2014年11月29日

第4期リコー杯女流王座戦五番勝負は、加藤桃子が3−0で勝ち、王座に

第4期リコー杯女流王座戦五番勝負は、加藤桃子が3−0で西山朋佳に勝利し、体調不良のため休場の里見香奈に代わって王座に就きました。

現在のタイトル保持者勢力図は次のとおり

王位 甲斐智美
倉敷藤花 甲斐智美
女王 加藤桃子
王座 加藤桃子
名人 里見香奈
王将 香川愛生

posted by frugal gambler at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)

2014/11/28(金)
番組開場 09:30 対局開始 10:00 終局予定 13:00
対局会場/ニコファーレ(本イベントは一般観覧を募集いたしません。ニコニコ生放送でお楽しみください。)
持ち時間25分、1手につき10秒追加

羽生さん、カスパロフと対局できるなんて一生の思い出になりますね。

ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局) 案内サイト

posted by frugal gambler at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓

2014/12/31(水)10:00〜 東京将棋会館/ニコニコ動画

森下ルールで戦う。
持ち時間3時間(チェスクロック方式)、秒読み10分。継盤使用可。

これは、結構面白そうだ。

電王戦リベンジマッチ案内サイト

posted by frugal gambler at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電王戦×TOYOTA リアル車将棋 (当方興味なし)

2015/2/8(日) 10:00〜 西武ドーム(一般公開なし/ニコニコ動画で)
羽生善治 対 豊島将之

天童の「人間将棋」ならぬ「車将棋」(将棋の駒の代わりに本物のトヨタの車が動く)。つまらなそー。

リアル車将棋/案内サイト

posted by frugal gambler at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋電王戦ファイナル

第1局 2015/3/14(土) 斎藤慎太郎(先) 対 Apery(後)
第2局 2015/3/21(土) 永瀬拓矢(後) 対 Selene(先)
第3局 2015/3/28(土) 稲葉陽(先) 対 やねうら王(後)
第4局 2015/4/04(土) 村山慈明(後) 対 ponanza(先)
第5局 2015/4/11(土) 阿久津主税(先) 対 AWAKE(後)

番組開場9:00、対局開始9:30

今回、先手後手を決める振り駒を行なったのは、何と元チェス世界チャンピオンのカスパロフでした。

電王戦ファイナル案内サイト

posted by frugal gambler at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

スバルはあかん、タカタはOK

これまでの記事

「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ リコール  国土交通省

さて、先日記事に書いたように、当方、国土交通省に通報し、スバルからコールバックするようにお願いしておいた。でも、ちっともスバルからの電話が無いので、当方、国交省にまた電話してみると、先日の担当者が出て、「その日のうちにスバルに連絡して貴方の電話番号も教えましたよ」とのこと。

スバルは、国交省から指導されても、ダンマリを決め込んで、顧客を無視し続けている。すなわち、スバルは、顧客も国交省さえも軽視している、とんでもない会社である事が明らかとなった。

一般社団法人自動車公正取引協議会の消費者相談室というところに相談してみると、いろいろ親切に話を聞いてくれた上、「タカタに訊いてみたら?!」と提案してくれた。それで、タカタに電話して、当方の車の型式を言ったら、調べた後コールバックしてくれた。その結果、当方の車にはタカタのエアバッグは搭載されていないことがわかった。

まさか渦中のタカタが、これほど応対も丁寧で親切だとは思わなかった。こんなことなら、最初からタカタに電話すればよかった。スバルに比べたらタカタのほうが余程マトモな会社である。スバルの車は気に入っているが、会社は沈む夕日の如き末期症状を呈している。スバルは、さっさとトヨタに吸収されたほうがよい。そのほうが、スバルの社員も含めてみんなのためである。

posted by frugal gambler at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ リコール  国土交通省 

テレビ朝日の夕方のニュース「ANNスーパーJチャンネル」(テレビ朝日アナウンサー渡辺宜嗣・ジャーナリスト大谷昭宏)で、「自分の車のエアバックの製造メーカーを、車のメーカーや販売店に訊けば教えてくれる」みたいなことを言っていたけど、スバル(富士重工業)は、お客様センターと30分くらい電話で話したけど、会社の方針として教えてくれないよ。そして、教えない理由も言わないよ。国土交通省に通報しといた。

スバルの担当者へ(最終的には、当然、社長の責任だけどね)
10年来のユーザーの当方さん、大分お怒りだよ。国土交通省の人からそちらに電話があると思うけど、国土交通省の人に当方の電話番号を教えてスバルからコールバックするように伝えてくれるよう言っといたから、今更ながらだけど、ちゃんと筋を通して詫びれば許してくれるかもしれないよ。それとも、将来的に筆頭株主のトヨタに吸収されるから、どうでもいいってか? それなら、好きにしたまえ。当方も、次回はトヨタかポルシェを買うわ! 君んとこのエアバッグで死んでなければだけどね。

