2012年10月20日

松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)

松島啓之さんのトランペットを聴きにスターアイズに行ってきました。

例によって、国道一号線を名古屋環状線(前浜通)で右折して、当方小学校時代の同級生で小学生離れした魅惑の美少女・浅井敬子ちゃんの実家の前を通り、今池でさらに右折すると覚王山はスターアイズに着きました。なんと2台しか停められないスターアイズさんの駐車場が1台空いていたので久しぶりに停めることができました。

けっこう早く着いたとは言え、客が当方以外1人も居ないとはこれ如何に、と思いつつノンアルコールカクテルなぞ注文し、店員さんとどうでもいいようなオヤジトークをしながら待てど暮らせど客は来ず、とうとう開演の時点では客は当方独りという事態に相成りました。コレハ、エライコトデスヨ!(このギャグ知ってる? ルーキー新一だっけ 「いやーん、いやーん、いやーん」)

あいにくの雨模様とは言え、東京ではひっぱりだこの松島さんのライブに客1人はあり得なーい、と思っていると徐々に客が来始めて、最終的には10人ほどになりました。1人じゃ、こっちが緊張しちゃうから一安心しました。まあ、それでも客が少ない中、そんなことは物ともしないかのような松島さんのソリッドなトランペット演奏が展開されました。

演者

松島啓之(tp)
平光広太郎(p)
徳田智史(b)
則武諒(ds)

演目

第一部

ユー・アー・マイ・エブリシング
レディラック(サド・ジョーンズ)
バラード何とか??(聞き取れなかった)
パイシーズ(リー・モーガン)
ザ・キッカー(ジョー・ヘンダーソン)

最初のほうは、バックの若い演奏者3人のノリが悪く、これじゃあ松島さんを引き立てられないぞ、と不安に思っていましたが、曲が何曲か進んでいくにつれて徐々にバックの3人も乗ってきて、特にこの後の第二部は全部いい演奏だったと思います。

ジャズライブでは、大抵、最初は観客の側も始まったばかりで雰囲気になじめていないので、演奏者側も最初から濃い曲で度肝を抜かなくても、まずは多少退屈でも当たり障りのない曲で流しておき、徐々に入り込んでいけば、客もスムーズについていけるというものです。

第一部と第二部の間に一時間ほどの休憩があるのがスターアイズの特徴、ここでお客さんには食事でもしてもらおうという寸法。当方は、オムライスを食べました。少し暑かったので外に出て涼んでいると、松島さんが暑い暑いと出てきたので、これはチャンスとばかりに会話をさせていただきました。

当方、ミュージシャンとこんなに長くお話したのは初めてです。合計では、太田雅文さんとの会話が一番長いでしょうが、ワンセットとしては今回が一番長かったのではないかと思います。次に長いのが、大分短くなりますが吉岡直樹さん、次がMAYAさん、その次が松尾明さんかな。

松尾「それはジャズ批評ですか?」
当方「はい、そこに置いてあったものですから」

という超短い会話でした。あと、黒田和良さんや倉田大輔さんに当時沙織ちゃんが演奏した曲の題名を後から教えてもらったときにほんの少し話したくらいですか。大体、矢野沙織ちゃんにしてからが、これだけ濃厚に当ブログで取り上げているにもかかわらず、トイレですれ違ったときに交わしたほんの一言です。当方がトイレから出ようとしたとき沙織ちゃんが丁度入ろうとしたところで、沙織「あっ」と言って戻りかけたので、当方「空いてますよ」と言うと、入りなおされました。

森永理美さんの場合は、インテルサットの席に当方が座っていると、側を通った理美ちゃんが軽く会釈してくれたのでこちらも会釈したというだけです。さらにさらに、松本茜ちゃんに至っては、当方がスターアイズに到着し席に着こうとしたとき、隅の席で準備中だった茜ちゃんが一瞬こっちを見たので、当方も一瞬見て、目と目が合ったというだけのお粗末な話になります。

