2011年03月28日

「ピーターの法則」って知ってる?

当方、学生のころだったか就業初期のころだったか、「ピーターの法則」という本を読みました。この本によれば、「誰しも昇進するにつれ、どこかの時点で無能レベルに達するので、自ら故意に失敗を犯してでも無能レベルに達する前に昇進を回避せよ、というものです。

たとえば、平社員の段階で、机の引き出しを開けっ放しにしたり蛍光灯を点けっぱなしにして帰社するとか・・・、折に触れそういった小さなミスを重ね、上司の評価を下げることにより昇進を避け、無能レベルに至る手前に留まることが平安なサラリーマンライフを続ける秘訣であると。

当方、このひねくれた考えに痛く感心したものです。普通、会社で昇進することは喜ばしきこととしたものですが、よく考えてみれば、一体どれほどの必然性があって昇進するのかは甚だ疑問です。そして、昇進後もしかするとオーバー・キャパシティーになってしまうかもしれません。それは、本人にとっても会社にとっても良いこととは言えません。

この命題を地で行く当方の友人が居ます。彼は、大学卒業後15年間そこそこの一流企業に在籍しましたが、ずっと平社員でいました。そして「君もそろそろ上に立って部下の指導をしてもらわねば」と言われたとたんに、彼は居心地が悪くなりました。「上に立って人を指導したり評価したりなど自分にはできない」と。そして、彼は会社を辞めました。当方の他の友人では、「チェスの国際大会に出たいので2週間ほど会社を休ませてほしい」と言って却下されたので、一部上場の会社を辞めてチェスの国際大会に出た人も居ます。

このように何もしなければ、望まない昇進をさせられたり会社の言いなりにさせられたりするのです。彼らにとって、それをストップするには会社を辞めるよりほかになかったのでしょう。

たまに珍しい会社もあります。会社が平社員を昇進させたがるのはまあいいとして、ほとんどの社員が昇進を望まず、何とか上手く断って平社員でやりすごすのが常態となっている会社です。これが、ある大手電機量販店の実態らしいです。主任になって2000円給料が上がるだけで責任を負わされるのは割に合わないというわけです。ましてやフロア長になってしまった日にゃ、それほど給料が上がるわけでもないのに長時間労働を強いられ責任も持たされる、嫌になって会社を辞めたフロア長を当方知っています。この会社では、そこそこの給料で満足し、なるべく転勤を避け、売り場店員として地域密着で生きていくのが賢い行き方のようです。それはそれでバランスが取れているのでしょう。会社と社員の間の暗黙の了解とでも言いましょうか。

つまらない四方山話につき合わせてしまいましたね。なになに、いつものことだからいいって?

【送料無料】ピ-タ-の法則

【送料無料】ピ-タ-の法則
価格:1,470円(税込、送料別)



posted by frugal gambler at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?

テレビ観てたらさあ、原発の半径20キロ以内にもかかわらず、逃げないおばあちゃんが居たよ。「どうなってもいいから、ここに置いといてくれ」って言ってたよ。表向きの理由は、腰が悪いのでみんなに迷惑になるといけないから、みたいなことになっていたけど、もしかすると違うかもよー。

「電力会社なり、学者なり、国なり、県なり、市なりが安全というから、これまで信じて暮らしてきたんだ。だから、私しゃ、これからも、その言葉を信じ続けてここで暮らしていくよ。」ってことかもよー。

ちなみに、当方中学だか高校のおり、国語の教科書に「婉という女」という小説が取り上げられており、主人公の婉が、お裁きの結論に対して皮肉を込めて「お上のおっしゃることに間違いはございますまいから」と言うシーンがあったのを思い出しました。

余談ですが、そのとき現代国語の先生が、生徒たちに「今の女優でこの婉を演じさせるとしたら誰がいいと思うか?」と言ったので、当方心の中で「岩下志麻」と思っていたところ、その先生の意見も岩下志麻でした。当方、「声に出して答えれば良かった」と思ったものです。しかるに、その後「婉という女」は映画化され、実際に岩下志麻が演じることになったのです。

話を戻して、「どうなってもいい」と言っているこのおばあちゃんの内心が「婉という女」よろしく、お上に対する精一杯の「反抗の刃」であるとしたら・・・。当方だったら、もちろん逃げるけれども、このおばあちゃんの考えには実に共感するものがあります。