詳しくは、コチラ

posted by frugal gambler at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝

腐っても鯛、枯れても華のある横峯さくらがエリエールレディスオープンで今期初優勝いたしました。ちなみに、賞金上位25位までで行なわれる最終戦には出場せず、来期アメリカツアーの資格を得るためにアメリカに渡ってQTを受けるとのこと。

10年ほど前に、藍ちゃんが迷うことなく予定通りアメリカツアーに参加したのに対し、さくらちゃんは日本に残り、日本で一時代を築いた感もあるので、若手の台頭著しい昨今、逆に今からアメリカに渡ってプレーするというのは、さくらちゃんとしては賢い選択だと思います。結婚もしたし、年も取ったので、大勢いるファンから徐々にフェードアウトしていくにも丁度いい選択かもしれません。それでいて、ダメ元でアメリカツアーの優勝を狙うことだってできるわけだから、ゴルフ人生の余生の過ごし方としては、気楽に行けていいのではないでしょうか。

なお、アンちゃんことアン・ソンジュが最終戦を待たずして3度目の賞金女王に輝きました。同じ韓国のコケティッシュBombことイ・ボミと猿知恵こと申ジエは、終盤でやや失速してしまいました。ちなみに、今大会で2位タイに入った昨年から頭角を現わしている台湾のテレサ・ルーは、賞金ランキングの4位に入ってきました。昨年同様、ステディーなゴルフからの終盤の追い上げが素晴らしいです。

ちなみに、今大会では、当方注目の堀琴音が、ベストルーキー賞(プロ2年以内で未勝利の最高順位者)を取ったとのこと。来期の活躍が期待されます。

posted by frugal gambler at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第22期大山名人杯倉敷藤花戦3番勝負 甲斐智美が2−1でタイトル防衛

第22期大山名人杯倉敷藤花戦3番勝負は、甲斐智美倉敷藤花が2−1で姐さんこと山田久美を退け、タイトルを防衛いたしました。

現在のタイトル保持者勢力図は次のとおり

名人 里見香奈
王座 里見香奈 (体調不良のため休場、加藤桃子対西山朋佳の勝者が次期王座となる)
王位 甲斐智美
倉敷藤花 甲斐智美
王将 香川愛生
女王 加藤桃子

posted by frugal gambler at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました

本日も、第1講についで、レジュメが用意されていました。A3用紙3枚の裏表にそれぞれ6分割で、当日行なわれる講義のプロジェクターに映し出される図表・画像などがカラー印刷されており、講義中は、6分割されたそれぞれのコマに、該当する講義内容をメモできるし、帰宅後も復習に役立つようになっています。

また、レジュメとは別に、週刊エコノミストに「サイエンス最前線」として連載された加納先生の記事をコピーしたものも、参考として配布されました(A3用紙1枚裏表モノクロ印刷)。また、「幹細胞研究 やってみよう!」と称された生徒用と思われる教材(A3用紙6枚裏表カラー印刷)も参考として配布されました。

前回同様、大変親切です。さすが、加納圭先生は、平成26年度文部科学大臣表彰(科学技術賞・理解増進部門)を受けておられるだけのことはあります。

推薦機関/京都大学 
業績名/幹細胞研究体験を通した幹細胞知識と科学の考え方の普及啓発

<参考>
滋賀大学ホームページ
高校生新聞

さて、前回のゲノムの話に引き続き、今回はiPS細胞の話でした。簡単にまとめておきます。

01 人間は、約60兆個・210種類の細胞から出来ている。
02 210種類の細胞は、ゲノム内の2〜3万からなる遺伝子が決めている。
03 遺伝子1個1個のon/offの組み合わせは膨大であることからすると、210種類は大変少ない。
04 山中伸弥先生は、3万の遺伝子から最終的にiPS細胞に必要な4つの遺伝子まで絞り込んだ。
05 受精卵から2週間くらいで、三胚葉(内胚葉・中胚葉・外胚葉)になり、幹細胞になり分裂・分化して210種類の細胞ができあがる。
06 神経幹細胞や造血幹細胞などの成体幹細胞は、限られた細胞にしか分化しない。
07 ES細胞やiPS細胞のような多能性幹細胞は、体のあらゆる細胞に分化できる。
08 いわば天然物のES細胞は、受精卵が5〜6日で胚盤胞となり、その中にある内部細胞塊から作られる。
09 ES細胞は、天然物ゆえに倫理的な問題が多くなる。
10 天然物に対して人工的と言えるiPS細胞は、皮膚の体細胞に4つの遺伝子を入れて作られる。
11 iPS細胞は、皮膚から作られるため、倫理的な問題が少なくなる。
12 また、iPS細胞は自分の皮膚から作られるため、免疫拒絶がないという大きな利点がある。
13 各種細胞の顕微鏡写真を見せてくれた。(繊維芽細胞、神経細胞、肝細胞、心筋細胞、iPS細胞)
14 iPS細胞は、現状マウスの胎児の皮膚細胞(餌やり細胞)から栄養を補給されて作られている。
15 iPS細胞から210種類の細胞を作るのは容易ではなく、秘伝・ノウハウ・特許など研究者固有の職人的な、いわばレシピが存在する。神経細胞などは、スタップ細胞関連で自殺された笹井さんが最初に作った。笹井さんは、レシピ開発のスペシャリストでもあった。国家的損失とも言われる。
16 iPS細胞から本当に210種類の細胞が出来るかどうかの実証は難しい。
17 再生医療は、特にES細胞においては、アメリカが大きく進んでいる。
18 日本は、特許があることもあり主にiPS細胞で後追い・巻き返しを図っている。
19 創薬の分野では、患者からiPS細胞を作ることができるので、実験が容易になり、iPS細胞が極めて有利。
20 最後に、倫理の問題提起の幾つかに軽く触れて、本日の講義の締めくくりとされた。

