2014年06月26日

アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)

何でまた、思い出したようにクラシックのコンサートになぞ行ったのか。リブラとコロネットからは定期的に音楽会の案内が来ていますが、今回のコンサートには、少しだけ目を留めていました。しかし、行こうとは思っていませんでした。ところが、ある日テレビを見ていると、所ジョージさんの番組の中で、かなりの時間を割いてアリス・紗良・オットを取り上げていました。それを見た翌日、コンサートの席を取りました。

以前バニラ・ムードという、東京芸大出身のクラシック系・女子グループを聴きに行き、記事にもしましたが、彼女たちは、クラシックを基調としつつも様々なジャンルにクロスオーバーしていっていますが、今回のコンサートは、バリバリのクラシックでした。ちなみに、コロネットの会場に来たのは、かなり久しぶりで、山中千尋ちゃんのソロピアノ・コンサート以来だと思います。

演奏者
アリス・紗良・オット(p)
フランチェスコ・トリスターノ(p)

アリスちゃんは、ドイツ人のお父さんと日本人のお母さんの間に生まれたハーフ。テレビで見たときも、クラシック奏者らしからぬ実に自由で活発でお茶目なタイプ。宣伝チラシに書いてある伊熊よし子さん(音楽ジャーナリスト)の文章でも、「アリス=紗良・オットの演奏は、迷いがない。目指す方向をまっすぐに見据え、「ひたすら前進あるのみ」という姿勢を崩さない。それが音に反映し、疾風怒濤のごとく突っ走っていく勢いを感じさせる。彼女は既成の枠にはまらない個性的なピアニスト。・・・」とのこと。

フランチェスコ君は、アリスちゃん(25歳)より8歳ほど年上で、ジュリアード音楽院出身のピアニスト。フランチェスコと聞くと、当方などは、映画「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のアッシジの聖フランチェスコがすぐに頭に浮かびます。(キリスト教のことは詳しくありませんが、聖フランチェスコの生き方は、原始キリスト教への回帰だったと思います。どんな宗教も、常にいろいろな派に分かれ俗化します。そこで原始への回帰が叫ばれることとなります。仏教における原始仏教も然りです。)また、トリスターノと聞くと、ジャズ界では同じくピアニストのレニー・トリスターノということになるのでしょうが、この人物については、興味はあれど浅学につき御芳名を挙げるにとどめたいと思います。

演奏曲
ラヴェル/トリスターノ編曲:ボレロ
ドビュッシー/ラヴェル編曲:3つのノクターン より
   T 雲
   U 祭り
ラヴェル:ラ・ヴァルス

休憩

トリスターノ:「ア・ソフト・シェル・グルーヴ」組曲 [日本初演]
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
  第1部 大地礼賛
  第2部 いけにえ

アンコール
モーツァルト:4手のためのピアノソナタ ニ長調 K381 第2楽章

アリスちゃんは、背中の開いた黒のパンタロン・ドレス、フランチェスコ君は、1曲目だけブレザーを着てきましたが、2曲目からはTシャツみたいな半袖になりました。ピアノ弾きは、腕周りがスッキリしていたほうが弾きやすいのでしょうね。

また、アリスちゃんは、楽譜をめくるのがとても速いです。ちなみに、速読の名人は、文字を読む速さよりも、本のページをめくる速さのほうが重要になってくるということを聞いたことがあります。当方は、速読に憧れつつも、とても遅読です。でも、最近は、歳のせいか、きちんと読むのが億劫になってきて、軟化した脳で、いい加減に読むようになった分、読むスピードは少し速くなったかもしれません。

あと、演奏が1曲終わって、拍手が鳴っている最中に、2人が何回も舞台から引っ込んでは出てきてお辞儀を繰り返すのは、目新しく拝見いたしました。クラシック・コンサートでは通常の流儀なのでしょうか。