いずれにしましても、いつの時代も、個人は全体の中で、幸運と泣き寝入りの波間を漂いながら、かろうじて生を繋いだり、はたまた死を余儀なくされたりして生きていく(または死んでいく)のでしょう。そうとは言え、すなわち「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」とは言え、あまりにも馬鹿げた事象に対しては、きちんとノーと言わなければならない。それが通らなければ、自衛する(逃げる)しかない。原発から離れられるものなら離れるしかない。離れられない人は、このおばあちゃんのように、決して逃げないと決め込むのも「天晴れな決断」と言えましょう。

このおばあちゃんがどう思って行動しているかは知る由もありませんが、その行動から、人類のアホさ加減に思いを致すのもまた乙なものではないでしょうか。全ては「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」とは言え。

posted by frugal gambler at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だーめだっつーの

愚かな当方が申し上げるのも何ですが、だーめだっつーの。
原子力発電所なんて作っちゃ。

当方、原発なんて、生まれる前から反対してましたよ。
国民投票をやったら反対のほうが多いんじゃない? 平時でも。

なのに現に合法的に出来ちゃってるんだから唖然とするよりないよね。
環太平洋火山帯で地震国だっちゅうに、何が嬉しくて原発作るんよ。
だから人類はアホやって言うの。

想定外って何よ。想定した人、責任取れや。・・・取れやしないんだよ。
結局どうあれ、あるがままなんよ。物事の責任なんて、誰も取れやしないのさ。

だから、当方はノンポリで非国民でアナーキストだっちゅうんよ。
伊達や酔狂でノンポリ・非国民・アナーキストやってんじゃないのよ。
責任の取れない実体を相手にしてもしょうがないでしょ。

良くも悪くも、とどのつまりは、「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」
ってことになっちまうのさ。

こうして話している当方だって、数十年もすれば、もうこの世に居ないのさ。
そしたら、「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」とさえ言えないほどに
「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」なのよ。

以前、弘田三枝子さんが「悲しみのソレアード」ってのを歌ってましたよ。

♪偽り、騙し合い、傷つき、憎みあう
もうそんな 世界には 別れを 惜しまない
人生の 荒波に 負けたと 言われても
ただ私は 胸を張り 背を向けて 行くだけよ
荷物は 重くても 助けは 要らないわ
何となく 心から 静かな このメロディー♪

さあ、オルゴールの音に合わせて歌ってみましょう!


追記(2011/03/28記)/上の詞の最後の行は、ちょっと唐突な感じなので
自信がなかったのですが、どうやら何行か抜けていたようです。
こちらのブログから抜粋・引用させていただきます。

♪偽りだましあい傷つき憎み合う もうそんな世界には別れを惜しまない
人生の荒波に負けたと言われても ただ僕は胸を張り背を向けていくだけさ
荷物は重くても助けはいらないさ 君だっていつの日か背を向けていくだろう
別れの言葉さえ掛け合う人もなく 今僕は安らぎを探しに旅に出る
夕日がきれいだな すべてを捨てた今 なんとなく心から静かなこのメロディ♪

さあ、も一度、オルゴールの音に合わせて歌ってみましょう。

註/すぐ上の「も一度」は、「う」を書き忘れたわけではありません。
この曲から取った表現です。

♪も一度 そうおずおずと 言ったとき
指を鳴らして あなたはコーヒー頼んだ
その先を言わせないのが優しさね
ロンリーナイト ピッツァハウス22時♪(松本隆)


posted by frugal gambler at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

現在 My YouTube に掲載中の楽曲(1)

My YouTube

Santana feat Rob Thomas - Smooth HQ Music Video
Tribute to Janis Joplin II - Summertime
MANCHESTER & LIVERPOOL / PINKY & THE FELLAS
Mary Hopkin - Those Were The Days - Live at Expo'70 Osaka
Mary Hopkin Both Sides Now
The Circle Game(訳詞付)/バフィー・セントメリー
NAT KING COLE - WHEN I GROW TO OLD TO DREAM
Seven Daffodils ~ 七つの水仙
This Little Bird - Nashville Teens
JAMAICA FAREWELL ORIGINAL-- HARRY BELAFONTE
Green Fest - Peter Yarrow singing Lemon Tree
if i had a hammer - peter paul and mary