ちなみに、図書館で借りてきた「こんなにわかってきたゲノムの世界」(油谷幸代著)を全体の約3分の2(227ページまで、即ち「iPS細胞とES細胞」のところまで)前日に読んでおいたので、今回の講義も、より理解がしやすかったと思われます。頑張って予習しておいて良かったです。

あと、今回の講座の参加者は15名程度でしたが、講義が終わった後もほとんどの人が席を立たず、次々と質問していて、講座後30分経ってもほとんどの人が離席しませんでした(当方は、介護老人がデイサービスから帰ってくるので帰宅して出迎えなければならず、講座後30分で退室しました)。今回の参加者は、当方より少し年輩の人がほとんどでしたが熱心な学習者たちでした。年を取ると、みんな頭のキレは悪くなるけれど、勉学への姿勢は向上し、やる気のない若い学生よりは余程、学習成果が上がるだろうなという感想を持ちました。

posted by frugal gambler at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 学問・放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理

当方、スバルの車に11年ほど乗っている。中古購入とは言え、かなり時間を掛けて選んだだけあって、いろいろな面で大変気に入っている。

最近、米国でのタカタのエアバッグ事故を耳にして、当方の車のエアバッグの製造メーカーを教えてほしいとスバルに問い合わせると、会社の方針で教えられないとのこと。どうして教えられないかも言えないとのこと。

海外とは言え、タカタのエアバッグの不具合で数人が死亡しており、同じくタカタのエアバックを使用している日本の自動車メーカー各社も続々とリコール情報を出しており、富士重工業もご多分に漏れずリコール対象車を発表している。

当方の車は、その発表には該当していないが、今後の調査でリコールされるかもしれない。だから、わざわざ、こちらから電話してエアバッグのメーカーを教えてほしいと言っているのに、教えられない、理由も言えない、というのは、どう考えてもおかしい。

もし当方の車がタカタ製のエアバックを搭載していて、さらなるリコールが発表される前に、当方が事故でも起こしてエアバッグが開き、部品の破片が飛び散って大怪我をしたり死んでしまったらどうしてくれるんだ、という話をしても、担当者はロボットのように同じ返答を繰り返すだけであった。

教えないし、教えない理由も言えない、というのは、顧客に対するホスピタリティーが全く無いと言わざるを得ない。顧客が死んでも知ったことか、と言っているのと同じだ。スバルもほとんどの他の企業と同じく、顧客を無視した営利主義だったという化けの皮が剥れたわけだ。そうだとしても、通常そうでないフリくらいはするものだ。

当方、国土交通省にこの件を通報した。命に関わることにもかかわらず、企業が納得のいく回答をしない以上、監督官庁に相談する以外ない。監督官庁の方は、スバルに話をしてくれるそうだが、どういう結果になるかはわからないとのこと。それでもいいから話をしていただいて、スバルから当方にフィードバックするように伝えていただくようお願いしておいた。

まあ、世の中に不条理は幾らでもあるわけで、いろいろな不条理と闘っている人々も大勢いる。今回のスバルの教えない、理由も言わないという態度は、企業倫理にあるまじき行動であると断罪しても構わないであろう。当方、「良いクレーマー」として世の不条理には慣れているので、これ以上とやかく言わないが、スバルは、顧客である当方への対応を深く反省し、菓子折りでも持参して当方に深謝しなければならない。まあ、愚か者は、勝手にすればいい。ただし、お詫びの菓子折りに毒饅頭は入れないでね。

posted by frugal gambler at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編

人生の3区分(「生活」「趣味」「ライフワーク」:ただし現在「ライフワーク」カテゴリは空集合)の中の「趣味」カテゴリに属する「放送大学」で、今後学ぶべき学問の措定中の当方であるが、「放送大学」カテゴリの中の「ごくごく限定された自然科学」に関しては、最初に学ぼうと思う学問が措定された。(あっ、そう、おめでとう)