演奏は、魔術的とも思えるほどテクニックの粋を尽くしたもので、人間の脳と手先の神経や筋肉との連動性に驚嘆するほかありませんでした。当方の最近の視力の低下と、後ろのほうの席だったこともあり、アリスちゃんのお顔は、よく見えませんでしたが、演奏の合間の身のこなしは演奏同様キビキビしていてキレがよく、ノリのいい性格がそのまま現れていました。ただ、クラシックは、やはり当方の好きな音楽ではないことを思い知らされました。このような音の魔術を聴いていながら、当方のメロディ細胞もリズム細胞も真に喜ぶことはありませんでした。当方には、やはり、カジュアルで気楽なジャズがいいです。

posted by frugal gambler at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク(洋楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

ヤマハの株主総会に行ってきました

今年1月くらいからヤマハの株を少し持っていて、株主総会の招待状が来ましたので、株主総会なるものを一度体験してみようと思い、行って参りました。浜松インターで降りて、ヤマハ・レディス・オープンで毎年宿泊している「ホテル玄浜松インター」のすぐ前を通り、国道152号に入り、宮竹という交差点で152号に別れを告げてしばらく進むと、電車通りという道にぶつかり、左折するとすぐ右手に社屋が見えてきます。

会社敷地内の所定の場所に車を停めて、入口で番号札と冊子をもらって会場に入ると、開始1時間くらい前だったのでまだ20人くらいの入りでしたが、始まる寸前には400人近くになっていたかと思います。始まる前は、スクリーン映像でヤマハの新商品などが紹介されていました。

総会が始まると、中田社長自らが司会進行役となり、テキパキと議事が進められました。質問タイムでは、7〜8人の方が質問しました。笑いを誘うような質問や、けっこうシビアな質問もありましたが、社長はじめ担当者が、必ずしも的確とは言えないようなアバウトな答えもあったように思いますが、とりあえず無難に答えました。そのあと幾つかの議案にみんなが拍手で安易に賛成して可決し、総会終了となりました。

その後、ミニライブがありました。

演奏者

原朋直(トランペット)

J’z Craze
佛坂咲千生(トランペット、「3」はフリューゲルホルンで)
安部一城(アコースティック・ギター)
浅井雄作(エレクトリック・ベース・ギター)

岡部比呂男(トランペット、ヤマハ役員、東大卒、「5」のみ参加)

女性のピアノ弾き1名(「3」と「5」のみ参加)

演奏曲

1.H.H blues
2.夜空のトランペット(ニニ・ロッソ)
3.アイ・リメンバー・クリフォード
4.チュニジアの夜
5.トランペット吹きの休日

ドラムやパーカッションがないと、いまいち盛り上がらないような。

行きは東名で行きましたが、帰りは下道にしました。帰りの途中、浜名バイパスから見下ろす延々と続く遠州灘の海岸線の風景に少し観光気分を味わいながら家路につきました。



おまけ


posted by frugal gambler at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区

太田雅文さんのライブに行って参りました。

行きは、将棋の棋聖戦第2局(これまた羽生対森内)をニコニコ動画(解説はA級昇級の広瀬八段、聞き手は山口恵梨子女流初段)で見ながら下道を走り、正味2時間掛かりましたが開演まで50分ほどあったので、近くのモスバーガーで野菜バーガーとホットコーヒーを飲み食いし、10分前に会場に到着しました。車は、脇の駐車場にすぐに停められたので、幸か不幸か今回はさしたる駐車場談義はございません。会場に入ると、とてもフレンドリーに出迎えてくださいました。ありがとうございます。

演奏者

太田雅文(v)
山本隆詞(g)
土田邦雄(b)
渡辺慶司(ds)

演奏曲

第一部
イースト・オブ・ザ・サン(off vocal)
ルート66
What is this thing called love
オール・オブ・ミー
アイ・ゴット・リズム
ホワット ア ワンダフル ワールド
恋人よ我に帰れ

第二部
ビューティフル・ラブ(off vocal)
京都慕情
ラブ・フォー・セイル
エビデンス
レッツ・クール・ワン

リクエスト・タイム
==========
マシュケナダ
ローハイド
アイ・キャン・ゲット・スタート(言い出しかねて)
テイク・ファイブ
オーバー・ザ・レインボー
サマータイム
==========