My YouTube

J.J. Johnson Quartet - Blue Trombone (Part.1-2)
Art blakey's Jazz Messengers - Dat Dere
Art Blakey & The Jazz Messengers Moanin'
Art Blakey and the Jazz Messengers - Are you real?
Cannonball Adderley feat. Miles Davis " Autumn Leaves"
世良譲ソロピアノB Autumn Leaves
Oscar Peterson - Summertime
Gypsy Vagabonz "I Can't Give You Anything But Love"
Laurent Fourgo & His Ensemble: Recado Bossa Nova
Billie Holiday - Blue Moon
Billie Holiday - I Get A Kick Out Of You
Billie Holiday - On the sunny side of the street

My YouTube

Billy Holiday - Lady Day - "Day in Day out"
Chris Connor - "LULLABY OF BIRDLAND"
Connie Boswell - The Nearness Of You (H. Carmichael), 1940
横浜bar bar bar MAYA with 松尾明Trioライブ ♪Destination Moon
Golden Earrings - Hikari Ichihara
まがじん Magazin - 愛の伝説
朝倉理恵 Rie Asakura - さよなら、今日は
「マチネへの招待」 岩崎宏美さん
決戦は金曜日 -Dreams Come True(ドリカム)
アルプスの牧場
Mary Hopkin - Good Bye Live in Osaka July 1970
カフェテリア / 森山良子

My YouTube

Eydie Gorme The Gift!(Recado Bossa Nova)
Ricard bossa fujiki-tanaka-sakaguchi-koumoto
太田裕美 ( 風たち )
もう少し ここで / GONTITI with Hiromi Ohta (Audio)
スカーレットの毛布
太田裕美 煉瓦荘 【HQ】
太田裕美 ピッツァ・ハウス22時 【HQ】
水曜日の約束 ( THE PROMISE ON THE WEDNESDAY ) - 太田裕美
サイクリング'03〜'07 ♬海に降る雪
初恋ノスタルジー(sound)-太田裕美
冬の蜂/太田裕美
八神純子 海のメロディー

My YouTube

八神純子 夜間飛行
キ・サ・ラ恋人・.wmv
オールドタイムジャズ.wmv
途はひとつ/黛ジュン
朝焼けが消える前に 石川セリ
ムーンライトサーファー 石川セリ
石川セリ / 川景色 (1982)
とめどなく・・・ Seri Ishikawa
近藤圭子  南十字星のうた (快傑ハリマオ劇中歌)
JUDY AND MARY そばかす
桜田淳子 - イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン(It's Only A Paper Moon)
サックスで「まちぶせ」by 堤智恵子

My YouTube

渚ゆう子 「愛に濡れたギター」
[b] ブランデーグラス(石原裕次郎)
恋の町札幌 堀内孝雄・シルビア Horiuchi Takao・Silvia 1995
FULLER LOVE - OSAKA JAZZ FESTVAL
Words and mood / T.Okada gr. (two trumpets)
Cleopatra's Dream - Hikari Ichihara & Grant Stewart
纐纈歩美カルテット Kerry's Trance
PINKBONGO宮本大路×矢野沙織 スペシャルインタビュー Vol.2
森永理美 Satomi Morinaga CD発売記念ライブ 名古屋 Swingにて
Chihiro Yamanaka @ HON YOMIURIDO
懐メロ名曲アルバム 110 石川セリ「キ・サ・ラ恋人」
青江三奈 伊勢佐木町ブルース 1968

My YouTube

渚ゆう子 「あの人の居ない街」
淡谷のり子 アマポーラ Amapola - Noriko Awaya
まちぶせ 荒井由実さん
嘘でもいいから 奥村チヨ Okumura Chiyo 1970
園まり - つれてって.wmv
Blues For Tyner
Sugar Ray - Akane Matsumoto
All the Things You Are
there will never be another you
Serenade to a Cuckoo by JUGOYA
サックスで「異邦人」by 堤智恵子
堤智恵子「リベルタンゴ」

Confirmation / Akiha Misaki Band 
(この動画は限定公開です。リンクを知っている人のみ再生できます。)

My YouTube

posted by frugal gambler at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My YouTube 削除と追加 0024

「弘田三枝子 悲しき片想い」
「Paper moon : Natalie Cole」
「太田裕美_恋のハーフムーン」

以上が見れなくなり削除しました。

追記/また、次の5つが「非公開」となっており、見れませんので削除することにしました。

ラヴィン・ユー - Lovin' you
高原のお嬢さん
名曲「みずいろの雨」秘話 Part 1/3
名曲「みずいろの雨」秘話 Part 2/3
名曲「みずいろの雨」秘話 Part 3/3


