2010年09月30日

MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)

MAYA 001.jpg

MAYAさんのライブに何と4年ぶりに行ってまいりました。

前回4年前に初めて行ったのは名古屋のスターアイズさんで、スターアイズに行ったのもそれが最初でした。というか、ジャズライブに行ったのも、それがほとんど初めてと言ってもいいかもしれません(30年くらい前に弘田三枝子さんや山下洋輔さんのジャズライブに行って以来かも)。MAYAさんのライブに行ったのがきっかけで、それまで日本のジャズメンにはあまり興味のなかった当方が、スターアイズのライブ・スケジュールを通してたまたま目にした矢野沙織ちゃんに出会い、ジャズライブ通いが始まったのでした。市原ひかりちゃん小林香織ちゃん大西順子さん太田AHAHA雅文さん守屋純子さん山中千尋さん寺久保エレナちゃんと連綿と繋がってきたライブ通いの端緒となったのがMAYAさんの名古屋ライブでした。最近では、纐纈歩美ちゃん近藤万里子さんにも興味の矛先が向いています。

演奏メンバー

MAYA(vo)
寺村容子(p)
嶌田憲二(b)
松尾明(d)

演目

第一部

ベルティゴ(演奏のみ)
曲名不明瞭(演奏のみ)
キサス・キサス・キサス
マルチニークの女
黒い瞳
ドス・ガルデニアス
アモール
トレス・パラバラス

第二部

ニュー・フロンティア(演奏のみ)
ブーン・ブーン
マンボ
ベサメムーチョ
ルート66
リベルタンゴ
アドロ
ウォーターメロン

MAYAさんは、大変ラテン色の強いジャズシンガーだと思います。今回のライブも大方ラテン・ナンバーで構成されていました。現状それでよろしかろうと思います。当方、ジャズもラテンも好きですが、MAYAさんの場合は、今のところラテンが一番合っていると思いますし、特色が出せていると思います。MAYAさんは、彼女のブログを見たりしている限り、自分で自分をプロデュースできる方で(もちろんジャズはマイナーなので、それが出来なくては困っちゃうんですが)、しっかりしたトークも含め、本来理知的な方だと思いますが、表情を見ていると歌っているうちに「じわーっと」情念が滲み出てくるので、それに悩殺される男性も多いのではないかと思います。通常のジャズ、特に軽快なジャズを歌っているならば、そこまで情念は現れて来ないと思うので、そういう意味でもラテンナンバーはよろしかろうと思う次第です。

でも、MAYAさんの最終形が果たしてラテンかというと、もしかしたら違うかもしれないと思うんです。ポルトガル語やフランス語やロシア語など多言語でご当地ソングを歌って自分の特色を作り上げたことは努力の賜物ですしその路線に間違いは無かったと存じますが、本来MAYAさんは、ラテンの情熱とは裏腹に、もっとクールなタイプなのではないかと勝手に思っているのです。もちろん、クールなMAYAさんが情念たっぷりに歌うことによるギャップという意味での魅力もあるのでクールも大いに結構です。誰しも人間には「本源色」と「反対色」がその時々において適度に共存しています。どちらが「本源色」でどちらが「反対色」なのかはわからない部分もありますが、当方の「あてずっぽ」によれば、MAYAさんの「本源色」はクールのほうではないかと思っているのです。もちろんMAYAさんと付き合ったわけでもないので、MAYAさんの「情念」やいかばかりかは知る由もありませんが。もしや火傷するくらいの「情念」なら大火傷してみたいものです。

ジャズに「情念」が無いとは言いませんが、ジャズは基本的に「情念」を見せない音楽だと思います。哲学者ヴィトゲンシュタインの言葉に「情熱を取り囲む寺院」というのがありますが、ジャズはそんな感じの音楽ではないでしょうか。内面を捨象した音楽。ジャズが牛丼屋でBGMとして流れるのも仰々しくなくて淡々としているからではないでしょうか。全部「背景」みたいな音楽(背景にしてはあまりに彩り豊かな背景ですが)。ジャズがメジャーにならないのも、そんなところと関係があるのかもしれません。

当方ラテンも大好きなので、MAYAさんが今後もラテンを歌い続けてくれることに全くもってやぶさかではないどころか現状大歓迎なのですが、MAYAさんの軽快なジャズも聴いてみたいとも思います。今でもMAYAさんの「デスティネーション・ムーン」とか大好きなんですけど、バリバリのジャズって歌うのも難しいし特色を出すのも難しいと思うんです。ジャズ歌手は大勢居ますしね。ですから、今から「いわゆるジャズ」中心で行くのは全くお薦めではないし得策とも思えないのですが、MAYAさんが今よりもっと確固とした地位を築いた暁には、しっかり練習した上で「いわゆるジャズ」に力点を置くのもよろしかろうと思ったりもするのです。なになに、今でもジャズはジャズで歌っているって? それはそうですが、ま、物事の見方は多面的ですし、素人の戯言ですので、見当違いのことを言っていたらお聴き流しを。将来MAYAさん、意外にバリバリのラテン・シンガーになっているかもしれませんし。そもそも当方、いい加減なことを、さもまことしやかに言う癖がありましてね。まあ、ニュアンスだけでも聞いていただければ幸いです。言葉は常に一面的ですから。言葉のせいにする当方ぞ、あり・おり・はべり・いまそがり。

あ、くだらん事をウダウダ言っていて、MAYAさんの出で立ちについて言及してなかったですね。MAYAさんのお洋服は、黒と白のツートーンカラーのワンピース、髪型は、アルバム「Love Potion No.9」のジャケットの髪型に似た割とボーイッシュな感じ。金色に黒をあしらったイヤリング、ネックレスだかドレスの紐だかに黒のリボン、銀色トゲトゲのごっついブレスレット、金色の幾つかの指輪、黒のハイヒールサンダルといったモノトーンで統一したものでした。歌唱については、YouTubeで観てもらったほうが早いと思いますので、下記をご覧ください。あと松尾明トリオ演奏のYouTubeも挙げました(今回のライブでは「hanks mood」は演奏されていません)。







    


posted by frugal gambler at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MAYA・寺村容子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)

ジャズピアニスト守屋純子さんの「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」を読み終えました。ちなみに「守屋純子ジャズ講座」の記事はこちら

この本は、いわゆるジャズの歴史などに言及した本格的なジャズ入門書ではなく、気楽に読めるジャズに関するエッセーといった体裁の本です。もちろん題名は「ツカミ」に過ぎず、「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの」かを追求した理論書でもありません。

守屋純子さんの経験に基づくジャズの様々な話題が程よく散りばめられた、文章も校正もしっかりしていて読みやすいジャズ・エッセーになっていると思います。その文章からは、真面目でクレバーでフランクで親しみやすい守屋純子さんの人柄が滲み出ています。

目次
第1章 なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?
第2章 わたしとジャズ
第3章 ジャズを教育に生かす
第4章 ジャズ・プレイヤーあれこれ
第5章 ジャズとコンテスト
第6章 海外のジャズ事情
巻末特別エッセイ フランスツアー日記

   
posted by frugal gambler at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 守屋純子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占