ラウンド・ミッドナイト
スイングしなけりゃ意味がない

ほとんど知っている曲で、楽しく過ごすことができました。特に、ラウンド・ミッドナイトは、太田さんの声質に合っていて、良かったと思います。インストルメンタルでは、ビューティフル・ラブは良かったです(テーマのいい曲は、アドリブも冴える)。楽器演奏者のお三人は、名古屋人らしく性格的にとても控えめで好印象でした。

会場の人々は、当方も含め男性陣は総じて大人しく、女性軍は総じて元気でした。最近は、往々にして、どの場面においても、そのような傾向が著しいかと存じますが、当方などから見れば、それは微笑ましく歓迎すべきことのように感じます。元気な女性の皆さん、ありがとうございます。

太田さんとは、休憩中に、主に2つのことを話しました。1つは、太田さんが最近ニューヨークに行き、そのとき寺久保エレナちゃんのライブを聴いたとのこと。太田さんの寺久保エレナ論は、当方のそれと同様で、わが意を得たりの感ぞしきりでありました。太田さんのニューヨーク旅行記は、近々「ジャズ批評」に載るとのことです。もう1つは、当方が「レッツ・クール・ワン」の意味を少し執拗に訊き、果ては「レッツの後には動詞が来るはずなのに名詞が来ている」と難癖をつけ、太田さんは「あまりキチンとした意味は無く、例えば、レッツ フォーリン ラブのように使ったりする」と教えてくださいました。これにまつわり、「太田」つながりで帰りの車の中で思い出したこと。ずっと以前、太田裕美さんの「太陽がいっぱい」という曲の♪頬をつねってみる 痛いような幸せ♪というくだりの「痛いような幸せ」という形容詞の後に「ような」を付けるのは少し変だ、「痛いほどの幸せ」ならわかるけど、と言って、白須賀夕樹ちゃんから「それじゃあ歌にならない」とお叱りを受けて嬉しく思ったことを思い出しました。(「君はマゾか!?」)。

帰り掛けに、「道中を彩る12枚のCD」の「マイベスト(1)」と「マイベスト(2)」のコピーCDを、ありがた迷惑にも、太田さんに差し上げてしまいました。まあ、暇なときにでもお聴きください。もっとも、当方が集めたというだけで、他人の演奏と太田さんの歌も入っているわけですから、「ありがた迷惑」とか「暇なときにでも」と謙(へりくだ)ったつもりが失礼になってしまうという、よくありがちな構造になっていますが。

まあ、そんなCDを車の中で聴ながら家路に着きました。

(1枚目)マイ・ベスト(1) 78m20s
☆SAUDADE E CARINHO/山中千尋
☆SO LONG/山中千尋
◎TAKE ME IN YOUR ARMS/山中千尋
☆B・ラッシュ/大西順子
☆Karys Trance/纐纈歩美
☆I've never been in love before/纐纈歩美
◎ダイヴァーシティ/纐纈歩美
◎ビーウィッチド/ 纐纈歩美
☆hoyden/矢野沙織
◎砂とスカート(歌あり)/矢野沙織
◎Let's cool one/太田雅文
◎キャルフール・デ・エスプリ/大江昭一

(2枚目)マイ・ベスト(2) 45m19s
☆Touch you tonight/八神純子
☆デジャヴ/八神純子
☆キサラ恋人/石川セリ
◎Boy/石川セリ
☆さよならは突然に/ザ・ピーナッツ
◎恋のオフェリア/ザ・ピーナッツ
◎昨日のおんな/いしだあゆみ
◎恋は初恋/いしだあゆみ
◎青いリンゴ/野口五郎
☆途はひとつ/黛ジュン
◎ときめき/麻丘めぐみ
◎恋のエンジェルベイビー/弘田三枝子
☆ハングリー・スパイダー/槙原敬之

このラインナップの掲載は、もういいってか!?