下記のとおり新たに追加しました。 → My YouTube

「Blues For Tyner - Mayuko Katakura」
「Sugar Ray - Akane Matsumoto」
「All the Things You Are - Phil Tweed」
「there will never be another you - oscar peterson」
「Serenade to a Cuckoo by JUGOYA - Yoko Teramura」
「サックスで「異邦人」by 堤智恵子・二村希一」
「堤智恵子「リベルタンゴ」with 二村希一」

posted by frugal gambler at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | My YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

ライフカードの改悪について

この度、ライフカードに関して改悪が行なわれ、2011年4月から挙行されますので、その中の主な改悪について述べます。

●E-mailポイントの廃止

利用明細をE-mailに変えると、それ以降毎月10ポイント(最大還元で66円分くらい)付いていましたが、これが廃止となりました。これは、紙代や郵送費を削減するために行なわれたのでしょうが、客のE-mailへの変更が一巡したので、ポイント付与を廃止したものと思われます。

●ポイントの金券への交換に関する改悪

金券(クオカード・図書カード・ギフトカード・グルメカードなど)への交換率が、今まで750ポイントで5000円分だったのが、1000ポイントで5000円分となります。さらに今まで480ポイントで3000円分の金券だったのが全て廃止となります。金券の中でもジェフグルメカードに至っては、3000円分と5000円分の両方とも廃止となります。

※その他にも、細かい改悪がありますが、省略させていただきます。

さて、以上のような改悪への当方の対応について述べます。

●予定していたよりは少し交換率が下がっても、今持っているほとんど全てのポイントを3月中に交換します。具体的には、480ポイントでジェフグルメカード3000円分を(還元率約3.1%)、200ポイントで楽天スーパーポイント1000ポイントを(還元率約2.5%)獲得するつもりです。

追記(2011/03/16)/3月中は480ポイントでジェフグルメカード3000円分(還元率約3.1%)の交換だけに留め、残りの200ポイントは4月以降に持ち越すことにしました。改悪後も最大還元率は約2.5%と同じなので。

●当方、4月が誕生月なので4月中のライフカードでの買物に対するポイントは5倍です(この制度は維持されている)。去年は、4月に15万円ほどジェフグルメカードを購入しました。さて、今年はどうするか。改悪後の交換率に基づいて計算すると、ポイント5倍の4月だけ買物をするとして、最大還元率は約2.5%となります(改悪前は約3.3%)。例えばジェフグルメカードをライフカードを使って4月に大量購入し有効に使う限りにおいて、約2.5%の還元率はまだまだ優位性があります。また、ポイントは手続きをすれば5年間維持できますので、無駄になる可能性も小さいと思われます。ちなみにジェフグルメカードの有効性とは、クレジットカードが使用できない飲食店で使える(おつりももらえる)という点です。例えば、ガストやモスバーガーや吉野家などです(ちなみにガストはクオカード、吉野家はワオンも使える)。例えば、ガストやモスバーガーや吉野家で現金決済すれば還元率はゼロです(ガストはTカードでTポイントが約1%付く)。また楽天カードを使ってジェフグルメカードを購入すれば還元率約1%です。しかるにライフカードを使ってジェフグルメカードを誕生月に購入すれば還元率約2.5%となります。例えば毎年誕生月の4月に10万円分のジェフグルメカードを購入すると毎年500ポイントが貯まり、2年間で1000ポイントとなり5000円分の金券を得ることができます。これを大きいと見るか小さいと見るかは微妙です。ジェフグルメカードに期限はありませんが、先払いで購入するリスクも少しはあるかもしれません。さて、当方frugal gamblerと名乗って久しく、この名に恥じない行動をするという観点から、2年間で5000円といえども軽視するべきではないと判断し、改悪後のライフカードの制度下においても毎年10万円のジェフグルメカードを購入するという方針でいくことにいたしました。

追記(2011/03/16)/上記追記のように、現在保有ポイントのうち200ポイントを4月以降に持ち越すことにしましたので、今年4月(誕生月5倍ポイント)に8万円分のジェフグルメカードを購入し、来年4月(誕生月5倍ポイント)にも8万円のジェフグルメカードを購入することにより、総計1000ポイントとし5000円の金券を得ることにしました(還元率約2.5%)。