それは、「生物学」であり、よって「物理学」は後回しにした。そして、「生物学」だけでも、けっこう時間がかかりそうなので、後回しと言っても「物理学」は一生学ばないで死んでいく可能性までをも含んだ「後回し」である。

<参考> 
人生は、次の3つから成る。「生活」「趣味」「ライフワーク」

「趣味」は、「ジャズライブや歌謡曲などの音楽鑑賞」「女子プロゴルフの観戦」「コンピュータ将棋を含む将棋観戦」「株式投資(7951 ヤマハ)」「当ブログ」「放送大学」などから成る。

「放送大学」は、「ごくごく限定された自然科学」「ごくごく限定された哲学」「ごくこぐ限定された数学」「ごくごく限定された計算機科学」から成る。


はてさて、「生物学」としては、現在、「放送大学」ではないが、中日文化センターで「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」を受講中である(全3回/残りあと2回)。前回の講座は、既に記事に書いたように(コチラ)、「ゲノム」(遺伝子群)の話だった。ちなみに、当方の「生物学」への興味は、「生物の起源」と「進化論」である(ただし下記<※註>を参照のこと)。「ゲノム」は、1.これら(「生物の起源」と「進化論」)と密接に関連していそうなのと、2.卑近で興味本位な話として「当方自身のゲノム解析」も面白そうなので視野に入れている。というわけで、「ゲノム」は、「生物学」学習の突破口として、良いのではないかと個人的に思う。

<※註>「生物の起源」と「進化論」については、それぞれ「全き事実」が究明されるまでは、どこまで行っても「解釈学」(仮説)の域を出ず、事実と思われる事柄を記述する「博物学」のほうが学問としての外連味(けれんみ)の無さにおいては勝(まさ)っているように感じるが、とは言え、当方、「博物学」には全く興味が無い(なぜそうなのかについては、自己分析できていない。もしかしたら「当方自身のゲノム解析」でわかるかもしれないよ!)。ちなみに、なぜ「外連味あり」と感じるのかと言えば、あーだこーだと仮説を立てるのは、当方の「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の美意識に反するからである。それなのに学習するのは、「学んでも学ばなくてもどちらでもいい」けれども「学んでみよう」と思ったからにすぎない。美意識には反するが、興味はあるということである。当方も、そこまで完全な整合性を有してはいない。

さて、「当方自身のゲノム解析」(約3万円で解析してもらえる)は、すぐには行なわず、もう少し「ゲノム」について学んでからにしたほうが宜しかろうと思っている。現在、図書館で2冊の本を借りている。「こんなにわかってきたゲノムの世界」と「眠れなくなる進化論の話(ダーウィン、ドーキンズから現代進化学まで全部みせます)」の2冊である。あと、図書館に無かったこともあり「Newton別冊/遺伝とゲノム(どこまでわかるのか、自分の全遺伝情報を10万円で知る時代)」を購入してある。現在、「こんなにわかってきたゲノムの世界」を4分の1ほど読んだところだ。







さて、標題の「運命論の進化(深化)」について述べる。当方の「楽天的虚無主義」「運命論的虚無主義」の記事を読んでいただければわかるかもしれないが、当方の運命論は、基本、過去に対するものである。すなわち、「起きてしまったことは、都合のいいことであろうとなかろうと、変更不可能であり、受け容れるしかない」という、極めて当たり前のことを言っているにすぎない。いわば、考え方、行き方(生き方)として言っているにすぎない。すなわち、「ライトな運命論」と言ってもいいかもしれない。一方、「ヘビーな運命論」とは、未来までも決定しているとするものである。当方は、未来は自由である(如何様にも変更可能)と考える立場だが、例えば「死ぬ」ことについては、未来のことといえども(大方?100%?)決定していることである。

「人間は死ぬ」
「当方は人間である」

・・・が真ならば、

「当方は死ぬ」

も真であるとされる。

ただし、それら(死など)を除けば、未来で決定されていることは、ごくごく限られている、と見ることができよう。しかしながら、今後ゲノム解析の精度が上がれば、未来に起こることの多くを前もって知ることができるかもしれない(例えば、「乳がんになる確率が80%」など)。すなわち、当方の主に過去に対する「ライトな運命論」から、未来に対する「ヘビーな運命論」への第一歩となるわけである。

それを嫌う人は、「ゲノム解析」など受けたくない、恐い、と言うだろう。だが、当方は、「ゲノム解析」をやってみたいと思っている。それは、その人その人のそれこそ「自由」である(もっとも、そのこともゲノムで決まっていたりしてね!)。いずれにせよ、「ゲノム解析」を受ければ、未来に起こりえる事どもの幾ばくかは確率的ではあるが予言されることになるかもしれない。それ以外にも、身体的特徴や性格なども解析されつつあるようだ。このような統計的処理をどこまで信じるかはその人次第だが、当方などは、それを知って参考にするのも面白いと感じるタイプだ。