おまけ


posted by frugal gambler at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 太田”AHAHA”雅文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

堤智恵子ライブ @Swing (新栄)

先月行ったばかりの堤智恵子さんのライブにまた行って参りました。今回は、森丘裕希さんも来るし、先日、当方との会話の中で、堤さんが仙道さおりさんを推していたので、一度聴いておこうと。

前回はスターアイズさんだったので、国道一号から環状線(前浜通)で右折して、小学生時代の同級生で小学生離れした超美人の浅井敬子ちゃんの実家のすぐそばを通りましたが、今回は新栄(しんさかえ)のスイングとのことで、前浜通で右折せずにそのまま国道一号を進みました。

ちなみに、行き帰りにカーステレオで聴いたのは、

(1枚目)マイ・ベスト(1) 78m20s
☆SAUDADE E CARINHO/山中千尋
☆SO LONG/山中千尋
◎TAKE ME IN YOUR ARMS/山中千尋
☆B・ラッシュ/大西順子(今回、新たに仲間入り)
☆Karys Trance/纐纈歩美
☆I've never been in love before/纐纈歩美
◎ダイヴァーシティ/纐纈歩美
◎ビーウィッチド/ 纐纈歩美
☆hoyden/矢野沙織
◎砂とスカート(歌あり)/矢野沙織
◎Let's cool one/太田雅文
◎キャルフール・デ・エスプリ/大江昭一

(2枚目)マイ・ベスト(2) 45m19s
☆Touch you tonight/八神純子
☆デジャヴ/八神純子
☆キサラ恋人/石川セリ
◎Boy/石川セリ
☆さよならは突然に/ザ・ピーナッツ
◎恋のオフェリア/ザ・ピーナッツ
◎昨日のおんな/いしだあゆみ
◎恋は初恋/いしだあゆみ(後半、冗長で退屈な部分があるので、近々外す予定)→やはり残すかも。
◎青いリンゴ/野口五郎
☆途はひとつ/黛ジュン
◎ときめき/麻丘めぐみ
◎恋のエンジェルベイビー/弘田三枝子
☆ハングリー・スパイダー/槙原敬之

いつもの駐車場談義を少しいたしましょう。スイング所有の駐車場はないとのことで、近くの駐車場に停めようかと思っていましたが、スイングのホームページの案内地図で土日は路上駐車OKの場所が比較的近くにあるようだったので、「ああ、このあたりかな」と思って車を停めました。

ところが、最近名古屋界隈にはあまり来ていないこともあり土地勘が薄れており、かなり手前(鶴舞ツルマイあたり)に停めてしまい、歩き始めてみると、なかなかスイングのある広小路通(ひろこうじどおり)まで着かず、途中道を間違えたこともあり、徒歩40分もかかって、開演ぎりぎりに汗だくで入場しました。このことが、塞翁が馬と申しますか、後から思うと幸運をもたらしてくれたと言えましょう。その件は、あとで話します。

クラブ内は、大方満席になっていて(45人くらいの入りか)、店員さんから「カウンターでもいいですか」と問われたので、「いいですよ」と答え、案内された席に座りました。女性のバーテンダーに「今日、ここ初めてなんだけど、車を手前に停めすぎちゃって40分も歩いちゃったよ」と汗を拭き拭き話すと、左隣のオッサンが、「それは、前に停めすぎだよ」と合いの手を入れたので、「セコイことを考えて結局損しちゃった」と言うと、「人生そのものだ。みんな子供で、大人になって気づいたときにはもう命が無い」と言ったので「人生の縮図ですね」と答えました。

常連さんみたいな雰囲気だったので、「いつも来ておられるんですか」と問うと「週5回来てる」とのこと。その後、しばらく話をしていると、ライブが開演となりました。その超常連のオッサンは、途中酔いが回ったのか眠たかったのかテーブルに頭をぶつけていました。「大丈夫ですか」と言うと酔っ払い然とした苦笑いをしていました。

また、右隣のオッサンとは、中休みのときに話しました。大阪から来たとのことで、名古屋なら比較的近いということで、堤さんを聴きに来たとのこと。最近、2年くらいサックスをヤマハの教室で学んで、時々演奏会で演奏しているとのことでした。たしか背中に「愛」と大きく書かれたTシャツを着ておられました。

演奏者

堤智恵子(sax)
仙道さおり(per)
八尋洋一(b)ベースギター
森丘ヒロキ(p)