先週のマンシングウェアに続き、今週のダンロップでも韓国勢のワンツースリーフィニッシュと相成りました。優勝はイム・ウナ、2位タイにイ・ナリと朴仁妃でした。イム・ウナちゃんは、前にも申しましたが、長身でスタイル抜群、ショットのフォームも実に美しい、イ・ナリちゃんは、顔がさくらちゃんに少し似ている、朴仁妃ちゃんは、どちらかと言うとスロースターターで最終日追い上げタイプ、今日は終盤池ポチャ2回で追い上げ切れませんでした。日本勢では、上田桃子と北田瑠衣が4位タイ、大山志保と宮里美香が6位タイに入りました。

ちょっと話は変わりますが、日本国の国力は、10年15年くらい前から、いろいろな部面において下降スパイラルに入っていると思います。そして、まだまだ堕ちて行くというのが当方の予想です。

経済では、戦後の復興を経て高度成長期に入り、極東の小国が世界第二の経済大国になるという奇跡的な状況を辿りましたが、バブル崩壊後、いまや強いリーダーシップのない政治は右往左往し、恒常的な円高に悩まされる苦難を味わっています。また、学徒の学力も以前に比ぶるべくもなく地に堕ちています。その他、柔道、相撲などの国技とも呼ばれる種目においても世界の台頭は著しいものがあります。

しかし、当方は「それを嘆くなかれ」というスタンスです。日本国民は、ある意味で優秀なのかもしれません。それを武器に一時の我が世の春を謳歌したのかもしれません。しかし、それは全体の中では一面的であり、手前味噌な発想でもあります。世界の趨勢の中で、島国としてのメリットを享受してばかりはいられない状況になってきています。世界は、いわば混乱の坩堝であり、それに目をつぶって都合よく自分のことばかり考えているわけにはいかなくなってきています。

純粋培養的な状況は崩れ、シャーレの蓋は開けられたのです。現在の日本を嘆く言葉をよく耳にしますが、それは過去の一時の栄光と比べているからであり、日本は、まだまだ世界から見ればある意味能天気で幸せな状況にあると思います。日本は、これから底を打つまで、まだまだしばらくの間堕ちて行くと予想しています。

世界が均等化・均質化へ向かうのは世の道理であり、止めることはできません。もっと言ってしまえば、混沌と秩序が複雑に繰り返される中で、全ては最終的には混沌へと収束します。秩序が混沌に抗うことはできません。秩序は、一時の美的空間に過ぎず、混沌こそが最も気楽で自由な空間です。地学の知識によれば、今は間氷期に過ぎず、今後氷河期が来れば、全ての文化文明は滅びます。そしてそれから、また似たような別の秩序が生まれ、もしかしたら高度文明を築き、そしてまた滅亡する。生々流転、諸行無常というわけです。

ま、あんたや当方が生きているうちは、氷河期は来ないでしょうからご安心を。おっ、いま白鵬が勝って4場所連続全勝優勝したよ。さてと、飯でも食いに出かけるか。
posted by frugal gambler at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

マンシングウウェア・レディスで韓国勢が上位独占

P1010076.JPG

マンシングウェア・レディスを1泊2日で観戦して参りました。かなりの混戦状態でしたが、最後にラスト4ホールを4連続バーディーで抜け出した全美貞ちゃんが優勝し、2位アンソンジュ、3位金ナリと韓国勢のワンツースリー・フィニッシュと相成りました。2年連続優勝を目指した横峯さくらは最終日スコアを伸ばせず、上田桃子、不動裕里、川原由維と共に4位タイに留まりました。ちなみに現在の賞金ランキングは、アンソンジュ、横峯さくら、全美貞の順となっていますが、今年は例年以上に混戦状態ですので、これからビッグトーナメントも控えていることも含め、誰が女王になるか予断を許さない状況です。

今回、当方は、2日目/3日目と2日間観戦しました。半年くらい前から足の裏が痛いので、何箇所かスポットを決めて定点観戦(「定点観測」からの類推による当方の造語)することにしました。2日とも暑かったので、木陰の草地に敷物を敷いてそこに座って何組かがプレーして通り過ぎるのを眺めていました。

※当方の半年くらい前からの足の裏の痛みについては、3〜4日前から本やインターネットで調べていて、研究項目として別途記事にする予定ですが、ゴルフ観戦初日の朝に悪戦苦闘しながら1時間くらい掛けて初めて貼ったテーピングの様子を、酔狂を厭わない方のみご覧ください。

今後足の裏研究記事を書くに当たっての導入画像↓ 
(のっけからお見苦しい画像をお見せして申し訳ありません。子供のころに見たテレビ番組で「恐怖のミイラ」というのがありましたが、それを思い出しました。)

P1010040.JPG

P1010042.JPG

はてさて、今回当方が特に注目したのは、横峯さくらは勿論ですが、その他朴仁妃、大山志保、上田桃子、諸見里しのぶ、有村智恵あたりでした。さくらちゃん、桃子ちゃん、諸見ちゃん、ちーちゃんは、何は無くとも人気が高く目立つ存在なので注目。朴仁妃ちゃんは前から注目していますが、デブでも引き締まった堂々たる肉体には色気すら感じます。最終日、かなり追い上げました。

大山志保ちゃんは、再起不能かと言われた肘の手術を経て最近ツアーに戻ったばかりですが、長期のブランクにもかかわらず実力を発揮して良い成績を残しています。肘の手術をする前からとても人気のある選手でしたが、肘の手術後は、ますます声援が大きくなっています。2006年の賞金女王時、その冴え渡るアプローチとパッティングで観衆を魅了し、派手なガッツポーズで観客と共に喜びを分かち合った志保ちゃん、その彼女を後押しする拍手と声援は今後も続くことでしょう。もう一度、あの感動を味わわせてほしいものです。

話は変わりますが、ゴルフ場内では撮影禁止のため、それ以外の写真を中心にご覧くださいませ。



ゴルフ場の周辺と入場口
P1010015.JPG

P1010016.JPG

ゴルフ場内(イメージ)
P1010017.JPG

今年も行きました、産地直送販売・食事処「魚太郎」
P1010018.JPG

P1010019.JPG

魚太郎で食べた「ねぎとろ丼」800円也
P1010020.JPG

ホテル周辺(スーパー「ピアゴ」と昔の洋館を利用した「紅茶専門店」)
P1010068.JPG

P1010061.JPG

カンデオ・ホテルズ
P1010060.JPG

P1010013.JPG

ロビーとフロント
P1010058.JPG

P1010057.JPG

窓と冷蔵庫と机(♪部屋とYシャツと私♪風に)
P1010023.JPG

P1010025.JPG

窓からの景色
P1010038.JPG

机とベッドの間隔、及びベッド
P1010031.JPG

P1010028.JPG

ユニットバス
P1010032.JPG

P1010033.JPG

ドアと衣紋掛
P1010035.JPG

P1010036.JPG

衣紋掛とテレビ、及びテレビと机(以上、部屋の中を時計回りに一周しました)
P1010048.JPG

P1010027.JPG

自販機とコインランドリー
P1010052.JPG

P1010051.JPG

最上階展望風呂(サウナ・露天風呂もあり)
P1010055.JPG

P1010053.JPG

脱衣所(洗面台とロッカー)
P1010056.JPG

P1010054.JPG

あっ、ヘルシーな和洋折衷の朝食バイキングを撮るのをすっかり忘れてたー、いま気づいたー。オーマイ・マカロニー!