次に、「学習カテゴリのちょっとした再編」について述べる。今まで、「放送大学」カテゴリは、「ごくごく限定された自然科学」「ごくごく限定された哲学」「ごくこぐ限定された数学」「ごくごく限定された計算機科学」の4つが並列的に措定されていたが、最近、どうやら、これらは大きく2つのカテゴリに分けたほうがいいように思えてきた。

1.「ごくごく限定された自然科学」(現状「生物学」)
2.「ごくごく限定された哲学」「ごくこぐ限定された数学」「ごくごく限定された計算機科学」

そして、2.については、これら(「ごくごく限定された哲学」「ごくこぐ限定された数学」「ごくごく限定された計算機科学」)は、当方が学びたいこととして互いに踵(きびす)を接していると感じているが、明確には措定できておらず、一言でどうまとめればいいのか、現状わからない。ただ、3つをまとめる有力な候補としては、「論理学」または「論理」を挙げておきたい。3つ(「ごくごく限定された哲学」「ごくこぐ限定された数学」「ごくごく限定された計算機科学」)が、その概念(「論理学」または「論理」)に収斂されるかどうかはよくわからない。今後、もう少し、手探りで学んでいくうちに、3つをまとめる、より適当な概念(言葉)が新たにみつかるかもしれない。もちろん、「論理学」か「論理」で良かった、ということになるかもしれない。

いずれにせよ(名称はともかく)、上記1.と2.を、当方が学びたい大きな2つのカテゴリとして措定しておきたいと思う。

(「カテゴリ分けはもういいから、早く勉強やれー!」「アイアイサー!」)

posted by frugal gambler at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 学問・放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル

以前「羽生さん強し、竜王戦・決勝トーナメントで郷田さんに71手で中押し勝ち」の記事の中で、次のように申し述べました。

もし羽生さんが決勝三番勝負に勝ち、森内竜王への挑戦が決まったら、当方、竜王戦第4局の行なわれるヤマハリゾート葛城・北の丸にヤマハの株主優待割引で宿泊する予定です。現地大盤解説会があればなお嬉しいですが、無くてもニコニコ動画などで情報を得ながら、同じ敷地内で息遣いを感じつつ密かに応援したいと思います。

ヤマハリゾート葛城・北の丸には、ゴルフのヤマハレディスオープン葛城を観戦しに行ったときに一度宿泊してみたかったのですが、大会運営サイドの貸切になってしまうらしく、一般の客は宿泊できないのです。今回、舞台は変わって将棋ですが、いい機会になりました。もし、糸谷さんの挑戦になったとしても、せっかくの機会なので、この際、たぶん行くと思います。

ヤマハリゾート葛城・北の丸
ヤマハリゾートつま恋


そして、ヤマハリゾート葛城・北の丸に予約をしてありましたが、キャンセルいたしました。理由は、どうでもいい(どんな理由でもいい)のですが、あえて書くとすれば次のようになります。

1.行く日が、中日文化センターの「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」の講座の日と重なってしまっていて、車を飛ばしてヤマハリゾート葛城・北の丸に着くのは夕方遅くになってしまい、せっかくの庭の景色を鑑賞する時間がないのと、朝からやっている100名定員の大盤解説会にも参加できないかもしれないこと。

2.糸谷さんが3連勝していれば、ヤマハリゾート葛城・北の丸で行なわれる第4局が糸谷さんの竜王位奪取の掛かった一戦となったが、第3局で糸谷さんがやや優勢と思われる将棋で終盤あっけなく負けてしまい、糸谷さんの2勝1敗となったので、第4局ではまだ決着がつかないことになり、少しつまらなくなったこと。

3.そもそも論になってしまうが、ヤマハリゾート葛城・北の丸は高級宿なので、株主優待を使ってもそれなりに宿泊料金が高く、また対局風景を直接観戦できるわけでもなく、戦っている棋士と同じ宿に泊まっているというにすぎないので、そもそもが酔狂な計画であり、家でニコニコ動画で解説を聞きながら観戦しているほうが現実的だということ。

以上のような理由により、キャンセルいたしました。

「君は、最近、キャンセルすることがやたら目立つが、そんなにキャンセルばかりしていて自己嫌悪を感じないのかい?」と問われれば、「最近は、老化のせいか、取り立てて損をしない限り無理をしないことをモットーとしていて、(どうでもいいにしても)それなりの理由さえあれば、キャンセルすることは何らやぶさかではない、と考えているんだよ」と答えます。すなわち、アルパカのような「前のめり」を戒め、鈍牛よろしく「後ろ倒し」を良しとする方針を遵守するものであります。