今回、松島啓之さんとは、当方から

「松島さんは、バークリー出身なんですか?」

と切り出して、大西順子さんと同級生で向こうでよくセッションした話や、松島さんと大西さんは同じ44歳であることなどを聞き出しました。また、大西順子さん引退の話も切り出すと、彼女はけっこう考え込むタイプみたいだとおっしゃっていました。当方と松島さんは、そんなに考え込まなくてもいいのにね、という感じで意見が一致したように思いました。

あと、高田馬場のホットハウスのYouTubeの話や、近々発売の山田譲さんや今泉正明さんたちとのアルバムの話など(最近亡くなられたベースの方の追悼盤だとか)。ホットハウスでは、当方「類家心平さんや市原ひかりさんや峰康介さんともやってみえますねえ」の発言に対して、松島「丸裸にされてます」とのご回答でした。おっ、なかなかいい表現、と思いました。

それから、「第一部でリーモーガンやられましたが、お好きですか?」と訊くと、「好きですねえ」とおっしゃったので、当方「私、リーモーガン大好きなんですよ。Are You Real?で、ソロで出てくるところなんか、かっこいいですー」とAre You Real?の一節まで口ずさんで説明してしまいました。

当方「今日は、雨模様とは言え、お客さん少ないですねえ。東京ではひっぱりだこなのに」と申しますと、松島「でも、大変なんですよ」と忙しくても儲かってないというニュアンスでした。そこで、当方「今の時代、CDも売れないので、YouTubeで宣伝して、ライブに来てもらって、CDは手売りするしかないですよ」と余計なことまで申し上げた次第でした。当方「あ、森永さんとのCD、今日持ってきてみえます?」と訊くと松島「いいえ」ということだってので、松島さんにサインしてもらって、そのうちそのCDに森永さんにもサインしてもらおうという当方の目論見は水泡に帰しました(笑)。いつか実現しよっと。

第二部

ウインド・ベル(ケニー・ドーハム)
ムーン・アレー(トム・ハリス)
アプザットスペード??(よく聞き取れず)
ダウン・ザット・ドリーマー??(よく聞き取れず)
ロータス・ブロッサム

アンコール(超有名な曲だが題名を失念)

第一部の初めのほうは、ちょっとバックの人たちがタルイ感じだったけれど、それはその後盛り上げるための布石と考えれば、それもよろしかろうということになります。第一部後半と第二部の全ては、皆さん素晴らしい演奏でした。それにしても、トランペットの音色は、特に松島さんの出す高からず低からずの丁度良い高さの音色は、当方の琴線に触れ続けます。そのため、当方がそれほど好まないスローバラードですら、入り込むことができる唯一の楽器かもしれません。ちなみに、今年の岡崎ジャズ・ストリートに松島さんが来られないのは、とても残念です。まあ、トランペットは、ひかりちゃんが来るから、3年連続で聴きに行きまっせ。中村好江さんも来るし。大野俊三さんも、初めてだから楽しみ。

蛇足ながら、行き帰りの車の中では、ずっとジャズを聴いていました。先日のマンシングウェア・レディス・オープンゴルフでは、海の近くでの陽光降り注ぐ昼間の運転ということもあって、ジャズよりも例えば石川セリさんの海原を滑るような浮世離れした歌声などの歌謡曲がお似合いと思っている当方ですが、夜の帳も下りてネオン瞬く中を疾走していくジャズライブの行き帰りは、ジャズの独壇場と相成ります。今回、運転しながら聴いた曲は、次の通り。

纐纈歩美

ダイバーシティー(纐纈歩美)
ややベタな感じはするものの良いメロディー。纐纈っちゃんのアドリブ部分のアレンジ、特に良し。ただし、アドリブ部分の演奏は、勢い余って2〜3箇所、音が滑っている。録音しなおしたほうが良かったかな。

ケリーズ・トランス(リー・コニッツ)
この曲を吹く人は余り居ないのではないかな。纐纈っちゃんの面目躍如。納屋嘉彦さんのピアノもいい。

アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォア(Frank Loesser)
纐纈っちゃんの演奏もさることながら、この曲は、特に納屋嘉彦さんのピアノが冴えている。