これにて、この記事は終わりです。ご笑読ありがとうございました。

2010年 利用ホテル

2009年 利用ホテル

2008年 利用ホテル


posted by frugal gambler at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝

藤田幸希ちゃんが、4日制のビッグトーナメントであるコニカミノルタ杯で今期初優勝(通算4勝)し、通常のトーナメントの倍くらいの賞金を獲得し、今期賞金ランキングの3位に急浮上しました。今年は、けっこう調子いいみたいで、いつもいい位置につけていましたからねー。

幸希ちゃんは、さくらちゃんと同期で、さくらちゃんのお父さんの良郎さんが、5年くらい前に、自己のブログで「サイキ」と読むんだと、記事に取り上げておられました。おそらく良郎さんが愛娘さくらちゃんと瑠依ちゃんの次に応援しているブレイヤーではないでしょうか。とても愛嬌のある選手で人気も高いのになかなか勝てなくて、ファンの皆さんに申し訳なく思っていた彼女ですが、ついにビッグタイトルを手にし、嬉しいと同時にほっとした一面もあるのではないでしょうか。

でも幸希ちゃん、もう少しパットの練習・研究をしたほうがいいと思うよ。最終ホールではバーディーを取ったものの、その前の数ホールでバーディーチャンスが3回ほどあったと思うけど取れなかったよね。今日はニッキーや馬場ちゃんも崩れてくれたから良かったようなものの、もう少し接戦になったときはヤバイっしょ。

今回のトーナメントでの幸希ちゃんのショットは、冴え渡っていたけど、そもそもプロゴルファーが、風のない日にドライバーを曲げているようでは話にならないわけで、アプローチだって風がなくて距離がきちんとわかっている限り、4〜5メートル以内にピタッっと付けて当たり前、それくらいの準備ができていないようでは、優勝争いは覚束ない。そこまで万全であれば、最後はパットなんよ。当方が、「パットを制する者がゴルフを制する」というのは、そこなんよ。ま、私しゃ素人だから何でも好きなこと言えるんよ。そんな素人の戯言に噛み付く酔狂な人も居ないだろうし。

ところで、今年の女子ゴルフは、群雄割拠、実力伯仲で面白いですよね。不動裕里さんの不動の長期政権が崩れた後は、年代わりで賞金女王が誕生していましたが、それでも上位2〜3人にしぼられた中での女王争いでした。しかし、今年は、もっともっと混戦状態になっており、富の分配がより平坦になってきていて良い傾向です。

相撲でも、強すぎる横綱が居ると相撲人気は下がり、何人かの大関が強い場所は面白いって言うじゃない。以前、佐田の山、栃の海、栃光、北葉山、豊山といった大関たちが次期横綱を目指して切磋琢磨していたころの相撲は実に面白かったという記憶があります。

ゴルフは、平均化されるスポーツだと思います。もちろん、その中でも抜きん出た人はスーパースターになるわけだけれども、なかなか常勝将軍にはなりにくい、実力差がストレートに出にくい、山あり谷ありのスポーツだと思います。あまりショットやパットの内容に関わらず、大方パー前後のスコアに収束してしまうスポーツです。そのため、一試合一試合は「時の運」という一面もあり、年間での成績が重視され、それゆえ年間賞金ランキングというのがことのほか注目されるというわけです。

確かにスーパースター待望論というのもわからないではないですが、何事もあまり一極に集中するのはいかがなものかと思います。スーパースターを目指して、みんなが切磋琢磨している状態こそが一番面白い状況であり、自由で平和で平等な状態ではないでしょうか。個の能力が、あまりにストレートに出るスポーツは面白くない。陸上の100メートルでボルトが勝っても特に面白くないでしょう。マラソンのほうが、数段面白い。ストローク数を競争するゴルフというゲームは、個の能力を中和する傾向があるので、そのあたりがゲームとして面白いわけです。大方の場合、ギリギリの勝負になってくるので。

当方、派手なスポーツよりも地味で渋いスポーツが好きですね。また、派手なプレーよりも地味で渋いプレーのほうが好きですね。例えばラグビーでは、パスで繋いでトライするよりもスクラム・トライに無上のカッコよさを感じたりします。テニスにしても、サーブアンドボレーよりもベースラインからの打ち合いの持久戦を好みます。ウインブルドンの芝のコートよりもサーブの優位性が殺がれるローランギャロのクレーコートのほうを好みます。取った駒を使えて持将棋と千日手以外は否応なく勝負がつく将棋よりも、取った駒が使えない消耗戦で何試合も引分が続くこともあるチェスを好みます。双方のエネルギーを相殺するような消耗戦系スポーツに面白味を感じます。
posted by frugal gambler at 20:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

当方使用の「ポイント媒体」ラインアップ(4)<最終回>

これまで、電子マネーポイントカードマイレージを取り上げました。今回は、最終回でクレジットカードです。

クレジットカード部門

楽天カード

このクレジットカードは、100円毎に1ポイント付き、1ポイント1円で使えます(還元率約1%)。また、楽天市場では、ポイント10倍などのいろいろなキャンペーンが行なわれています。ポイント期限は、一部の期限付きのポイント以外は、ポイントが変動するたびに更新・延長されますので、普段から使っておれば「期限無し」と考えてよろしかろう。当方のメインカードです。

ライフカード

このクレジットカードは、誕生月の買物に対してポイントが5倍付きます。また、1年間の総利用金額に応じてポイントが付きます。あと、利用明細をE-mailにすることにより毎月ポイントが付きます。ポイントは、誕生月以外は、100円毎に0.1ポイント付き、750ポイント貯めて5000円の金券に換えれば還元率は約0.66%です(誕生月に限れば還元率約3.3%)。

当方のこのクレジットカードの使い方は、当方誕生月の4月に西武デパートなどにてジェフグルメ券などを10万円分購入して「ポイント5倍」(還元率約3.3%)をもらい、それにともなって「年間10万円利用ポイント」として50ポイント(330円相当/年)をゲットし、毎月1回程度このカードかこのカード付帯の電子マネーiDを使用することにより「E-mail明細ポイント」を毎月10ポイント(66円相当/月)もらいます。ポイント期限は、手続きをすることにより最大3年繰り越せますので、最長で5年くらい保持できます。

ネットマイルカード

このクレジットカードは、ポイントサイトの「ネットマイル」に対応したカードです。このカードで買物すると、そのポイントは「ネットマイル」のポイント(呼称はマイル)として貯められます。毎月の利用合計額ベースで1000円毎に20ポイント貯まり、1ポイントが0.5円相当なので、1000円で約10円のバックとなり、還元率は約1%となります。ただ、毎月利用合計額の千円以下の端数は切捨てになるので、正味の還元率は大方の場合1%を下回ります(毎月千円以上使っているとして、最悪0.5%〜最善1%の間で変動)。