30年以上前ですが、当方が、住友生命の特別研修生として調布の研修センターで3ヶ月缶詰の研修を受けていたとき、同じ班に藤山さんという少し年齢的に上の同僚が居て、彼は何事においても実に要領が良く、ズルイほどに上手く立ち回っていたので、それを見透かしていた当方は、その要領が良すぎることをネタにして、気の合う彼と仲良くしていた時期があったのを思い出しました。

30年の月日を経て、最近、当方も、彼のように要領よく、自分に都合よく、それでいて全く悪びれることなく、立ち回れるようになってきたのかもしれません。キャンセルもまた宜しかろう、と。

posted by frugal gambler at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回復しつつあるようだ

先日、コチラの記事で体調が悪い旨、お伝えいたしました。心配しているフリをしてくださっている方がいらっしゃるといけないので、現在回復しつつあることをお伝えしておきます(誰も面と向かって「心配してなかった」とは言えない)。

十年くらい前は、ずっと原因不明の体調の悪さが断続的に続いていた時期がありました。最近は、大体元気ですが、たまーに今回のように体調が悪くなり、症状は軽いものの以前の症状に似ているので、下手をすると以前なら1週間から1ヶ月くらい続くこともあったので要注意です。

参考文献:アレルゲンを探せ! まずはカビのお掃除。

軽い病気や怪我は、大方常備薬で治ります(常備薬が無くても大方自然治癒するのでしょうが、多少は助けになっているかもしれませんしなっていないかもしれません。それは永久に証明できません。・・・と言うか、この世の全ての事象は証明できません。それを称して「あるがまま」と呼びます)。ちなみに、当方が時々、気休めに飲んだり塗ったりしている常備薬をご紹介しておきましょう。

飲み薬
正露丸(大幸薬品)
パブロンS微粒(大正製薬)
プロポリス液(ファンケル)→これは健康食品だが薬相当と考えている

塗り薬
オロナインH軟膏(大塚製薬)
メンターム(近江兄弟社)

ちなみに、15年以上前になりますか、職人気質でいつも凛とした態度のチェスの友人のひとりが、同じチェス仲間の人が怪我をして、ちょっと大袈裟に痛がっていると、「そんなもん、オロナイン塗っときゃ治るわー!」と外連味なく言い放ったのを今も記憶しております。

posted by frugal gambler at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

体調優れず、キャンセル

中日文化センターの「人間は特別な存在か?地球外知的生命探査からのアプローチ」の2回目の講座は、このところ特に朝起きたときに体調が優れなかったため(数年前の症状の再来か?)、前日にキャンセルしました。合わせて3回目もキャンセルとなりますが、受講費は、残っている講座2回分に対して8割戻ってきます(良心的)。ちなみに、この講座は、いま最も興味のある分野というわけでもないので、結果的には、学習生活全体のバランスとして良かったかもしれません。

講師の著書「宇宙人の探し方」は、最初の4分の1はちゃんと読みましたが、残りはざっくり斜め読みしていました。今回講座をキャンセルしたこともあり、今すぐきちんと読まなければならないというわけでもなくなったので、今後空いた時間にでも、ボチボチ読んでいこうと思っています。



posted by frugal gambler at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 学問・放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

岡崎ジャズストリート2014 には、行きませんでした

岡崎ジャズストリート2014 には、行く予定はしていたんですが、とどのつまりは行きませんでした。

2日とも雨降りで傘を差しての会場移動が億劫なこと、前売り券も買ってなかったこと、そして将棋電王トーナメントと重なってしまったこともあって、自宅でニコニコ動画にて将棋電王トーナメントを観戦していました。

岡崎ジャズストリートも、女子ゴルフの観戦とともに、ややマンネリ化してきていますが、かと言って止めてしまうのも何なので、年に一度の行事ですし、幾つかのジャズライブ参加のうちの一つとして、来年以降もしばらくは参加していく予定です。

ジャズライブのリポートを期待していた方がいらっしゃったとすれば、申し訳ありませんでした。

posted by frugal gambler at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

老人は老人らしく、でも・・・

「忙しい、忙しい」と言いつつ喜んで忙しがっている人々が多い日本社会だと常々思っております。当方、暇人と思われているかもしれませんが、そういう一面もある半面、けっこう忙しいと感じる部分もあります。忙しいと感じると、老化した現在の当方の場合、喜びを感じることはあまりなく、ストレスとなります。

誰しもそうかもしれませんが、当方の場合、これまで常に、何らかの興味のある事象で時間を埋めてきた経緯があり、退屈を感じ始めると仕事を変えたり趣味を変えたり、いろいろしてきました。仕事を転々として40歳を過ぎた頃が最高潮に達した時期で、究極の仕事と言えるかどうかわかりませんが、ギャンブル=仕事の時期がありました。この頃の経緯は、コチラの記事群を読んでいただければアウトラインをご理解いただけるでしょう。

ちなみに、そのうちに、当方の自叙伝を書くかもしれませんので、酔狂を厭わない方はお読みください。書くも酔狂、読むも酔狂、同じ酔狂なら書かなきゃ損々、とばかりに書きますので、よろしければお読みください。読むだけ損々かもしれませんが。書くだけ、また忙しくなりストレスを感じるかもしれませんが。・・・やっぱ、書かないかもしれません。(おちょくっとんのか!)