註/今回の改悪により、誕生月だけライフカードを使ってポイントを貯めた場合の最大還元率は、改悪前の約3.3%から改悪後の約2.5%へと落ちてしまいました。それによって、「ライフカードのポイントから金券への交換レート」と「ライフカードのポイントから楽天スーパーポイントへの移行レート」が同じになってしまいました。したがって、金券に換えても楽天スーパーポイントに換えてもどちらでも構わなくなったことを付記します。

posted by frugal gambler at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイントを貯める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファミリーマートでのレシート毎のTポイント付与終了

ファミリーマートでレシート毎に付いていた1ポイントが付かなくなりました。小さな改悪ですが、ローソンでのポンタのレシート毎の1ポイントは継続していますので、それと比較して考えるとやや顕著な変化として受け止めてもよろしかろうと思います。何事にかかわらず、小さな変化ではあっても、条件が少しでも悪くなることは良くない予兆として留意しておくに越したことはありません。会員獲得の手法として、良い条件で大勢の会員獲得をした後、徐々に条件を悪くするというのは企業側の常套手段だと思われますので、会員の側としては臨機応変の対応が必要です。

posted by frugal gambler at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイントを貯める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

想定外とは何か・・・

Bebopとは何か、想定外とは何か、原子力発電とは何か、電力会社とは何か、組織とは何か、火力発電とは何か、水力発電とは何か、火打石とは何か、文化文明とは何か、進歩とは何か、人間とは何か、地球とは何か、宇宙とは何か。ほらね、前にも言ったとおり、「愚かな当方が言うのも何ですが、人類とは実に愚か」でしょ。それでもなお、皮肉を込めて「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」と申しましょう。

posted by frugal gambler at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

朴仁妃、開幕戦ダイキンオーキッドレディスを制す

女子プロゴルフ開幕戦であるダイキンオーキッド・レディス(沖縄)では、朴仁妃ちゃんが優勝しました。彼女は、昨年の最終戦リコーカップ(宮崎)でも優勝しています。これまで、朴仁妃は、日本にお目見えする前からアメリカツアーでインビー・パークの表記で上位にその名を連ねていました。当方、注目の一人であり、以前にも記事にしています。コチラ

昨年ダイキン・オーキッドを勝ったアン・ソンジュは、勢いのままに賞金女王になりました。朴仁妃も二匹目のドジョウを狙って日本ツアーに照準を合わせるのか、はたまた所期の予定どおりアメリカツアーを主戦場にするのか、興味深いところです。

申ジエ、朴仁妃、チェ・ナヨンといった韓国の精鋭たちは、現状アメリカツアーで世界を狙っているのでまだ何とかなっていますが、彼女たちがそろって日本ツアーを本拠地に据えた日には、日本の賞金女王は彼女たちに席巻されると思います。

さて、今年の日本ツアーは、どのように推移していくのでしょうか、楽しみです。当方一番贔屓の横峯さくらはもちろんのこと、有村智恵、森田理香子あたりに注目していきたいと思います。諸見里しのぶにもそろそろ頑張ってもらわないと、忘れちゃいそうです。大山志保や古閑美保も好きだけど、なかなか難しいかなあ。今年は、佐伯三貴、藤田幸希、金田久美子あたりにも注目していきたいと思います。

posted by frugal gambler at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

吉岡直樹「ライブ・チャージ考」に寄せて

ベース奏者、吉岡直樹君のHPに面白い記事が載っていたので、それを出発点としていろいろ述べてみたいと思います。まずは、彼の文章「ライブ・チャージ考」の一部を引用いたします。

このライブ・チャージをご負担いただいているおかげで私たち演奏者は楽器のメンテナンスをしたりCDを聴いたり、さらには一日二食ないし三食(一食の場合もある?)の食事にありつくことができ、どうにか暮らしを立てていくことができる。今回は私たちの生命線「ライブ・チャージ」について考えてみたい。

このくだりは、かつてラスベガス旅行をしていた頃「貧者のラスベガス」を標榜していた当方frugal gambler好みの内容です(ちなみに、「辺境のラスベガス」「非日常の中の日常性」なども標榜していた)。贅沢は決して楽しくありません。どうにかやっていければそれで十分楽しいのです。むしろそのほうが楽しい場合だってあるでしょう。

このことは、当方が以前書いた記事「吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)」の中の次の文章に符合(シンクロ)します。

ピアノの森永理美さんが1st アルバムを出したばかりの割には、お客さん7人程度と何とも悲しい状況にも関わらず、変わることなく演奏してくれた3人には拍手を送りたいと存じます。まあ、ジャズ・プレーヤーは、そんなことはよくあることでしょうし、インテルサットさんは、幡豆郡吉良町という田舎町のいわば場末のジャズクラブですから、仕方ない面もありましょう。音楽をやっていられるだけでミュージシャン冥利に尽きるでしょうし、そう思えなければ、音楽の道は志せないでしょう。ある意味、幸せな方たちだと思います。

