2006年02月06日 00:08
まきさん、コメントをありがとうございました。

岩崎宏美さんのコンサートは、25年くらい前に行ったっきりです。最近は、けっこう活動しておられるようなので、そろそろ久しぶりに行ってみようかなとも思ったりしています。

芸大は、私には全くといっていいほど縁がない大学ですが、日本中で最も憧れる大学ですね。そして、ピアノが弾けるというだけで羨望の的です。来世では、ピアノを習って、芸大に進学したいと思っています。
Posted by frugal gambler at 2006年02月06日 00:28
TB戴いたので、伺いました。
黛ジュン、弘田三枝子・・・
この辺りを御存知とは、同世代かもしれないですね。
私の方は、広く浅くの音楽ブログをやっております。
私もTBさせていただきました。
宜しくお願いします。
Posted by Nob at 2006年02月06日 12:38
TBありがとうございます。
宏美さん、今も昔も黒髪が似合う素敵な女性ですよね。
歌も全く色褪せない名曲ばかりですね。
Posted by めぃすた。 at 2006年02月06日 23:25
Nobさん、めぃすた。さん、コメントをありがとうございました。

お二人とも、カバーする音楽領域が広いですねぇ。私は洋楽は、からきし不案内なので、ボチボチ勉強させていただきます。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by frugal gambler at 2006年02月07日 00:11
デビュー当時からの岩崎宏美さんの大ファンです。
でも、デビュー前から知っています。
それは、宏美さんが出場していたスター誕生の決戦大会で、小学生だった私は、日曜日に何もすることが亡く、テレビでも見ようと思い、中京テレビをかけたところ、緑色のブラウスを着て、白いスカートをはいたプロ歌手顔負けの女の子が歌っていたのです。
上手だなあ・・・
と、思っていると、沢山のプラカードを挙げて貰っていました。
それが岩崎宏美さんだったのです。
伸びやかな歌声、透き通るようなこえ、全部好きになりました。
Posted by 藤原千佐子 at 2006年09月17日 10:40
はじめまして〜
ご訪問頂きありがとうございました!アーティストの幅広さに驚きました。
岩崎宏美さんのファン交流の場として、地道に細々とやっております。何卒よろしくお願いします。
「私・的・空・間」@ミルミル
Posted by ミルミル at 2006年09月17日 14:05
藤原千佐子様、ミルミル様

私の不躾な書き込みにもかかわらず、丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。

当方のアンケート投票は、岩崎宏美さんのファンの方には、物足りない選曲かもしれませんが、もしまだ投票されていないようでしたら、お時間のあるときにでも投票していただけたら光栄に存じます。
Posted by frugal gambler at 2006年09月17日 22:14
初めまして。アンケート参加させていただきました。
本当は、「月光」「Back Togather Again」「Sticky Situation」が上位3曲なんですが、ちょっとマニアックすぎるようです(汗)。でも、生歌の方がもっと感動できますんで、ぜひコンサートにトライしてください。
良美さんはタッチも入っている「MYこれ!クション岩崎良美」が比較的入手しやすいと思いますんで、こちらもお薦めです。「Vacance」は大好きです。
Posted by ギムリン at 2006年09月24日 15:50
ギムリンさん

私は、岩崎宏美さんに関しては、学生時代それなりに好きな歌手で、中野サンプラザのコンサートにも行きましたし、LPも3〜4枚は持っているのですが、それ以上のファンというわけではないので、代表的な曲を大方知っているというくらいです。最近よく車の中で、「決心」「檸檬」「25時の愛の歌」「夜のてのひら」あたりを聴いています。岩崎良美さんも、今後心がけておきたいと思っています。

コメントとアンケート投票をありがとうございました。
Posted by frugal gambler at 2006年09月25日 02:26
ご無沙汰しております。
ご存知かと思いますが、岩崎宏美さんビクター時代のアルバムが紙ジャケット復刻されます。第1段の5枚は2/21,2/28発売です。
詳しくは宏美さんの公式HPかビクターの公式サイトまで。
ボーナストラック満載のため、順調に行けば、結果的にB面コンプリートになる希望が出てきました。
Posted by ギムリン at 2007年02月13日 01:58
ギムリンさん

こちらこそ、ご無沙汰しております。コメントをありがとうございます。また、情報をありがとうございます。

ビクターのサイトで見てみました。私の知らない曲オンパレードで、浅いファンにすぎないことを思い知りました(笑)。

今では、すぐに購入行動に出るほどのファンでもないので、これから心がけておきたいと思っています。またいずれ、感想などお聞かせいただければ幸いです。
Posted by frugal gambler at 2007年02月15日 02:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フランスの人気実力派歌手ナターシャ・サン=ピエ
Excerpt: ■今フランスでナターシャ・サン=ピエという女性歌手が人気らしい。たまたま愛用のm
Weblog: 愛と苦悩の日記
Tracked: 2006-02-05 15:44

◇ 火曜サスペンス劇場 ??主題歌集DX その1??
Excerpt: 何故これを持っているかというと 火曜サスペンス劇場 ??主題歌集DX??  1.火曜サスペンス劇場 フラッシュバックテーマ  2.聖母たちのララバイ (岩崎宏美)  3.家路 (岩崎宏..
Weblog: ♪ 音楽回顧録 ♪
Tracked: 2006-02-06 12:23

Today's Tune on January 9
Excerpt: 岩崎宏美 「二十才前」 成人式とゆうコトで…。 二十才の階段を昇れば、もう戻れ
Weblog: めぃすた。の塔
Tracked: 2006-02-06 23:37

コンピレーションで名曲発掘
Excerpt: 「コンピレーションのありようを問う衝撃の問題作」といった趣きの作品が2005年10月に発売されることになりました。
Weblog: TEAROOM☆NAOKO -ANNEX-
Tracked: 2006-02-27 22:11
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。