矢野沙織

hoyden(矢野沙織)
当方が好むメロディアスな曲は、往々にして「ややベタ」な感じがするのが常だ。それは、当方の長年の歌謡曲愛好によって蓄積されたあるゆるメロディーラインの脳内アーカイブによって、当方が好むメロディアスな曲でありながら、どうしても「ややベタ」に聞こえてしまうのかもしれない。ところがどっこい、この「hoyden」という曲に関しては、全くベタな感じがしない。これが、本当に矢野沙織ちゃんの作曲であるならば、沙織ちゃんは天才じゃないかと思う。テーマの部分はともかく、アドリブ部分のこんなメロディーは、普通思いつかないし、天も通常与え給わないはずの曲想である。よって、当方、沙織ちゃんが、どこかから剽窃したんじゃないかとさえ思ってしまうのである。八神純子の「パープルタウン」もほぼパクリだというのが定説化しているし、筒美京平御大だってパクリの天才と言われなくもない。しかし、それはそれで、いいものはいいとしたものだ。その伝でいくと、沙織ちゃんがパクったにせよ、そうでないにせよ、それはそれでよろしかろうということである。完全オリジナルなら、天才的だと当方は思っている。

砂とスカート(歌付きのほう)(矢野沙織)
これは、沙織ちゃんの「けれん味」のない、元気いっぱいの演奏が光る曲だ。誰かが、日本のキャノンボールと評した所以がここにある。期せずして、チャーリー・パーカーではなくキャノンボールに近づいてしまった沙織ちゃんだが、それはそれで一つの個性としていいのではないか。チャーリー・パーカーは一生掛けて目指せばよい。というより、そうこうしているうちに、とどのつまりは、自分の演奏スタイルの確立に向かうことになるだろう。

山中千尋

SAUDADE E CARINHO(エリス・レジーナ)
千尋ちゃんが、この曲をエリス・レジーナが歌う原曲から直接引っ張ってきたとするなら、目の付け所がとてもいいと言わざるを得ない。そして、彼女のアレンジ力によって、アドリブ部分が磨き上げられている。大変聴き心地の良い名曲に仕上がっていると思う。

SO LONG(山中千尋)
当方が選ぶ山中千尋の最高傑作がこの曲である。若干、テーマ部分が冗長退屈の謗(そし)りを免れないが、アドリブ部分は、聴き所満載で、機関銃のように次々と繰り出される曲想の数々は、異次元の様相さえ呈している。あり得ないほどに素晴らしい曲想の展開である。

TAKE ME IN YOUR ARMS(古いスローな曲の超アップテンポ・アレンジ)
当方は、この原曲を聴いて驚いた。原曲は、似ても似つかないほどスローな曲であった。これを超アップテンポにアレンジして作り直すという着想・・・、千尋ちゃんが、原曲から直接アレンジしたとするならば、その着想とアレンジ能力に脱帽するほかない。

太田雅文

レッツ・クール・ワン(セロニアス・モンク)
この曲は、当方が聴いた太田さんの曲の中では最高傑作だと思う。いつもの定番の「スイングしなけりゃ意味がない」よりもいいだろう。太田さんの歌は、言わば楽器であるから、メロディーを奏でつつも打楽器的に(即ち、楽器で言えばベースが一番近いかも)速いリズムを刻むときが最大の見せ場であり真骨頂である。

大江昭一

キャルフール・デ・エスプリ(大江昭一)
当方の「ベタ理論?」でいくと、この曲のメロディーもややベタな感じがしなくもないが、基本的に良いメロディーであることは確かだし、途中からのフルート部分のアレンジが極めて良い。フルートという楽器をそれほど好まない当方でも、これはフルート冥利に尽きるアレンジだと思う。フルートで聴くのが一番良さそうに思われる曲想・曲調である。

posted by frugal gambler at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 松島啓之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