このクレジットカードを作ったそもそもの理由は、以前にも触れましたように、アメリカン航空のマイル期限を延長するためであります(ネットマイルを適宜アメリカン航空のマイルに移行する)。そのことがなければ、このカードは作らなかったでしょうが、ポイント還元率もまあまあだし、下記のような使い道が出来たので、ちょうど良かったとも言えます。

当方、このクレジットカードは、ガソリン専用で使っています。以前は、「出光まいどカード」というのをガソリン専用として使っておりましたが(出光のガソリンスタンドで入れるとけっこう安い)、最近になって「出光まいどカード」で出光のガソリンを入れてもポイントが付かないというルールに変更されてしまったので、この地域では「安売王」の看板を出しているUny Oilというガソリンスタンドを使うことに切り替えました。しかし、Uny Oilでは、何故か楽天カードが拒否されてしまうので、それに代わるカードとしてネットマイルカードを使うことにしたというわけです。このカードを使ってガソリンをコンスタントに入れていけば、アメリカン航空のマイルに移行するためのポイントは十分に貯まっていくので丁度良いというわけです。ポイント期限は、ポイントが変動するたびに更新・延長されるので、「期限無し」と考えてよいでしょう。

ヤマダ・ANAマイレージ・セゾンカード

このクレジットカードを作るまでは、当方ヤマダデンキのポイントカード(クレジット機能なし)を使い、また永久不滅ポイントで有名なセゾンカードとしては「マネックス・セゾンカード」というのを使っていました(以前は、これが当方のメインカードでした)。しかし、新たにヤマダ・ANAマイレージ・セゾンカードが出来たのを機に、当方もこのカードを作り、ヤマダ電機のポイントをこのカードに一本化し、セゾンカードの特典であるスーパー「西友」での月2回の5%オフの買物をこのカードで行なうことにしています(それ以外は、ポイント還元率が良くないのでこのカードは使いません)。このカードには、電子マネーのEdyも付帯していますが、前にも触れた理由により、最近ではEdyは使わなくなりました。セゾンカードのポイント期限は、「永久不滅ポイント」なのでありません。また、ヤマダ電機のポイント期限は、ポイントが変動するたびに更新・延長されますので、大方「期限無し」と考えてもいいでしょう。

イオンカードセレクト

このクレジットカードは、前に取り上げた電子マネーのワオンのwAonポイントを効率的に貯めるためにのみ作りました。すなわち、イオン銀行に口座を作り、そこからイオンカードセレクトに付帯するワオンに自動チャージすることによってwAonポイントが貯まり、ワオンで買物をすることによりさらにwAonポイントが貯まるわけです(ジャスコのセルフレジならポイント2倍)。また、ジャスコ食品売場の月2回の5%オフの買物は、ワオンでも適用されます。ちなみに、当方がイオンカードセレクトをクレジットカードとして使うことはありません。 ←10%・5%引きのワンデイパスの日に使うことがある(ワオン非対応サービスのため)。

ファミマTカード

このクレジットカードは、ファミリーマートやガストやTUTAYAでTポイントを貯めるためにのみ使います。すなわち、クレジットカードとして使うことはありません。ただし、新規入会キャンペーンをやっていたので、最初だけこのカードを使って3万円分のクオカードを購入し(3万円の買物がキャンペーンの条件)、1500Tポイント(1500円相当)をもらいました。今後は、クレジットカードとして使うことはないでしょう。

ゲオ・ポンタ・VISAカード JMBローソンPontaカードVisa

このクレジットカードは、ローソンやゲオでポンタポイントを貯めるためにのみ使いますが、1つだけ例外として、ゲオでの支払いにクレジットカードとして使うことにより、ポンタポイントの二重取りをします。それ以外は、クレジットカードとして使うことはないでしょう。ちなみに、現在このカードも新規入会キャンペーンをやっており、カードを作るだけで1000ポンタポイント(1000円相当)がもらえ、1回以上カードを使えばさらに500ポンタポイント(500円相当)がもらえます。

イーバンク銀行(現在は楽天銀行)ジョーヌカード

このクレジットカードは、イーバンク銀行(現在は楽天銀行)のキャッシュカードを兼ねて作りました。たまに楽天銀行のキャッシュカードとして使うだけで、クレジットカードとして使うことはありません。ただ、調べたところ、このカードに付帯するロードサービスが他と比べて非常に良いので、今はJAFを使っていますが、再来年あたりからこのロードサービスに変更することを検討しています。では来年はというと、これまで出光まいどカードで貯めたポイントを使って出光カードのロードサービスを受けるつもりです(JAFは退会予定)。ちなみに、出光まいどカードは、既に述べたとおり現在使わなくなっており、来年のロードサービスを受けた後は、お払い箱になる可能性が高いです。

TUTAYA・Wカード

このクレジットカードは、少し前までTポイントを貯めるために使っていましたが、既述のようにファミマTカードに切り替えましたので、今は使っていません。ただし、このカードは、付帯する海外旅行保険の条件が大変良いので、今後海外旅行をする場合には重宝すると思います。海外旅行のときにのみ携行するカードということになりそうです。

今回が、「ポイント媒体ラインアップ」シリーズの最終回となります。少しでも皆様の参考になれば幸いに存じます。


posted by frugal gambler at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイントを貯める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

当方使用の「ポイント媒体」ラインアップ(3)

これまで、電子マネーポイントカードを取り上げました。今回は、マイレージです。

マイレージ部門

マイルは、文字通り飛行機に乗って貯めるのが最も効率的ですが、有効期限があるために他の方法で期限を延長しながら先へと繋いでいかなければなりません。それゆえ、マイルを貯めるためというよりは、マイルの有効期限を延長するために次のような方法を採っています。

大韓航空

大韓航空のマイルは、規約改定以前に貯めたものなので期限なしということで、放っておいても問題ありません。

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空のマイルは、ショッピングモールで買物をする度に延長されますので、当方は、ユナイテッド航空のショッピングモールから楽天市場に飛んで買物をしています(マイルとポイントの二重取り)。

デルタ航空

デルタ航空のマイルは、ショッピングモールで買物をする度に延長されますので、当方は、デルタ航空のショッピングモールから楽天市場に飛んで買物をしています(マイルとポイントの二重取り)。

アメリカン航空

アメリカン航空には、現在ショッピングモールがなく、現状マイルを延長するための一番良さそうな方法は、「ネットマイル」というポイントサイトでポイントを貯めて、それをアメリカン航空のマイルに移行することです。ネットマイルのポイントをある程度貯めないと移行できないので、当方は後に取り上げるネットマイルカードというクレジットカードを作り、買物(当方の場合ガソリン専用で使用している)をすることによりネットマイルのポイントを貯めて、それを適宜アメリカン航空のマイルに移行することにしています。