ちなみに、ファースト・リーダー・アルバムを出した森永理美ちゃんや纐纈歩美ちゃんは、自己のリーダーアルバムのメンバーとの演奏と同時に、吉岡直樹クインテットでも演奏を続けており、また、その他のいろいろな演奏者ともジョイントして、謙虚な姿勢ながらも活動領域を広げています。翻って、矢野沙織ちゃんにしても、今はピンク・ボンゴに入隊しています。もちろん、3年越しの希望が叶って入隊したわけで、活動に窮してピンク・ボンゴに入ったわけではないにしても、一時の勢いが減速していることも確かでしょう。そのあたりは、いつも当方が指摘していることであり、ジャズ・ミュージシャンたるもの了解済みのことでありましょう。

当方記事「纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)」より一部引用します。

まあ、基本的にジャズはマイナー音楽なので、勢いのあるうちにアルバムを出せるだけ出しておくに越したことはありません。運良く余程のビッグネームにでもならない限りは、いずれライブハウスのどさ回りが待っています。そこでいかに上手く立ち回り息の長い演奏家になるかもジャズを選んだ者の宿命であります。とは言え、纐纈っちゃんは今、若くて伸び盛りなわけですから、とりあえず今できることを精一杯やるのがよろしかろうと存じます。

また、当方記事「矢野沙織@スターアイズ 3月21日」より一部引用します。

飲み物を注文しながら、麻生祐美似の可愛くて気立てのいい店員さんに「4月の予定表を見たんだけど、矢野沙織さんは来ないみたいだね」と話していると、店内で淡々と仕事をしていたマスターが、「しばらく来ないよ。事務所を変わって方針が変わったみたい」とのことでした。

さて、店内に置いてあった色々なチラシや「ジャズ批評」を読んだりしているうちに、開演の時間が来ました。

今回は、女性の付き人さんが一緒に来ていました。今まで、そういうことはなかったので、なんだか完全護衛されているといった雰囲気でした。

新しい事務所は、たぶんここでしょう。
http://www.mondoranamusic.com/artist.html

しかし、今まで毎月のように来ていたスターアイズに来ないという方針とは、一体どんな方針の一環なのでしょう。もっと大きな箱でやらせようということでしょうか。いやいや、ジャズというマイナーなジャンルにおいて、大箱で人を集めるというのは難しいので、ライブハウスの「どさ回り」は必須ではないかと思うのですが。今後の動向に注目したいと思います。


やや余談になりますが、自己のファースト・リーダー・アルバムを出した森永理美ちゃんや纐纈歩美ちゃんは、吉岡直樹クインテットの中にあっても、とても収まりがよいです。そのあたりの「でしゃばらない控えめな演奏」について指摘した当方の記事「岡崎ジャズストリート2010、2日目」の一部を引用します。

加藤大智君のアルトと纐纈っちゃんのアルトは随分色も音色も違います。加藤大智君のアルトは、つや消しな色で年季が入っている感じ、音もつや消し風の音。一方、纐纈っちゃんのアルトは、金色のピカピカ、音も硬質な感じ。世の中の他のアルト・ブロウワーの音色はまた少しずつ違うので、素人である当方の今後の研究課題。管楽器の重複を嫌う当方ですが、2人のアンサンブルは、ハモっていてなかなか良かったと思いました。2人でフルートの演奏もありました。纐纈っちゃんもフルートを吹くとは驚き。だだ、フルートのアンサンブルは、ちょっとしょぼい感じがしました。フルートは、曲にもよりますが、当方、あまり好きな楽器というわけでもないので、そのせいかもしれません。2人ともリーダーではないのでバイプレーヤーに徹していて控えめで感じがよろしい。

中略

森永理美さんも最近売り出し中のピアニストのようですが、ローランドの電子キーボードのせいもあるかと思いますが、かなり控えめに演奏されていたような。お寺の仏壇を背にした狭いスペースの演奏ですから、あんまり気張らないほうがよろしかろう。出で立ちは、白のふんわりしたお洋服に黒のスパッツ。金ピカのイヤリング。髪は少し染めておられました。リーダーでもないので、地味な服装で控えめに演奏されていました。この人も、今後ちょっと注目しておきたいと思います。