「君は、終始、自分のことばかり話しているじゃないか。もっと他人に興味を持ったらどうなのか?」とおっしゃるのでしょうか?(あべ静江)。申し訳ございません。皆さん以上に、他人にはあんまり興味がないもので。知ってて訊くは礼儀なり、皆さん同様、当方も少しは他人に興味があるフリはいたしますけれども。

開始7分05秒後あたり「突然の愛」


はてさて、若い頃は、忙しいくらいがちょうど良かったのかもしれませんし、実際忙しくても忙しいと意識することなく過ごしているのだと思いますが、いろいろ老化してくると、意欲の割りに頭も体も動かなくなるというのが事実のようで、「まだまだ元気よ!」と空元気で頑張ろうとするのが一般的なようですし、それゆえに頑張れるのかもしれませんが、老化しているのが事実なら、「そう無理しないほうがいいよ!」というのも良い判断かと思います。まあ、どちらでもいいんですが、それを言っちゃあおしまいなので、中を取って、老け込まない程度に、ほどほどに空元気も出していきます。

当方、ストレスに敏感と言えば聞こえはいいんですが、ストレスに弱いんだと思います。そのために、少しでもストレスを感じると変化を求めます。よって、決して鈍牛たりえない。アルパカのように前のめりになってしまいます。人間は無いものを求めるものでございます(鶴田浩二)。鈍牛を標榜する所以です。

参考文献:アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)

開始10秒後あたり


さて、老化してくると、一点集中から多点集中(方中)へと徐々に移行してくるようです。一点豪華主義から多点貧弱主義(この二つの言葉は、大学時代に新潟高校出身の奥村君という後輩から教わった)への移行と言ってもいいかもしれません。ひとつのことに集中できるのが若い頃、幾つかのまあまあ興味のある事どもに囲まれて良しとするのが老人。

「あんた、まだ60歳前なのに老人だの老化だのって語るのは早すぎるんじゃないの?」と言われるかもしれません。しかし、これには一つの知恵がありまして、学生時代でしたか、ある友人から教えてもらった田中孝顕さん率いるSSIという会社(現在は、主に速聴プログラムを売っている)が出していた自己啓発本に、「20歳くらい自分が年を取ったものとして現在を生きる」という考え方がありました。すなわち、30歳の人なら、「ああ、もう50歳になってしまった」と考えて生きるということです。竜宮城でのんびり楽しく生きているとあっという間にジジイになってしまうから早く真剣に生きなはれ、という考えです。ただし、58歳の当方が78歳を標榜して生きるというのは、少し行き過ぎとも思われるので、10年くらいさば読んで68歳くらいにしておくのがいいかもしれません。

はてさて、当方、幾つかの老人らしい事どもに囲まれて平穏に生きている今日この頃ですが、一方で、最近ややマンネリ化を感じることがあるのも事実です。ゼネラリストとスペシャリストなんていうアバウトな分け方が世の中にはありますが、年とともに自然に「ゼネラル」になって来たとは言え、やはり往年の「スペシャル」が頭をもたげてくる時期もあり、今がそのときでもあります。しかし、スペシャルな事を行なうには、ゼネラルな事どもをもう少し整理しないと十全には行なえないでしょう。こう思うようになったのは、たぶん、放送大学というカテゴリを追加したことが、きっかけとなっていると思われます。放送大学を追加したことにより、今それほど忙しいわけではなくても今後のことを考えると何かと忙しくなると感じるようになり、それに伴って少しストレスを感じることによって、燻(くすぶ)っていた問題点が明るみに出てきたと言えるかもしれません。

ただ、二者択一というのも難しいところがあります。「ここ数年のように、老人らしく、楽しげな事どもに囲まれて淡々と平穏に生きるのがいいんじゃないの?!(山中千尋)」という声も聞こえてきますし、「いや、それに少しでも不満を感じているなら、何らかの変革を試みるべきだ」という声もあります。若い頃なら、「楽しげな事どもに囲まれて淡々と平穏に生きる」なんてことは、そもそもできませんので変革に次ぐ変革でいいのですが、老人ともなると、今後ますます老化していくわけですから、それに逆行するように変革するのはいかがなものか、という考えにもなるわけです。「楽しげな事ども」も決して悪くないわけですし。