今回はここまで。また続きを書きます。
posted by frugal gambler at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイントを貯める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

当方使用の「ポイント媒体」ラインアップ(2)

前回の記事では、電子マネーを取り上げました。今回は、ポイントカードを取り上げます。

ポイントカード部門

ポイントカードは、スタンプ押印形式も含め、全国津々浦々あまねく十方の地域において広く行なわれているものですが、計算してみるとけっこう還元率が良かったりするので侮れません。当方も、幾つかのお店のポイントカードを持っていますが、それらについて言及してもあまり意味がないと思うので、今回は全国的に汎用性の高い共通ポイントシステムを取り上げることにします。

Tポイント

Tポイントは、もともとレンタルショップのTUTAYAで始まったもののようですが、今では使える提携先が増えています。当方は、TUTAYAとファミリーマートとガストでしか使用しませんが、他にも多くの提携先があります。当方、当初は、TUTAYA・WカードというクレジットカードでTポイントを貯めていましたが、ファミマTカードというクレジットカードのほうが使い勝手がいいので切り替えました。ファミマTカードもTUTAYAの店舗に持参すれば登録できますのでTUTAYAのレンタルでもTポイントが貯まります(ちなみにTUTAYAの支払いは、後に取り上げる楽天カードなどを使うことによって、より効率的なポイントの二重取りをするとよろしかろう)。そして、ファミマTカードは、ファミリーマートにおいて特定商品群の若干の割引があると同時に、毎週火曜日と土曜日にTポイントが2倍付きます。この部分が、TUTAYA・Wカードにはない機能なのでファミマTカードに切り替えたわけです。ちなみにファミリーマートでの支払いは、wAonなどの電子マネーを使用して、より効率的なポイントの二重取りをするとよろしかろう。

ポンタ

ポンタは、レンタルショップのゲオやコンビニのローソンのポイントを統合する形で今年になってから新しく作られたポイントシステムです。Tポイントよりかなり後発の共通ポイントシステムですが、徐々に提携先も増えてきているようです。当方、現在は、ゲオ・ポンタ・VISAカードというクレジットカードでポンタポイントを貯めています。このクレジットカードは、ゲオで若干の便宜性があるので敢えて作りましたが、普通はゲオ・ポンタカードやローソン・ポンタカード(どちらもクレジット機能なし)で十分だと思います。とは言え、当方せっかく作ったカードですので、ゲオでは、ゲオ・ポンタ・VISAカードを使用(支払いも)することにより、通常のポンタポイント+クレジット利用によるポンタポイントの二重取りをします。また、ローソンでは、ゲオ・ポンタ・VISAカードを提示してポンタポイントを貯めると同時に、後に取り上げる楽天カードで支払いをして楽天ポイントを得ることによって、より効率的なポイントの二重取りをいたします。

クレジット機能付きポンタカードなら↓
JMBローソンPontaカードVisa

とりあえず今回はここまで。また続きを書きます。
posted by frugal gambler at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイントを貯める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当方使用の「ポイント媒体」ラインアップ(1)

以前こちらの記事にて、ポイント媒体(クレジットカードやポイントカードや電子マネー)について言及いたしました。そのおりに、皆様方の参考までに、後日、当方使用中のポイント媒体を紹介すると申し述べました。

当方、わずかばかりのポイントのための本末転倒な研究期間を経て運用段階へと移行し、あまり意識しなくても少し考えるだけで自由闊達にポイント媒体の使い分けができるようになりました。個々のポイント媒体に関する細かいことは、興味を持たれた皆様方で各自調べていただくとして、一言コメントを付けながら当方使用中(一部使用を中止したものにも言及)のポイント媒体を列挙することにより、ポイント好事家の方々の便宜に供することができれば幸いです。

電子マネー部門

Edy(使用中止) 
エディは、後に取り上げる「ヤマダ・ANAマイレージ・セゾンカード」の付加機能として付いていたので使っていましたが、ポイント付与率に不満があるのと、当方あまり使う機会がないのと、前もってチャージしなければならないなどの理由により、現在は使っておりません。

nanako(使用中止)
当方居住地の近くにはイトーヨーカドーがないので、勢いセブンイレブンにおいてのみの汎用性のない使用になってしまうのと、当方最近はTポイント対応のファミリーマート、ポンタ対応のローソンなどのコンビニを圧倒的に多く使っているので、セブンイレブンでの買い物の機会は非常に少なくなり、また前もってチャージをしなければならないなどの理由により、カードのデザインは綺麗ではありますが、これまた使用を中止したところです。ちなみにイトーヨーカドーやセブンイレブンでの買い物が多い方は、ナナコでポイントをもらうのがよろしかろう。

wAon
ワオンは最初軽視しておりましたが、当方イオンモールにて買い物をすることが多く、特にジャスコの食品売場でセルフレジを利用することによりいつでもポイントが2倍になることを知り初(そ)め、また従来のイオンカードからワオン機能が付帯したイオンカードセレクトに切り替えてイオン銀行の口座から自動チャージすればチャージ分にもポイントが付くので合計約1.5%の還元率となり、はたまた100ポイントごとに電子マネー化できるなど小回りも利くので、ワオンは大いに利用しています。最近では、ファミリーマートでも使えるようになったので、Tポイントをもらった上にワオンポイントを貯めることもできます。またワオンは牛丼の吉野家でも使えるようになりました。ちなみに当方はエコポイントをワオンに変えました。

iD
アイディーは、電子マネーの中でもプリペイドではなくクレジットカードによるポストペイなので、いちいちチャージしなくていいのが良いところです。当方、後に取り上げるライフカードによる決済でアイディーを使用していますが、使用頻度は月に1〜2回程度です。