演奏曲

第一部
ルパン3世のテーマ
魅せられて
コーヒールンバ
パープルタウン
ティアフルレイン
パーナネイラ

第二部
Aターミナル
オール・ザ・シングズ・ユー・アー
まちぶせ
恋におちて
ひまわり
カリビアン・イブニング・ウインド

アンコール 
マシュケナダ

演奏者は4人とも素晴らしく、役者が揃った感じでした。先月の堤さんは、那王美ちゃんの応援だったこともあり、エネルギー全開とまではいっていない風でしたが、今回は全体として「堤智恵子パッケージ」を聴かせてもらった感じでした。YouTubeで聴いた曲が多かったですが、とりあえず1回はこの「堤智恵子パッケージ」を聴く価値があります。ちなみに、ジャズのスタンダード曲であるオール・ザ・シングズ・ユー・アーは、中休み中にお客さんからのリクエストで急遽演奏したとのこと。たしかに、やや歌謡曲などの比重が大きいかも。演奏は、どれも素晴らしいけれど、当方的には、第一部では、コーヒールンバ、パーナネイラが良かったかな(「魅せられて」と「パープルタウン」はメロディ的・選曲的にちょっと?)。第二部とアンコールは全て良かった(ただ「恋におちて」だけはメロディ的・選曲的にちょっと?)。

森丘裕希さんの演奏は、生(なま)では初めてでしたが、予想通り良かったです。二村希一さんとは違う魅力ですが、当方どちらも好きです。森丘裕希さんの陶酔型・恍惚型の演奏パフォーマンスも生で見ることができました。仙道さおりさんのパーカッションは、よく知らなかったこともあり、それほど期待していなかったのですが、期待をはるかに超えて良かったです。お顔立ちは、戸川純を少し明るくした感じだし、まさにその路線ですが、クールな演奏であると同時に、とても可愛いです(まあ、少し前にネットで調べた限りでは子持ちのお母さんのようですが)。マイクを渡され、開口一番、アニメの可愛い女の子風の声色で、度肝を抜いてくれました。この声色で最後まで通したら、こういうしゃべりの人だと勘違いしかねませんでしたが、途中で平常のしゃべり声に戻してくれたので、ホッと一安心した次第です。翌日は、豊橋で俵山さんたちとライブだそうです。仙道さんとは、帰り掛けに少しだけお話ししました。八尋洋一さんも初めてでしたが、熟練のベースギターを終始披露して盛り上げてくれました。堤智恵子さんのカーブド・ソプラノ・サックスは、天下一品だと思います。

さて、本日、車を遠くに停めすぎて40分も歩いて開演ぎりぎりになり、そのためカウンターに案内されたことが、当方に大いなる幸運をもたらしました。それは、前出の女性バーテンダーさんが、よくよく見ると、いや初めから、北川景子風の奮いつきたくなるような美人さんで、アイスピックで氷を削ってばかりいたので、手を怪我しないかと心配したほどでした。帰り掛けのレジも、この人がやっていて、にっこり笑って「また、お越しください」だって。(そりゃあ、そう言うだろうよ)。こんな感じのいい美人を見た日には、誰だってまた行きたくなるってもの。左隣にいた週に5日も通っている常連さんだって、彼女の目の前のカウンターが彼の指定席なんだから、(うがった見方をすれば)彼女目当てかもしれないよ。まあ、昔からの常連さんみたいだから、それは失礼というものかな。きっと、過去に、多くの男性客が目を見張ったことでしょう。当方も、ずっと流し目で存在を確認しながら、演奏を聴いていましたからね。もう、今後は、スイングの演奏者をチェックして、ちょくちょく通うことすら、帰りの車の中でニヤッとほくそ笑みながら考えてしまうほど、印象に残ってしまいました。もっとも、美人の顔は、意外に思い出せないもので、今は、「ん? どんなお顔だったっけ」みたいな状態になってしまいましたが。また、行かなくっちゃ。

posted by frugal gambler at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 堤智恵子・二村希一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

堤智恵子さんのCD「みずいろの雨」、10万円で落札されてたよ

堤智恵子さんのレアCD「みずいろの雨」、ヤフーオークションで1万円で始まっていたけれど、結局すごい件数の入札の後、なんとなんと、10万1,000円で落札されていました。もしこれが今の相場だとしたら、いくら智恵子ちゃんのレアCDとはいえ、手が出ません。「ミコちゃんのヒット・キット・パレード」みたいに、改めてプレスされるのを待つよりないかもしれません。