中略

おとなしめのグループでしたが、みんな控えめで感じの良い人々の集まりといった風情、それによって、全体として、まとまりのある演奏でした。選曲も、当方好みの曲が多くて、心地よく聴くことができました。くどいようですが、吉岡君の作ったパンフレットは、「ごあいさつ」「メンバー紹介」「曲目解説」など丁寧に作られており、非常に好感度が高いです。


さらに余談になるかもしれませんが、ピンクボンゴに入隊した矢野沙織ちゃんの行く末(今後の展開)や如何に。また、高校卒業後、バークレイあたりに行くかもしれない寺久保エレナちゃんの動向や如何に。同じく高校を卒業する中島あきはちゃんはどうする。あきはちゃんの相方の今年高校三年生になる中道みさきちゃんのドラムにも注目しなきゃ。堤智恵子さんのライブも近くに来たら聴きに行きたいところです。

さてと、吉岡直樹君の「ライブ・チャージ考」に戻って、話を進めたいと思います。また少し勝手に引用させてもらいましょう。

ニューヨークには一度だけ旅行したことがあるが、チャージの事情はどうであったか。ビル・エヴァンスのオリジナルに「ノー・カヴァー、ノー・ミニマム」というブルースナンバーがあるが、これが手がかりになる(いくら聴いても手がかりにならないが)。

カヴァーとはカヴァーチャージの略で、実質的には日本の「ライブ・チャージ」と「テーブルチャージ」を合わせたものに相当するだろうか。ちなみにお店によってはMusic Chargeといっているようだからニュアンスは少し違うかもしれないが。

調べてみると、本来カヴァー・チャージとは一般のレストランにおいて、テーブル・カバーに対する対価をいう。だから、テーブルカバーをかけないバー(いわゆるカウンター席)には当然かからなかったらしい。僕が訪ねた範囲では、バーの席はテーブル席より「カヴァー」が若干安めに設定されたように記憶しているが、その名残かもしれない。

次に「ミニマム」であるが、これはたいへんアメリカらしい合理的な制度である。試しにバードランドのサイトを開いてみるとThere is a $10 food/drink minimum per person.と書いてある。かみくだいて言えば「一人当たり最低10ドル以上飲食をしてください」という意味。もしビール1杯だけというような場合、当然それだけでは10ドルに届かないのでミニマムの10ドル支払うことになる。お店によってはこのように金額で指定している場合のほか、2ドリンクミニマムのようにドリンクの数で指定している場合もあったように思う。


当方もたまたま、ひょんなことから一昨年ニューヨークに旅行しました。

当方の別ブログ「パープルタウン(NY旅行記)」もご覧ください。

なるほど、カヴァー・チャージというのは、テーブル・カバーに対する対価だったんですね。当方、バードランドで、ヒース・ブラザーズ(Heath Brothers)を聴いたのですが、ジミー・ヒースさんが何やら英語で「バードランドに来るといつも白いテーブル・カバーが印象的だ」みたいなことを言っていました。安いチャージのカウンター席も確かにありましたが、せっかくなので、テーブル席(1人だったので一番端の狭いテーブル)に座りました。たしかカヴァー・チャージが$30で、おっしゃるとおりミニマムが$10だったと思います。たしかビールを2回注文して、食事は食べずに節約しました。でも、勢い余ってお土産グッズをいっぱい買い込んでしまったので結構かかってしまいましたが・・・(^^;)。下記参照↓

5/15 Heath Brothers

追記(2011/03/08)/今週来たバードランドからのメールによると、今週の催し物のチャージは下記のとおりです。なのでもしかしたら2年前のヒース・ブラザーズのときも、当方が座った席のカヴァーチャージは$40だったかもしれません。まあ、今更どうでもいいことではありますが。

This Week @ Birdland: Cedar Walton Quartet‏
with: Vincent Herring (sax) David Williams (bass) Willie Jones III (drums)
Tuesday, March 8th through Saturday, March 12th
Tickets: $40, center seating; $30, side seating
(+$10 food/drink minimum per person)


チャージが先払いか後払いかという点については、バードランドは全て後払いだったかと。イリディウムスモークも後払い。ヴィレッジ・バンガードはとりあえず先払い。ジャズ・アット・リンカーンセンターはThe Allen Roomというコンサート会場でしたので当然先払いでした。