とりあえず本日はここまで。また続きを書きます。

posted by frugal gambler at 01:21| Comment(0) | TrackBack(1) | ポイントを貯める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事(自動更新)
    おすすめ記事/学術部門
    2010年05月05日 すっげー美人から学問的興味まで
    2010年05月09日 やはり数学基礎論は骨が折れそう・・・
    2010年06月02日 散歩の途中で考えた粗雑な思考
    2010年12月23日 ジレンマ dilemma
    2010年12月23日 論理学、ひいては哲学に興味のある方へのお薦め本
    2011年01月05日 わくわくする出会い/ファイヤアーベント(Paul Feyerabend)
    2011年01月23日 「知についての三つの対話」をさらっと読みました
    2011年01月26日 例えば「大数の法則」について
    2011年01月28日 「知性の限界」をざっと読み終えました
    2011年02月10日 「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の思想
    2011年11月23日 「人類が生まれるための12の偶然」書評☆☆☆☆★(星4つ)
    2012年08月13日 哲学の適正スピード、エトセトラ
    2013年09月07日 ソクラテスの死
    2014年08月09日 ニヒリズムにまつわる話
    2014年08月10日 学ぶ際の心構え
    2014年08月12日 「哲学入門」戸田山和久著 
    2014年08月14日 「入門」というには、ちと骨の折れる本だ 「哲学入門」戸田山和久
    2014年08月23日 学習の大まかな段取り
    2014年09月01日 「学問」には懐疑的なり
    2014年09月01日 どっちでもいいはずの学問なのに、いやに熱心だねえ
    2014年09月02日 君は、数学の中では「数学の哲学」にしか興味がないようだねえ
    2014年09月06日 オー・マイ・マカロニ! 戸田山先生の「科学とはいかなる営みだろうか」、抽選に外
    2014年09月09日 「科学の営みとは何か?」〜「学習者の立ち位置」〜「あるがまま」
    2014年09月11日 「新しい科学論」村上陽一郎著を読む
    2014年09月25日 アルパカから鈍牛へ(学習計画の振り返りと修正)
    2014年09月29日 複数の物事の処理の仕方
    2014年09月30日 正しくなければ意味がない
    2014年10月04日 通うのに不便な学習センター
    2014年10月11日 仮説だらけのお伽噺
    2014年10月15日 「ごくごく限定された自然科学」の範囲の調整
    2014年10月18日 まずは、何をどう学ぶかを措定しなくっちゃ
    2014年11月18日 運命論の進化(深化)、学習カテゴリのちょっとした再編
    2014年11月22日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第2講を受けてきました
    2014年12月20日 「iPS細胞と遺伝子から生命の謎に迫る」(講師/加納圭)第3講(最終講義)
    2014年12月20日 小保方晴子、案の定スタップ細胞作れず
    2015年01月03日 「善悪の彼岸」〜「あるがまま、どうでもいい、よろしかろう」の在りようについて
    2015年03月16日 放送大学3年次に編入学
    2015年05月26日 悲観的な、あまりに悲観的な
    2015年09月22日 放送大学2015年1学期の成績と2学期に受講する科目
    2015年11月02日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(1)
    2015年11月05日 カントールの対角線論法って怪しくない?
    2015年11月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(2)
    2015年11月27日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(3)
    2015年11月27日 標準偏差(S.D.)の計算式の理論的妥当性(根拠)は?
    2015年12月01日 放送大学の先生からいただいた貴重なお言葉
    2015年12月03日 「あるがまま」とは、(あらゆる時点における)起こった過去の事象すべて
    2015年12月04日 全ての学問は、作り物である
    2015年12月11日 「発明」と「発見」
    2015年12月14日 「哲学」と「数学」のざっくりな違い
    2015年12月16日 「物理」と「心理」のざっくりな違い
    2015年12月21日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(4)
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第1次絞り込み
    2016年01月10日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第2次絞り込み
    2016年01月11日 放送大学、2016年度、第1学期、面接授業の第3次絞り込み(最終)
    2016年01月18日 科学者は、どうせ分からないことを研究するな、早晩分かりそうなことを研究せよ
    2016年02月09日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(5)
    2016年02月17日 放送大学の成績(2015年度1学期・2学期)
    2016年02月21日 放送大学の「放送授業」の中で、当方が、今後5年以内くらいで受講したい候補科目
    2016年03月17日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(6)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(7)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(8)
    2016年04月14日 卒業論文「ヴィトゲンシュタインにおける幸福」(指導教員/故・永井成男先生)(9)
    おすすめ記事/健康・医療部門
    おすすめ記事/その他部門
    2011年01月04日 石川丹八さん
    2011年01月13日 動物愛護に関する考察
    2011年02月28日 竹千代温泉閉館
    2011年03月26日 おばあちゃんの言外に秘められた内心や如何に?
    2011年03月28日 「ピーターの法則」って知ってる?
    2011年07月18日 「汚染牛」って騒いでいるけれど
    2011年07月28日 阿久津主税七段の先見の明
    2012年07月22日 知り初(そ)めし頃
    2012年08月29日 石破茂の血液型
    2012年09月04日 旧態依然の「国内産」表示
    2013年03月17日 イノシシ「駆除」されり
    2013年07月23日 杉崎美香ちゃん、西武ライオンズの湧井と付き合ってるってホンマかいな
    2013年07月28日 この世に無いほうが良いもの
    2013年11月26日 楽天的虚無主義
    2013年11月28日 運命論的虚無主義
    2013年12月05日 ボランティアをするな、金を取れ!
    2014年01月01日 最近ややキナ臭くなってきたのかな?
    2014年01月11日 テレビコマーシャルを見て物を買うとは! しかもお酒を!
    2014年01月30日 金をもらっていればボランティアではありません
    2014年02月07日 東海の卒業生はマトモ、灘の卒業生はクレイジー
    2014年02月25日 お客様のごもっともなご意見は、謹んで拝聴すべし
    2014年04月25日 「良いクレーマー」冥利に尽きます(面目躍如)
    2014年05月31日 人生の3区分
    2014年06月24日 ヤマハの株主総会に行ってきました
    2014年07月27日 愚かなるかな、花火
    2014年08月29日 どんどん、つまらなくなっていく電王戦
    2014年11月04日 老人は老人らしく、でも・・・
    2014年11月21日 「良いクレーマー」が物申す スバル(富士重工業)の不条理
    2014年11月24日 スバル エアバッグ お客様センター 教えない 会社の方針 タカタ
    2014年11月26日 スバルはあかん、タカタはOK
    2014年12月20日 「良いクレーマー」が物申す第2弾、野放図に拡大したNTTフレッツ光・代理店の戦略