当方、12年ほど前に、ヤフーオークションをやっていたころ、1冊2〜300円で古本を多数出品していたところ、驚いたことに、1冊だけ予想をはるかに超える6千円で落札された本がありました。それは、椎名誠さんが若い頃に書いた畑違いの本「クレジットカードの実務知識」でした。6千円という高額落札にもかかわらず、落札された女性の方は、大変喜んでおられたのを覚えています。

ちなみに、当方、15年以上前に運送業(佐川急便の下請宅配業者)に従事していたときに、たしか高円寺だったかその界隈にあった椎名誠さんの事務所に荷物を届けたことがありました。ご本人は不在でしたが。

6000円で落札された「クレジットカードの実務知識」

当然、アマゾンでも現在取り扱っていません。



posted by frugal gambler at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 堤智恵子・二村希一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市

蒲郡経由で行くと一本道でわかりやすく、車で一時間ほどで行けるインテルサットさん、以前、吉岡直樹君、森永理美ちゃんのライブで行きましたが、今回、2度目の訪問となりました。

纐纈雅代ちゃんは、纐纈歩美ちゃん同様、岐阜県の出身で、たしか2人で鎌倉の大仏だかに遊びに行ったという記事が、纐纈歩美ちゃんのブログに書いてあったと記憶しています。

演奏者

纐纈雅代(as,ss)
大森なな(p)
酒井美絵子(ds)

演奏曲

第一部 (雅代ちゃんのソロ中心)
曲名は、はっきりしなかった。

第二部 (トリオ演奏)
チュニジアの夜
ファイヤーワルツ
フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
オーネット・コールマンの曲(曲名聞き取れなかった)
卑弥呼(纐纈雅代オリジナル)

アンコール
上を向いて歩こう

まず、雅代ちゃんの出で立ちは、黒に近い藍色のベルボトムのジーパン、上は、えんじ色とヤマブキ色の模様のノースリーブで右肩が出ているタイプのお洋服、長めの真珠風のネックレス、帽子は普通に回りにひさしのあるもの、右手の人差し指に緑色の指輪、左手の人差し指と中指に銀色の指輪をしておられました。左手に緑色の菱形の模様のついた布製のブレスレット、もう一つインディアン装飾風のブレスレットといった感じ。お顔立ちは、ボーイッシュな美形で、スタイルがいい上に服装のセンスがいいので、見栄えがとても良いです。

演奏は、非常に個性的、フリージャズ・サックスの坂田明さんを彷彿とさせるもので、フリージャズにかなり近いと思いました。もしかしたら、フリージャスを自認しているのかもしれません。(ふと、入り口の上の壁に目をやると、額に入ったモノクロ写真のうちの1つが坂田明さんの写真でした。)雅代ちゃんの演奏スタイルは、当方の好きなジャズではありませんが、統一的なスタイルを確立しており、演奏自体は安定感もあり素晴らしいものでした。

ドラムのことは、そもそもよくわからないので、いつものように言及しませんが、酒井美絵子ちゃん、普通に良かったと思います。大森ななちゃんのピアノは、上原ひろみ風の演奏動作で、山下洋輔ばりの肘打ちもあり、雅代ちゃん以上にフリージャズだと感じました。この演奏スタイルは、一応フリージャズでいいんじゃないかと思いました。演奏技術はかなりのものとお見受けしました。

まあ、今回のライブ、演奏自体は良かったので、一定の満足は得られましたが、好きなジャズのジャンルではないため、十分な満足とはなりませんでした。纐纈雅代ちゃんは、岐阜県可児市に実家があり、本日も実家から来たとのことでしたが、関東が活動地域なので、おそらく関東圏に別途居を構えていると思います。そのため、中部地区にはあまり来ないので、どんな演奏なのか一度聴いておきたかったのです。

あと、インテルサットさん、40周年おめでとうございます。大体ジャズクラブって、それくらいの年月やっているところが多いように思うけれど、それにしても40年って、すごいですね。ご苦労様です。これからも、がんばってください。

posted by frugal gambler at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 纐纈歩美・纐纈雅代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