ところで、話は変わりますが、インテルサットのマスターの吉岡直樹君に対する評価は非常に高いです。当方も「御意」と申し上げたいです。インテルサットマスターの言を引用します。

吉岡はベーシストとしてだけでなくアレンジジャーとしてもプロデューサーとしても実力を発揮、きわめてシンプルに曲それぞれの持ち味を強調し、それでもってバランスのとれた実に気持ちよい音を作っています。毎回、新メンバーでのユニットもジャズそのものをいろんな角度で常に挑戦している姿勢がとても愉しみです。

posted by frugal gambler at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉岡直樹・森永理美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語

当方が、シンクロニシティー(共時性)という概念に初めて接したのは、今から30年以上前、学生時代に読んだアンドレイ・ブルトン(シュールレアリスム)の「ナジャ」という小説でした(ナジャというのは、おそらくインド方面の呼び名で、東欧などではナディアというのではないでしょうか。かつてナディア・コマネチなんていう天才体操選手もいましたね)。

当方は、どちらかというとシンクロニシティーは、単なる偶然の一致にすぎないと考えるタイプですが、今回は、当方がその概念に初めて接した小説「ナジャ」の主人公であるナジャというミステリアスな登場人物に敬意を表すると同時に、当方が長くファンを続けている矢野沙織ちゃんに引きつけて、当方と沙織ちゃんの「共時性の物語」を述べたいと思います。まずは、沙織ちゃんのブログに投稿した当方の文章からお読みください。

沙織ちゃん。毎度お久しぶり、hoyden1956です。

沙織ちゃんの文体は独特だよね。でも、最近「そらあそらあ」ってあんまり言わなくなったね。私が自分のブログで物真似して「そらあそらあ」って使ったからかな?

自意識過剰ついでに言うと、私が自分のブログで、「矢野沙織を通して、ジャズのスタンダードを学び直すというのも乙なものです」って言うと、しばらくして「ジャズ回帰」なんて盤が出てツアーが始まる。私が、沙織ちゃんのブログで「ドント・イクスプレイン(痺れますぅー)」とか投稿すると新アルバム(まだ買ってないけど)のビリーホリデイ1曲目がそれ。私しゃ、矢野沙織のプロモーターじゃないっつーの。(年甲斐もなく超絶自己中ですみません。イエイエ、ドウイタシマシテ)


もちろん、こんなものはシンクロニシティー(共時性)とは言わない、と当方も思います。でも乗りかかった舟、さらに強引に続けます。矢野沙織ブログへの別の投稿の中に次の文章があります。

まあ、最近は当方も色気づいて、いろいろ浮気しているところではありますが、沙織ちゃんの叩き上げの雑草系サキソフォンの独自性は、当方の中で確固とした地位を築いていますのでご安心ください。

この「叩き上げの雑草系」という形容は、一見失礼に当たるように見えて実のところ「賛辞」以外の何物でもありません。それを受けてというわけではないでしょうが、後日、彼女のブログ記事「統計から見る偏見」の中では、次のように語られてもいます。

・音大を出ていることにコンプレックスのあるミュージシャンはどうせ真面目。

さて、今回、沙織ちゃんはピンクボンゴに入隊し、愛称(ニックネーム)サリー・ヤング(Sally Young)という名前を付けられ、まんざらでもないようです。当方、ピンクボンゴについては詳しくありませんが、何でも最初は六本木のストリップバーで演奏していたらしく、リーダーの宮本大路さんの言によると1920年代のコットンクラブ(NY、ハーレム)というのが一つのベースになっているようで、「スクランブル・ミュージック(ごちゃまぜ音楽)」を標榜しています。沙織ちゃんの「叩き上げの雑草系サキソフォン」が生かされる舞台となるかもしれません。

それでは、Pink Bongo with Saori Yanoで沙織ちゃんの「叩き上げの雑草系サキソフォン」をお聴きください。また、演奏している曲が、つい最近当方が「My YouTube 削除と追加 0023」の中で追加した曲「淡谷のり子 アマポーラ Amapola - Noriko Awaya」であることに及んで、沙織ちゃんの選択行動と当方の言動のシンクロニシティーは決定的なものとなったのである、なーんてことはないかもね。



淡谷のり子さんのアマポーラは前奏が超長いので、今回はMAYAさんの歌で・・・



ところで、上の沙織ちゃんのサックスの吹き方を見ていて、どこかで見た感じ、と思いましたが、思い出しました。こちら↓



posted by frugal gambler at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢野沙織・市原ひかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