    2015年01月08日 「人生の3区分」の外延的定義
    2015年01月08日 「人生の3区分の外延的定義」に基づいた具体的な年間計画事項
    2015年02月27日 クレジットカードは、改悪されこそすれ、改善されることはまずない
    2015年03月26日 車の任意保険に入りました
    2015年04月01日 2015年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2015年04月10日 人生の終焉に向けて
    2015年04月16日 ヴィトゲンシュタインに怒られるかもしれませんが・・・
    2015年04月16日 みなさん、おめでとうこざいます
    2015年06月13日 あらゆる言辞に「〜かもしれない」を付けておいたほうが良いかもしれない件
    2015年06月23日 今年もヤマハの株主総会に行ってきました
    2015年07月12日 2015年、第2四半期(4月〜6月)を振り返って
    2015年07月12日 「じゃあ、いいですわねー」「じゃあ、ダメですわねー」「じゃあ、いいですわねー」・・・
    2015年07月27日 愚かなるかな「花火」
    2015年09月06日 「人生の3区分の外延的定義」の改定(適用は来年から)
    2015年09月12日 漢方スタイルクラブカードの処遇について
    2015年09月21日 2015年、第3四半期(7月〜9月)を振り返って
    2015年10月25日 死に行く中で生きる(1)
    2015年10月27日 死に行く中で生きる(2)
    2015年12月08日 「あるがまま=不可知論」と「人生(とりわけ生活)」とのギャップ
    2015年12月21日 2015年、第4四半期(10月〜12月)を振り返って
    2015年12月22日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第1四半期
    2015年12月23日 花咲き乱れる庭で美(うる)わしきは何ぞ?!と叫んでいる御仁
    2016年01月23日 「この世の全体像」を、今一度、吟味してみよう!
    2016年03月17日 2016年、第1四半期(1月〜3月)を振り返って
    2016年03月18日 人生の3区分の外延的定義に基づく具体的な年間計画事項2016第2四半期)
    2016年03月26日 やはり「混沌」は無しにする
    2016年04月11日 リクルートカードプラスのnanakoチャージ2%還元は近々ゼロになる 
    おすすめ記事/頭脳スポーツ部門
    2010年10月12日 清水市代女流王将、「あから2010」に敗れる
    2012年12月31日 哀悼・米長邦雄
    2013年03月24日 将棋男子七大タイトルを3人で占拠
    2013年04月11日 電王戦 〜将棋プロ棋士が機械に負ける時代
    2013年04月20日 電王戦 三浦弘行 対 GPS将棋
    2013年04月23日 渡辺明君は、コンピュータと戦っても構わないという口ぶり
    2013年05月19日 渡辺明君の本音とやる気
    2013年10月20日 ハンデ戦に成り下がった第3回電王戦
    2013年11月14日 こじれた関係
    2013年12月07日 如才ない上田初美に白羽の矢
    2014年03月15日 第3回電王戦(ハンデ戦)始まる
    2014年03月15日 ロボットアーム・電王手くん(でんおうてくん)
    2014年03月16日 佐藤紳哉君、怒る
    2014年03月19日 第3回電王戦第2局は、佐藤紳哉 対 弱いほうの「やねうら王」戦で決定
    2014年04月06日 ツツカナが森下を撃破
    2014年04月13日 ponanzaが屋敷伸之に勝利、4勝1敗にてコンピュータ側の勝利に終わる
    2014年07月06日 羽生さん、絶好調
    2014年07月20日 習甦強し、菅井返り討ちにされる
    2014年11月27日 ガリー・カスパロフ 対 羽生善治 (チェス対局)
    2014年12月31日 将棋電王戦リベンジマッチ ツツカナ 対 森下卓九段戦
    2015年01月09日 佐藤天彦七段(26歳)、早々と順位戦A級昇級を決め、八段となる
    2015年02月17日 電王戦リベンジマッチ森下卓九段vsツツカナに関する発表
    2015年03月14日 将棋電王戦FINAL第1局 斎藤慎太郎五段 対 Apery(開発者/平岡拓也)
    2015年03月21日 将棋電王戦FINAL第2局 Selene(開発者/西海枝昌彦) 対 永瀬拓矢六段
    2015年03月28日 将棋電王戦FINAL第3局 稲葉陽七段 対 やねうら王(開発者/磯崎元洋)
    2015年04月11日 AWAKE、あかんやーん、開始わずか50分、21手で巨瀬君(開発者)投了
    2015年05月03日 第25回世界コンピュータ将棋選手権一次予選
    2015年05月04日 第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選
    2015年05月05日 第25回世界コンピュータ将棋選手権決勝
    2015年05月30日 第73期名人戦七番勝負4−1にて羽生名人防衛 次はポナンザとの七番勝負
    2015年06月03日 将棋電王戦に関する記者発表会
    2015年07月08日 第56期王位戦七番勝負 第1局 羽生善治王位 対 広瀬章人八段
    2015年11月21日 第3回 将棋電王トーナメント(ニコニコ生放送で生中継)
    2015年11月21日 第3回将棋電王戦トーナメント初日 予選リーグ
    2015年11月22日 第3回将棋電王戦トーナメント 決勝初日
    2015年11月23日 第3回将棋電王トーナメント 決勝最終日
    2015年12月03日 第28期竜王戦七番勝負は、渡辺棋王が4−1で勝利し、竜王位を奪還
    2015年12月14日 第1期叡王戦 決勝三番勝負は、山崎隆之八段が勝ち、第1期優勝者となる
    2015年12月14日 コンピュータ将棋ソフトは評価値次第
    2016年02月10日 第1期電王戦記者発表会
    2016年04月10日 電王戦二番勝負第1局は、ponanzaの勝ち
    おすすめ記事/身体スポーツ部門
    2005年04月17日 さくら咲く!
    2005年12月06日 中野友加里、すげー人気!
    2006年11月26日 横峯さくら先週の悔しさをバネに優勝
    2006年12月28日 中野友加里のビールマン進化中+太田由希奈の手の動き
    2009年06月14日 中京ブリジストンレディスでイムウナ優勝
    2009年09月22日 横峰さくらマンシングウェア・レディスで優勝
    2009年10月17日 中野友加里、いい演技
    2009年11月30日 横峯さくら、今期6勝目、賞金女王達成
    2010年02月21日 カーリングをテレビで観戦
    2010年03月01日 宮里藍、米ツアー3勝目
    2010年04月25日 朴仁妃、フジサンケイ・レディスで2位タイ
    2010年08月23日 宮里藍、米ツアー今期5勝目
    2010年09月12日 藤田幸希、コニカミノルタ杯で優勝
    2010年09月26日 宮城テレビ・ダンロップでまたまた韓国勢上位独占
    2010年10月31日 森田理香子、大塚家具レディスでプロ初優勝
    2011年07月17日 有村智恵、スタンレーレディスで今期初優勝
    2011年10月16日 富士通レディスで藤田幸希が今期初優勝、古閑美保は今期限りで引退
    2011年10月23日 マスターズGCレディスで大山志保が3年ぶり、復帰後初優勝
    2011年11月06日 ミズノクラシックで上田桃子が優勝
    2012年09月23日 森田理香子、再び泣く
    2013年09月23日 マンシングウェアレディス3日目 2013年9月22日(日) 横峯さくら優勝
    2013年11月17日 伊藤園レディスで横峯さくらが今期4勝目、賞金ランキングトップに
    2013年11月24日 森田理香子、大王製紙エリエールレディスで今期4勝目、再度賞金ランキングトップ
    2013年12月02日 大山志保、ツアー最終戦リコーカップで今期初優勝
    2014年04月20日 勝みなみ(アマ)、15歳、女子ツアー史上最年少優勝
    2014年04月23日 おっ、さくらちゃん、とうとう結婚しましたか、おめでとう
    2014年05月18日 イ・ボミが保険の窓口レディスで優勝
    2014年07月27日 イ・ボミ、センチュリー21レディスで今期2勝目
    2014年10月26日 NOBUTA GROUP マスターズGCレディースで大山志保が優勝
    2014年11月15日 ヤマハリゾート葛城・北の丸は、キャンセル