開始2分23秒後あたり


はてさて、どうしたものか、というところです。「あんたの言い方を借りれば、どちらでもいいんじゃないの?!」と言われることになるのでしょうが、そもそも「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」などと嘯(うそぶ)いている御仁に限って、一番「あるがまま」じゃないというのが世の通例でして、まあ、「そのことも含めて『あるがまま』なんだ」という逃げ口上はあるにせよ、一見矛盾しているのも事実です。

というわけで、「どっちでもいい」というわけにもいかないのであれば、今後しばらくは、上記問題点を程よく整序・単純化して行かなければなりません。

(「それだけ、とやかく云々しているうちは、老人じゃないよ、君は。」「私しゃ、老人だー!」)

posted by frugal gambler at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

第2回 将棋電王トーナメント 決勝トーナメント2日目

2014年11月3日(祝)
第2回 将棋電王トーナメント 決勝トーナメント2日目

決勝トーナメント 準決勝
Ponanza 対 Selene → Ponanza の勝ち
AWAKE 対 やねうら王 → AWAKE の勝ち

決勝トーナメント 決勝
Ponanza 対 AWAKE → AWAKE の勝ち

3位決定戦
やねうら王 対 Selene → やねうら王 の勝ち

5位決定戦 1回戦
さわにゃん 対 N4S → N4S の勝ち
Apery 対 習甦 → Apery の勝ち

5位決定戦 2回戦
N4S 対 Apery → Apery の勝ち

優勝 AWAKE
2位 Ponanza
3位 やねうら王
4位 Selene
5位 Apery

※以上5ソフトは、来年春、電王戦FINALにてプロ棋士5名(阿久津主税、村山慈明、稲葉陽、永瀬拓矢、斎藤慎太郎)と戦う。

posted by frugal gambler at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「樋口久子 森永レディス」で上田桃子が優勝

「樋口久子 森永レディス」で、上田桃子が表純子に大逆転で優勝いたしました。表純子が15番、16番で痛恨のボギーを打ち上田桃子と並び、18番でバーディを奪った上田桃子の優勝となりました。上田桃子は今期2勝目、賞金ランキングの10位に入ってきました。

posted by frugal gambler at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

第2回 将棋電王トーナメント 決勝トーナメント1日目

2014年11月2日(日)
第2回 将棋電王トーナメント 決勝トーナメント1日目

決勝トーナメント 1回戦

Ponanza、Selene、Apery、やねうら王はシード

さわにゃん 対 Calamity → さわにゃん の勝ち
N4S 対 ひまわり → N4S の勝ち
AWAKE 対 nozomi → AWAKE の勝ち
習甦 対 激指 → 習甦 の勝ち

決勝トーナメント 2回戦

Ponanza 対 さわにゃん → Ponanza の勝ち
Selene 対 N4S → Selene の勝ち
Apery 対 AWAKE → AWAKE の勝ち
やねうら王 対 習甦 → やねうら王 の勝ち

Ponanza、Selene、AWAKE、やねうら王は、電王戦FINAL進出決定と共に、翌日のトーナメント準決勝へ
さわにゃん、N4S、Apery、習甦 は、翌日の5位決定トーナメントへ(優勝者は、電王戦FINALに進出)

※電王戦FINAL進出5ソフトは、来年春にプロ棋士5名(阿久津主税、村山慈明、稲葉陽、永瀬拓矢、斎藤慎太郎)と戦う。

posted by frugal gambler at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

第2回 将棋電王トーナメント 予選リーグ

2014年11月1日(土)
第2回 将棋電王トーナメント 予選リーグ
予選リーグは完全スイス式で8回戦まで実施します
予選リーグ上位の12ソフトが決勝トーナメントへ進みます

予選対戦結果表
順位 ソフト名 勝敗

01 Ponanza 8勝0敗
02 Apery 5勝1敗2引分
03 やねうら王 5勝3敗
04 Selene 5勝3敗
05 N4S 4勝2敗2引分
06 習甦 5勝3敗
07 AWAKE 4勝2敗2引分
08 さわにゃん 5勝3敗
09 Calamity 4勝3敗1引分
10 nozomi 4勝3敗1引分
11 激指 4勝4敗
12 ひまわり 4勝4敗

以上が決勝トーナメントに進出

13 大合神クジラちゃん 4勝4敗
14 きのあ将棋 4勝4敗
15 彌生道 4勝4敗
16 うさぴょん改 4勝4敗
17 Labyrinthus 4勝4敗
18 カツ丼将棋 4勝4敗
19 ETCShogi81 4勝4敗
20 GA将!!!!!!!! 3勝5敗
21 メカ女子将棋 3勝5敗
22 芝浦将棋Jr. 3勝5敗
23 攻茶花電 2勝6敗
24 きふわらべ 2勝6敗
25 scherzo 2勝6敗

posted by frugal gambler at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋・チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