    2014年11月23日 大王製紙エリエールレディスオープンで、横峯さくらが今期初優勝
    2015年03月08日 開幕戦 ダイキンオーキッドレディスでテレサ・ルーが優勝
    2015年03月15日 ヨコハマタイヤレディスで李知姫優勝
    2015年03月29日 アクサレディスで笠りつ子が優勝
    2015年05月19日 ほけんの窓口レディスでイ・ボミ優勝
    2015年05月31日 リゾートトラストレディスは、テレサルーの優勝、今期2勝目
    2015年06月21日 ニチレイレディスで申ジエが大会2連覇、今期ツアー2勝目
    2015年09月06日 ゴルフ5レディスは、イ・ボミが2週連続優勝で今期4勝目
    2015年11月15日 伊藤園レディスでイ・ボミ今期6勝目、史上初の2億円越えで賞金女王を決める 
    2015年11月29日 申ジエ、今期最終戦のリコーカップで6打差ぶっちぎりの優勝
    おすすめ記事/歌謡曲・芸能部門
    おすすめ記事/ジャズ・洋楽部門
    2005年06月12日 「スムーズ」〜サンタナ
    2005年06月29日 私が持っているジャズのLPレコード
    2006年11月26日 MAYAさんの夜 in 名古屋
    2006年12月02日 沙織&ひかり @スターアイズ (矢野沙織、市原ひかり)
    2007年01月03日 矢野沙織 @スターアイズ
    2008年08月02日 リカード・ボサノバ(ザ・ギフト)祭り
    2008年10月08日 Gypsy Vagabonz スペシャル
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文1
    2009年01月24日 矢野沙織ブログへの投稿文3
    2009年02月15日 矢野沙織 in 田原文化会館(2月14日)
    2009年10月07日 夏をあきらめて MAYA
    2010年01月12日 大西順子トリオ・ライブ
    2010年03月22日 矢野沙織 in 月見の里学遊館
    2010年04月11日 OTA "AHAHA" MASAFUMI AT SATIN DOLL OKAZAKI
    2010年04月14日 矢野沙織ブログへの投稿文12
    2010年04月16日 My YouTube 削除と追加 0016
    2010年05月16日 守屋純子ジャズ講座
    2010年07月25日 山中千尋 ピアノソロ at 岡崎市シビックセンター
    2010年08月07日 寺久保エレナ at スターアイズ(名古屋・覚王山)
    2010年08月23日 纐纈歩美って知ってた?
    2010年08月25日 矢野沙織ちゃん、♪結婚するって本当ですか♪
    2010年08月29日 矢野沙織、結婚発表
    2010年09月28日 「なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?」書評☆☆☆☆☆(星5つ)
    2010年09月30日 MAYAさんの夜 in 岡崎(サテンドール)
    2010年10月08日 「中島あきは」って知ってる?
    2010年10月23日 堤智恵子って何者?
    2010年10月24日 纐纈歩美 in 豊橋(シャギー)
    2010年11月08日 岡崎ジャズストリート2010、1日目
    2010年11月09日 岡崎ジャズストリート2010、2日目
    2010年11月13日 吉岡直樹スペシャルユニット in 吉良(インテルサット)
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文16
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文17
    2010年12月12日 矢野沙織ブログへの投稿文18
    2010年12月22日 矢野沙織ブログへの投稿文19
    2011年02月18日 矢野沙織、ピンク・ボンゴに入隊
    2011年03月05日 偶然か必然か、矢野沙織と当方の「共時性」の物語
    2011年07月06日 矢野沙織、沖縄に逃げる!
    2011年09月22日 岡崎が「ジャズの街」とはこれ如何に?
    2011年10月16日 「ノンポリ、非国民、アナーキスト」の当方より矢野沙織ちゃんへ
    2012年05月19日 松本茜 名古屋ライブ @スターアイズ
    2012年06月02日 秋吉敏子 ソロコンサート @Libra in 岡崎
    2012年09月29日 大西順子引退?
    2012年10月20日 松島啓之 @スターアイズ in 名古屋(覚王山)
    2012年11月24日 森永理美 「But Beautiful」 評
    2013年04月01日 松島啓之・纐纈歩美 @スターアイズ in 覚王山
    2013年10月13日 今岡友美 Jazz Live in むらさきかん (2013/10/08)
    2013年10月27日 秋吉敏子 ソロコンサート @セントルイス in リブラ(岡崎市図書館交流プラザ)
    2014年01月19日 ジャズ講座 前田憲男ジャズを語る 〜ジャズとアレンジの深い関係〜
    2014年02月03日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.5 @リブラ スタジオ1
    2014年02月16日 Vanilla Mood (岡崎市図書館交流プラザ、リブラホール)
    2014年05月11日 那王美(vo)&堤智恵子(sax)カルテット @スターアイズ(覚王山)
    2014年06月01日 もうひとりの纐纈っちゃん、纐纈雅代ライブ @インテルサット in 西尾市
    2014年06月15日 堤智恵子ライブ @Swing (新栄)
    2014年06月22日 太田AHAHA雅文ライブ @くすりやさん in 名古屋市中川区
    2014年06月26日 アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ @コロネット(シビックセンター)
    2014年09月07日 ジャズ講座「ベーシスト稲葉国光が見た日本のトップジャズメンたち」 @リブラ
    2014年09月13日 菅沼直&今岡友美 セプテンバージャズナイト @シビックセンター交流広場
    2015年01月18日 佐藤允彦ジャズ講座・60年代のジャズを語る、弾く 〜ジャズがマグマだった時代〜
    2015年02月14日 松本茜、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.6 @リブラ
    2015年02月28日 Hyclad Concert (リブラ/岡崎市図書館交流プラザ)
    2015年07月04日 リブラ七夕ジャズライブ 森谷ワカ(p,v) レコードコンサートとミニライブ
    2015年09月04日 セプテンバージャズナイト 菅沼直カルテット&今岡友美 @シビックセンター
    2015年09月14日 エマニュエル・パユ フルート公開レッスン @シビックセンター
    2015年12月24日 矢野沙織 Bubble Bubble Bebop Live Tour 2015 Second Round@スターアイズ
    2015年12月27日 山中千尋トリオ バースデイライブ2015 冬 @スターアイズ
    2015年12月31日 纐纈歩美 @スターアイズ
    2016年01月17日 「ジャズを語る」【第1回:雑食音楽=ジャズ】講師/佐藤允彦(ジャズピアニスト)
    2016年02月20日 片倉真由子、浜崎航、Valentine Jazz Live vol.7 @リブラ
    当ブログ記事を通報する方、通報を受けた方・当事者の方へ
    謹啓 皆様、いつも当方のブログを見ていただき、誠にありがとうございます。以前、当方のブログ記事を「通報する」という書き込みがありました。そこで一応、ルールを作っておきたいと思います。(ルール1)通報する方へ/通報するのは自由ですから、どうぞご通報ください。(ルール2)通報を受けた方・当事者の方へのお願い/ご迷惑をお掛けしている場合は、記事の変更・撤回を行なう用意が常にあります。まずは、大変お手数ですが、コメント欄からご連絡いただければ幸いです。その際、必ず、苦情内容とともに、メールアドレス&/OR電話番号、担当者名を、間違いの無いように確認の上、ご記載ください。なお、当ブログのコメントは「承認制」にしており、記載内容は公開されません(ただし普段の通常のコメントは、特に断り書きがなければ、当方承認後に公開されます)。ご連絡後、折り返しお返事させていただきます。10日以上経過しても返事が無い場合は、何らかのトラブルが考えられますので、たびたび恐縮ではありますが、再度コメント欄からご連絡ください。以上、よろしくお願いいたします。 管理人
    ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